2018年04月09日Mon [00:36] フランス  

フランス流捨てない片づけ

フランス流 捨てない片づけ: ちょっとした整えグセで部屋は見違える! (実用単行本)フランス流 捨てない片づけ: ちょっとした整えグセで部屋は見違える! (実用単行本)
米澤 よう子

小学館 2018-02-28
売り上げランキング : 4831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何がフランス流のなのかよく分からんが、アンチ断捨離になるんかな。物を捨てないとうより、物を買わないというのが正解みたいだが、フランス人の財布の硬さがその理由か。それもあの物価で、日本と変わらん賃金に、何倍以上かの失業率となると、ガバガバ使う訳にはいかんが、その対極である中国人だって、ほんのちょっと前までは財布の硬さは実感させられていた。マータイさんが亡くなった後、葬りされた「もったいない」という美意識ではなく、単にカネにはシビアにならずに得られないということなのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年03月24日Sat [05:58] フランス  

藤田嗣治手紙の森へ

藤田嗣治 手紙の森へ <集英社新書ヴィジュアル版>藤田嗣治 手紙の森へ <集英社新書ヴィジュアル版>
林 洋子

集英社 2018-01-17
売り上げランキング : 7904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


集英社新書ヴィジュアル。藤田嗣治シリーズの第3弾か。三冊とも同じ著者が手がけているのだが、作品として発表された訳ではない私信集めの今回が一番難しかった様だ。藤田が受け取った手紙は遺品として残されているし。遺族が受け取った藤田の手紙も所蔵だれている訳だが、藤田が出した手紙となると受け取った人の遺品を洗うしかない。藤田という人は筆まめで知られていたみたいだし、交際範囲も広かったので、著名人の寄贈品の中に藤田の手紙があったりするのだが、それを海外まで追っていくとなると大変だ。著名人だと図書館に手紙が寄贈されたりしているのだが、こうした手紙のやり取りは、メールもネットも無く、電話は高額であった時代の賜物であって、これからはこうした後世に残る歴史史料は存在しなくなるのであろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年03月15日Thu [04:29] フランス  

ル・コルビュジエの浮かぶ建築

ル・コルビュジエの浮かぶ建築: 難民避難船への再生に導いた女性たちとその物語ル・コルビュジエの浮かぶ建築: 難民避難船への再生に導いた女性たちとその物語
ミシェル カンタル・デュパール 遠藤 秀平

鹿島出版会 2018-01-18
売り上げランキング : 1010394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ル・コルビュジエによって救世軍向けにリノベーションされた船にまつわる壮大な物語みたいなのだが、イマイチ背景が読み取れんかった。お決まりのベル・エポックの時代の芸術家群像が続くのだが、無宗教であったル・コルビュジエが教会を手がけたり、救世軍に協力したりしたのは単なる仕事という訳ではなかった様だ。ル・コルビュジエは学位を持たない人でもあったが、「ル・コルビュジエ修正法」で職業建築家を名乗れるようになったのは1977年になってからだという。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年02月14日Wed [04:35] フランス  

ピエール・バルーとサラヴァの時代

ピエール・バルーとサラヴァの時代ピエール・バルーとサラヴァの時代
松山晋也

青土社 2017-09-08
売り上げランキング : 271942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ピエール・バルーが亡くなった時に企画されたものらしいが、大体1年くらいかかったのか。名前は聞いたことがあるが、「男と女」くらいしか知らないので、どれだけビッグなのかは人により、国により温度差があるのだろう。この本を読んで初めて彼が日本とブラジルにとても深い関係があったことを知ったのだが、日本にも住んでいたことがあったのか。日本人と結婚したということもあろうが、日本のミュージシャンたちとの共演は主に80年代で、立花ハジメや高橋幸宏、坂本龍一辺りと仕事をしていたらしい。当時のフレンチポップス・ブームは薄っすらと覚えているのだが、ピチカートファイブなどにも関係したらしい。ユダヤ系であろうことは察しがついていたが、宗教には批判的であり、この世代にしては政治性も薄い。ブラジルには音楽的関心で行ったみたいdがあ、日本へは純粋にマーケットとしてであったろう。日本は世界第2の音楽マーケットであるのだが、英語音楽以外では必然的に世界一の海外市場ということになるので、サラヴァも日本の次がケベックなのだという。日本ではあらゆる国のあらゆるジャンルの音楽の固定ファンがおり、日本の音楽シーンもまた海外に依存する必要はない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年01月31日Wed [04:33] フランス  

