FC2ブログ
2013年09月28日Sat [03:20] 東アジア | 本・雑誌 |読書メモ  

池田誠剛の生きざま

日本人初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で闘う理由日本人初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で闘う理由
元川悦子

カンゼン 2013-08-28
売り上げランキング : 60236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この人は池田伸康の兄だったのか。10歳年が離れているそうだが、山本美憂の元義兄でもあったか。間にもう一人元サッカー選手がいるらしい。兄弟共に浦和ルーテルに通わせていたらしいがプロテスタントの家なのか。日本人フィジコが韓国で引っ張りだこなのは人種的に近いからということもあるのだろうか。専門職で、監督への昇格は限られているから韓国では成り手がいないのかもしれない。フィジコは選手経験者である必要も無いから、これからは最初からフィジコを目指す人たちも出てこよう。例の「独島プラカード」弁明とか韓国人選手ヨイショ話より、岡田との杭州緑城での話の方が面白い。岡田は辞めたら本出すだろうが、そちらに期待。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する