2018年02月13日Tue [04:10] ドイツ  

シャハト

シャハト ―ナチスドイツのテクノクラートの経済政策とその構想―シャハト ―ナチスドイツのテクノクラートの経済政策とその構想―
川瀬 泰史

三恵社 2017-08-03
売り上げランキング : 523987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒトラーの○○はヒトラー本のサブジャンルとして定番なのだが、この主人公は「ヒトラーの銀行家」という本になっている様だ。著者は修論もこのシャフトという人で獲ったらしいが、後にドイツに留学して、本人の娘さんなどとも会ったらしい。ということで、ナチス時代の銀行トップであった人であるが、ヒトラーによって解任されているので、戦後も西ドイツ銀行業の重鎮として存在していたらしい。銀行家は時代の空気を読めなくては商売にならないから、ナチス政権誕生前からナチスを評価し、ヒトラーに対しても自分が説得できるという自負があった様だ。ユダヤ人を救ったという事実もある一方で、ユダヤ排斥に加担したという評価もあって、それこそが時代の空気を読んだということなのだろうが、現在ではナチスに関係したら即アウト的な批判派と功績は評価する派と双方いるらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年02月09日Fri [04:57] ドイツ  

ドイツの人事評価

ドイツの人事評価 民間労働者、公務員および学校教員に関する日独比較研究ドイツの人事評価 民間労働者、公務員および学校教員に関する日独比較研究
藤内 和公

旬報社 2017-11-27
売り上げランキング : 483055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドイツでも大企業や官公庁は人事評価の基準が明示されている様だが、それでもカバーしているのは全体の4割くらいか。ドイツは労組の経営参加が一般的とも聞くが、労組幹部は人事評価には加わらないらしい。業績が昇進に関係することはなく、ポストに対して応募するという形式は公正なのか、不公平なのかよく分からん。いずれにしても人間がやることなので、完全に透明と言える訳はなかろう。その評価にはおそらく、民族、性別、学歴なども関わっているはずだが、ポリコレの絡みもあって、表面化させること自体がタブーなのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年01月29日Mon [05:00] ドイツ  

ブッククラブと民族主義

ブッククラブと民族主義ブッククラブと民族主義
竹岡 健一

九州大学出版会 2017-12-01
売り上げランキング : 862294

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブッククラブは本の生協みたいなものか。アメリカ発祥だと思ったが、ドイツでも発達していて、ワイマール共和国から、ナチスの時代にかけて、多くの団体が乱立したらしい。当然、そこに世相を映す鏡があるということで、民族主義をキーワードに分析が試みられるのだが、取次を通さない直接販売という点に於いて、リアル書店と対立していたというのは今のアマゾン問題と本質は同じか。今でも「ヘイト本」を置いたとかで、書店に糾弾かける連中がいるが、本は読ませないよりも、読ませることにエネルギーを注いだ方が建設的である。その界隈の本は悲しいくらい売れないという現実がある訳で、そうした「市民団体」がブッククラブ方式を利用するのも一つの手であろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年01月07日Sun [05:06] ドイツ  

写真でたどるアドルフ・ヒトラー

写真でたどるアドルフ・ヒトラー:独裁者の幼少期から家族、友人、そしてナチスまで写真でたどるアドルフ・ヒトラー:独裁者の幼少期から家族、友人、そしてナチスまで
マイケル ケリガン Michael Kerrigan

原書房 2017-09-25
売り上げランキング : 395987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原書房の翻訳ものだが、ヒトラー本は一向に衰えないな。アベ死ね界隈も、「ヒトラー本位主義」だから、中国がアベにヒトラーのレッテルを張ったら、習近平はヒトラーではなくなるし、ナチスと戦争したスターリンはヒトラーに準えられることはない。どんなに占領下の住民を虐殺しようとユダヤ人がヒトラーになることもない。よってヒトラーはレッテル貼りにも君臨し続けねばならないアイコンなのだが、人間ヒトラーを描くことにタブーはかなり希薄になってきている。それでもハーレントがアイヒマンを描いたような小市民にはできない訳で、その人生のどこかに異常性を発することとなる導火線を探さなくてはならない。そんなものは検証不可能なのだから、アイコンのままで構わんのだが、現存者にレッテル張りするにも人間化する必要はあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年01月05日Fri [06:10] ドイツ  