マルセイユの都市空間

マルセイユの都市空間: 幻想と実存のあいだで (世界史の鏡 都市)マルセイユの都市空間: 幻想と実存のあいだで (世界史の鏡 都市)
深沢 克己

刀水書房 2017-06-23
売り上げランキング : 296253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


刀水で「世界史の鏡」なんていうシリーズが始まっていたのか。これは都市編だが、最終的に100冊も刊行予定みたい。何年かかるのだろう。「ハイチの栄光と苦難」は大分前に読んだ記憶もあるが。マルセイユはフランス第二の都市(のはず)であるが、マルセイユ題材の本は日本ではあまり出ていない様な。フランスでありながら、フランスでない移民都市の歴史は最近に始まったものではなく、そもそも地中海の玄関であった訳だから、その嚆矢は古代である。1930年代、の外国人はイタリア人が6割で、今はおそらく、アラブ人がその数値になっていると思うが、6割いたイタリア人の相当数は今はフランス人としてカウントされているのであろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年01月12日Fri [02:22] フランス  

私はドミニク

私はドミニク: 「国境なき医師団」そして「国境なき子どもたち」とともに─人道援助の現場でたどってきた道のり私はドミニク: 「国境なき医師団」そして「国境なき子どもたち」とともに─人道援助の現場でたどってきた道のり
ドミニク レギュイエ Dominique L´eguillier

合同出版 2017-11-27
売り上げランキング : 208796

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「国境なき医師団」は現実には無国籍ではなくフランスの団体なのだが、「国境なき子どもたち」というのは日本の法人なのか。「国境なき医師団」の日本事務所長が作ったものなので、フランスの団体の支配下ではあったのだろうが、「国境なき医師団」の日本事務所開設は日本が世界のNGOにドナーとして影響力があった時代のことで、その影響力が無くなったので、別団体を立ち上げたのだろかもしれん。企業からカネを集められない分、市民からという事になるが、その場合、医者より子どもの方が集金力はある。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年01月07日Sun [04:43] フランス  

ポピュリズムと欧州動乱

ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか (講談社+α新書)ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか (講談社+α新書)
国末 憲人

講談社 2017-04-21
売り上げランキング : 282846

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元々、朝ジャのノンフィクション懸賞受賞をきっかけに、在仏留学生から朝日記者になった人なので、単著刊行に意欲的である。ただ出版には苦労しているみたいで、朝日を辞めて筆一本という風にはいあかないみたいだ。ポピュリズムは一貫して取り上げているテーマなのだが、アベ、トランプを同列視する様な雑なことはしないのは国民戦線を目の当たりにして、それがグローバル風潮であっても、各国で事情が異なることを十分分かっているからであろう。FNが日本を移民政策のモデルとしていることは知られているが、ブルキニ禁止の様なライシテを日本が採用している訳ではなく、フランスで話題になった小説の通り、リベラルが寛容の制限を取っ払い、イスラム主義的な政策も自由の名の下に実施できる様になることが、恐れられているのだろう。議会の多数派になれば、民主主義と矛盾はしないし、事実イスラム圏の民主主主義国家では機能している訳だが、イスラム教が宗教の平等性を認めない宗教であるという事実を指摘した池内恵は我が国のイスラム研究者から批判されている。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年12月14日Thu [05:14] フランス  

