FC2ブログ
2014年05月30日Fri [03:21] オセアニア  

太平洋文明航海記

太平洋文明航海記 (キャプテン・クックから米中の制海権をめぐる争いまで)太平洋文明航海記 (キャプテン・クックから米中の制海権をめぐる争いまで)
塩田光喜

出版社 2014-04-21
売り上げランキング : 159529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アジ研の主任研究員が苦心の末に著書の出版が決まった矢先に急逝してしまったらしい。図らずも遺作となってしまった本だが、1979年に大学卒業というと、まだ還暦前か。独身で永年の不摂生と同僚に書かれているのだが、若い頃繰り返したというパプア・ニューギニアでのフィールドワークとは因果関係は無いのか。今年の2月死去ということで、この地域の懸念材料に中国を挙げている。もう世界のどこの地域でも「中国問題」が最大のイシューになっているので、別に違和感はないのだが、アジ研的には資本による経済支配と人による商業支配といった、マクロミクロ双方での二重攻撃は見逃せないところだろう。かつては台湾との外交承認合戦が目立った程度だったのだが、今や文字通り「顔の見える援助」にシフトしている。ただ、これを中国が国として組織的に送り込んできた移民群と見なすのは早計であろう。問題の根っこには支配層によるパスポート販売ビジネスというものがある様だ。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する