正義の声は消えない

正義の声は消えない―反ナチス・白バラ抵抗運動の学生たち正義の声は消えない―反ナチス・白バラ抵抗運動の学生たち
ラッセル フリードマン 渋谷 弘子

汐文社 2017-07-01
売り上げランキング : 69558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


汐文社のYAもの。白バラのジュニア向けは前にもあったな。最近は正義も大安売りで、隣国の某団体とか正義を銘打って運動している連中は途端に怪しさ100倍なのだが、白バラの学生は別に正義を掲げていた訳ではなかろう。ナチスに抵抗して死刑となった学生というアイコンは正義の象徴として使えるが、白バラという記号に純粋性を持たせている点は気になっている。学生の運動を政治性より純粋性を強調するのは最近のアレにしても恣意的に行われることなのだが、純粋な怒りだけで運動という形のエンジンはかからない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年12月22日Fri [04:03] ドイツ  

ドイツに渡った日本文化

ドイツに渡った日本文化ドイツに渡った日本文化
寺澤 行忠

明石書店 2017-10-31
売り上げランキング : 111667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


珍しい明石の日本スゴイ系ということでもないが、日本はドイツに習っての意趣返しという訳でもないか。ドイツ各大学、機関の日本学コースを網羅しているのだが、多いのか少ないのかは相対的にみないと分からんか。非西洋としては多い方だが、中国よりは少ないといったところかもしれんが、そもそもドイツで他の欧米諸国に○○学などと付いた学問があるのかは不明。ドイツでフランス学専攻とかはなさそう。とはいえ、日本のドイツ学は旧制中から医学まで極めた戦前がピークで、英語がヘゲモニーを握った現在も退潮が続いているのに対して、ドイツの日本学はバブル崩壊後の退潮は近年のジャパン・クールで息を吹き返し、日本学科は人数制限が行われているところが多いらしい。大学入学は無試験だから、志望者が多いとそういうことになるのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年12月06日Wed [06:13] ドイツ  

ナチスと隕石仏像

ナチスと隕石仏像 SSチベット探検隊とアーリア神話 (集英社新書)ナチスと隕石仏像 SSチベット探検隊とアーリア神話 (集英社新書)
浜本 隆志

集英社 2017-07-14
売り上げランキング : 293557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドイツ文化学の泰斗であるが、ナチスものは初めてなのかな。アマゾンのレビューで在日ドイツ人仏教学者が噛み付いているのだが、浜本隆志も応酬している。学者ならこういう場ではなく、手紙なりでとのことだが、お前読んでないだろうとも。日本語ではなく、ドイツ語でやりましょうということになったのかもしれんが、ドイツ人仏教学者の方はチベット隕石仏像よりも、ナチスの方に反応してしまったのかもしれない。こうした「ナチス本位主義」は反差別界隈も原理主義化しているものなのだが。ナチスと結びつけば全てアウトという世界観だから、チベット仏教の否定ということにもなってしまう。安倍=ヒトラー、慰安婦=ホロコーストの図式も同じものなのだが、その辺を「抗ファシズム」の免罪符を掲げた勢力が最大限利用していることは言うまでもない。ナチス以前から人種主義は存在し、アーリア人主義の全てが人種主義に基づくものであるとも言えない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年11月21日Tue [06:02] ドイツ  