エマニュエル・マクロン

エマニュエル・マクロン フランスが生んだ革命児エマニュエル・マクロン フランスが生んだ革命児
伴野 文夫

幻冬舎 2017-09-21
売り上げランキング : 69828

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マクロン本はトランプ本の100分の1もないか。元NHK解説員が企画もので引き受けたそうだが、マクロン個人の評伝のはずが、マクロンの記述は3分の1もないし、後半なんて、フランスどころか中国の話になっている。日本では未だに本人よりも嫁の方が話題になっている感じだが、エリート臭が強く、庶民性に欠けた人物像は日本で興味の対象になることはないか。フランスの政治家が日本で話題になるのは、結局、親日か反日かだけであるのだが、マクロンの様な政治家は失言はしないだろうし、日本との間に何か重要な外交事案が発生することもなかろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年12月02日Sat [03:21] フランス  

私はどうして地理学者になったのか

私はどうして地理学者になったのか:フランス地理学者からのメッセージ私はどうして地理学者になったのか:フランス地理学者からのメッセージ
シルヴァン アルマン 荒又 美陽

学文社 2017-10-20
売り上げランキング : 127946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フランス地理学と英語圏地理学というのは別ものなのか。それが植民地的見方なのか、学術的手法の違いなのかは分からんが、とにもかくもフランスの地理学者は趨勢である英語圏地理学の影響を受ける立場にあるらしい。そのフランス地理学の復興の為に学生を集めようというものなのかな。文化地理学というのもよく分からんのだが、和辻哲郎の「風土」などはフランス人にとっては新鮮な概念の様である。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年12月01日Fri [03:50] フランス  

フレンチポップス・シックスティーズ

フレンチポップス・シックスティーズ;イェ・イェと称されるムーヴメントをめぐって (フィギュール彩)フレンチポップス・シックスティーズ;イェ・イェと称されるムーヴメントをめぐって (フィギュール彩)
瀬尾 雅弘 -

彩流社 2017-02-10
売り上げランキング : 1061520

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フレンチ・ポップスは日本の洋楽マーケットで、60年代に大きなシェアがあったことは伝え聞くのだが、となると、唯一シェアを大きく下げた国ということになるんかな。とはいえ、当時よりパイは大きく膨らんでいる訳だし、円の価値も対フランで高くなかったのだから、利幅では現在は何十倍にもなっているか。アルゼンチンではタンゴのCD売上の多くを日本に依存していると聞いて驚いたこともあるが、ボサノバとかシャンソン、 カンツォーネなどもそうしたところはあるか。フレンチ・ポップと英語ポップに差がついたのは日本におけるフランス語の没落、フランス文化の凋落があるのかもしれんが、日本人の歌手が英語で歌えなかったフレンチ・ポップスは日本語カバーが基本であったということも関係しているらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年11月28日Tue [05:15] フランス  

フランス人は仕事に振り回されない

フランス人は仕事に振り回されない~一流に学ぶ豊かな生き方のヒント~フランス人は仕事に振り回されない~一流に学ぶ豊かな生き方のヒント~
船越 清佳

ヤマハミュージックメディア 2017-08-26
売り上げランキング : 82092

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヤマハの本。在仏女性エッセイストは勝ち組だそうだけど、本業のピアニストより、執筆活動の方が仕事があるのかな。「フランス人は○○しない」ももはや雨後の竹の子状態だが、これは知り合いの音楽関係者のインタビューだけという安直なもの。たかが6人、それもクラシック愛好者だけでフランス人は○○しないとか結論付けられても困るのだが、忙しいが美徳であるという価値観を否定しないと、在仏日本人は勝ち組にはならんか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年11月20日Mon [06:13] フランス  

フランス流日本文学

こう読めば面白い! フランス流日本文学 (阪大リーブル)こう読めば面白い! フランス流日本文学 (阪大リーブル)
柏木隆雄

大阪大学出版会 2017-06-12
売り上げランキング : 977611

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


阪大リーブル。フランス文学の名誉教授だが、よろず講演もの。島崎藤村とか滞仏経験のある者はともかく、他はどうなのかな。黒澤明とバルザックというのも強引な気がするが、フランス資本で映画を撮っているし、関係ないこともないか。なぜか魯迅もあるのだが、これはフランスとは関係なく、太宰とのペアなのだが、上海に呼ばれた際に上海と関係した文学者について話そうとして魯迅になったらしい。アウェーなので、幻燈事件もあった事実として語られているのだが、これはどうなのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