FC2ブログ
2013年08月26日Mon [02:27] 北朝鮮 | 本・雑誌 |読書メモ  

拉致と決断

拉致と決断拉致と決断
蓮池 薫

新潮社 2012-10-15
売り上げランキング : 10299

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「決定版」が出るまでまだ時間がかかりそうだし、それは金王朝崩壊後になるのかもしれんが、今まで毒にも薬にもならない本ばかり出したり、翻訳していたのだから、これは一応「決断」した形にはなっている。ただ「拉致」を書くことを決断したということだけであって、第2弾、第3弾は今後の日朝関係、拉致問題の行方によって左右されていくのだろう。兄貴のこともあるが、実際にまだ総連筋の「指導」が入っているとみたが、今更、「地上の楽園」を書いてはパロディーにしかならないので、本国の「指導」ではなく、あくまで在日側からの「祖国覚醒」を促す効果も狙っているのではないかという感じもする。どこまで本人が体験したことなのかは分からんが、翻訳家蓮池薫に次いで、作家蓮池薫を完成させるプロジェクトが色んな勢力の思惑としてあるのだろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する