近代ドイツの歴史とナショナリズム・マイノリティ

近代ドイツの歴史とナショナリズム・マイノリティ近代ドイツの歴史とナショナリズム・マイノリティ
伊藤 定良

有志舎 2017-06-08
売り上げランキング : 382173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有志舎は気鋭の研究者御用達のイメージがあったのだが、名誉教授もの。2冊めらしい。「ナチスの手口」「ヘイトスピーチ」効果本の様だが、ドイツ国民国家化の過程で、「敵」イメージが如何に利用されたかの考察。外敵として戦争をしたフランスがあるが、ポーランドやチェコは周辺として、内部としてユダヤが挙げられる。ドイツ化に抵抗した民族はそれに留まらないのだが、そうした空気はナチス以前からあり、ナチスの台頭は導火線に火がついた結果ではあるか。ただ、それがドイツ民族の特性であって、日本も其の同類だとすることこそ危険な思想ではあるのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年11月16日Thu [05:32] ドイツ  

東ドイツ“性”教育史

東ドイツ“性東ドイツ“性"教育史
池谷 壽夫

かもがわ出版 2017-08-24
売り上げランキング : 309975

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そそられるタイトルなのだが、かもがわなのか。著者は青木、大月と出して、次がかもがわなので、党派の人なのかもしれん。ということで、DDRも趣味や研究ではなくガチなのかもしれんが、了徳寺大学というのも初めて聞く学校だ。東ドイツには有名なヌーディスト運動などもあったし、西以上、ソ連並みに性には開放的というイメージはあるのだが、それは冷戦期の閉塞社会のガス抜き以降の話であって、50年代はマスターベーション(当時はオナニー)は悪癖、スポーツで発散すべしという教育をしていたのだという。昭和の漫画では既にこの決め台詞はギャグとして使われていたから、戦前にドイツから日本に輸入された保健教育だったのだろうか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年11月12日Sun [04:13] ドイツ  

ドイツこだわりパンめぐり

ドイツこだわりパンめぐり (私のとっておき)ドイツこだわりパンめぐり (私のとっておき)
見市 知

産業編集センター 2017-09-13
売り上げランキング : 21413

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも産編わたしのtおっておき。食シリーズに移行したのかな。この著者はわりと面白い本を出しているのだが、ドイツの次のネタとして思い浮かんだのがパンなんだろうな。日本に行った知り合いのドイツ人が「日本にはパンが無いのか」と涙を浮かべて帰って来たというのだが、そのくらいで大のドイツ人が泣くか。ドイツ人は食が保守的なのか、単に貧相なのか分からんが、パンだけは拘っている人が多い感じはする。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年11月10日Fri [05:48] ドイツ  

ヒトラーとトランプ 

ヒトラーとトランプ (祥伝社新書)ヒトラーとトランプ (祥伝社新書)
武田知弘

祥伝社 2017-06-01
売り上げランキング : 43765

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾンでこのタイトル入力すると、ドナルド・トランプのアイフォンクリアケース並行輸入品がトップに来るのだが、あんなもん買う人がいるのか。トランプはOKでもヒトラーだったら、界隈が大騒ぎしてサイモン中心に通報するんだろうな。それはともかく、この著者はナチス再評価もの出し続けている人で、通報されてんだろうか。ヒトラーとトランプを並列に並ばることでヘイト本焚書を躱されるのかもしれんが、トランプはユダヤががっちり押さえているから、通報されても何てことないか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年11月05日Sun [06:29] ドイツ  

ナチス・ドイツと中間層

ナチス・ドイツと中間層ナチス・ドイツと中間層
柳澤 治

日本経済評論社 2017-01-26
売り上げランキング : 1597129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波と日本経済評論社からばかり出してきた著者なので、そういう方面の人なのだろうが、淡々とナチス政権下の経済界事情を説明しているだけであった。ナチス時代が特異であった訳ではないというのはアーレント以来の終わりのないテーマなのだが、だからこそ、今の政権はナチスと同じであるという極論も成り立つのであれば、それはそれでやはりおかしいと言わざるをえない。翼賛体制の本質は動員にあるのだろうが、業界団体が自民党に献金したり、幹部が党員であったりとするのはナチスと同じだと言われればそうなのかな。それが思想や政策に共鳴した結果ではないことは明々白々であるのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