2017年02月22日Wed [05:47] ヨーロッパ  

欧州航路の文化誌

欧州航路の文化誌: 寄港地を読み解く欧州航路の文化誌: 寄港地を読み解く
橋本 順光 鈴木 禎宏

青弓社 2017-01-27
売り上げランキング : 141173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


論集。日本比較文学会というところらしい。名称だけみると、結構規模が大きそうだが、書籍化には苦労したとのこと。戦前の或いは欧州へは船旅が基本であった時代における「洋行文学」は各地に寄航するので、必然的世界漫遊記となるのだが、その寄港地のほとんどが事実上のイギリス植民地であるという。サイゴンとかマニラに寄航すればそうではないのだろうが、香港、シンガポール、コロンボ、スエズ、マルセイユというのがコースか。当時はそれらの地名が異国情緒漂うパーツとして文学上に機能していた。金子光晴は回り道しすぎだが、ゴールはパリで、欧州航路の線上ではある。スエズは当時のポート・サイードに日本領事館があったそうだが、ほとんどの日本人旅行者を世話したという現地で成功した日本商会の経営者がいたそうだ。この人に関しては前に何かで読んだ記憶があるが、評伝は一冊も出ていないとのことで、この執筆者がチャレンジするのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月14日Tue [05:51] ヨーロッパ  

サッカー監督図鑑

サッカー監督図鑑~オールカラー! 世界と日本の現役サッカー監督176人のすべて~日本代表次期監督を探せ!!サッカー監督図鑑~オールカラー! 世界と日本の現役サッカー監督176人のすべて~日本代表次期監督を探せ!!
杉山 茂樹

廣済堂出版 2016-10-18
売り上げランキング : 199044

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文字通りのものだが、ながら読みの私でも誤記誤植が10以上は見つかった。精読すれば相当数あるんじゃないかな。監修の杉山茂樹は名前貸しただけなのか、単に戦術以外は興味ないのか分からんが、山東魯能を三東魯能とすると、三東ルシアかと。それはともかく、選考の基準がよく分からん。ポルトガルが監督大国だから、多く選んだとかあるのだろうけど、フランスとかは過去の名選手ばかり。マンチーニが国際レベルでないというのも分からんな。アンチェロッティと同格扱いでも良いんじゃないの。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年01月28日Sat [06:07] ヨーロッパ  

骸骨考

骸骨考:イタリア・ポルトガル・フランスを歩く骸骨考:イタリア・ポルトガル・フランスを歩く
養老 孟司

新潮社 2016-12-22
売り上げランキング : 10263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヨーロッパ紀行もの第2弾らしい。「バカの壁」関連以外はそれほど売れている訳ではないのか。墓だの骸骨だのを見に行っているから、普通の旅行記とは違うかと思いきや、突然、ホテル評論を始めてしまったりもする。もう今年80歳なのだが、よく海外旅行ばかり行けるな(肉体的な意味で)。虫がいないところはいかないというのは有名だが、かつてはハエもスズメもいないと言われた国は相変わらず行く気になれないのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年01月23日Mon [05:33] ヨーロッパ  

北欧が好き! 2

北欧が好き! 2 建築&デザインでめぐるフィンランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー (地球の歩き方コミックエッセイ)北欧が好き! 2 建築&デザインでめぐるフィンランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー (地球の歩き方コミックエッセイ)
ナシエ

ダイヤモンド・ビッグ社 2016-10-15
売り上げランキング : 32676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第2弾か。北欧好きは仕事して渡北欧しないと破産の危険性があるが、この著者はトークイベントなどを行っている様だ。日本円の換算が併記されているのはユーロ圏のフィンランドだけで、昼飯SK130と言われてもパッと見幾らか分らんのだが、1671円か。フィンランドの640円とはモノが違うとしても、差があるな。ノルウェーの129NOKはスウェーデンよりちょっと高い。日本でもオシャレな店だとランチはそのくらいするが、北欧にはサイゼも松屋もない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年01月20日Fri [04:58] ヨーロッパ  

土木遺産Ⅴ

土木遺産V―――世紀を越えて生きる叡智の結晶 ヨーロッパ編2 オリエント編土木遺産V―――世紀を越えて生きる叡智の結晶 ヨーロッパ編2 オリエント編
一般社団法人 建設コンサルタンツ協会『Consultant』編集部

ダイヤモンド社 2016-12-02
売り上げランキング : 112875

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第5弾だそうだが、2005年スタートなのか。もしかしたら、昔のデータ使いまわしかもしれん。一般社団法人建設コンサルタンツ協会の会報か何かの連載だったのかな、吉村作治が初っ端がら登場しているのだが、「ピラミッド」は今でも世界最大の土木遺産ということになるのか。ヨーロッパは建設技術も宗教もオリエント由来ということになるのだが、「土木遺産」の方はヨーロッパに集中しているのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年01月14日Sat [05:39] ヨーロッパ  

北欧ゆるとりっぷ

北欧ゆるとりっぷ―心がゆるむ北欧の歩き方北欧ゆるとりっぷ―心がゆるむ北欧の歩き方
森 百合子

主婦の友社 2016-10-03
売り上げランキング : 246058

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジュウ・ドゥ・ポエムの「北欧ガイドブックライター」森百合子さんの本はこれで3冊目になるのか。北欧雑貨店の経営者だが、仕入の旅費はガイドブック執筆で間に合うのだろうか。ほとんどPR本みたいなものであるから、どっちが主なのか分らんが。貸しアパート、自炊、自転車ならなんとか凌げるか。心がゆるむのと財布がゆるむのとの相関性が成立するには、よほどに精神的余裕がないと無理か。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年12月27日Tue [06:11] ヨーロッパ  

帝国の興亡

〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史 (講談社現代新書)〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史 (講談社現代新書)
玉木 俊明

講談社 2016-08-18
売り上げランキング : 148851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


情報を制する者が世界を制すというのは間違ってはいないのだろうが、もはや情報は帝国に付随するものではなく、情報自体が帝国を解体しているというフシもある。コントロールされずに暴走を始めた情報は道具に留まらないのだが、電信が英国帝国、電話が飴リリカ帝国を形作ったのと同様、インターネットやGPSの構築は新たな帝国を築く中国の野望にとって必須なのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年12月26日Mon [05:31] ヨーロッパ  

ルポ難民追跡

ルポ 難民追跡――バルカンルートを行く (岩波新書)ルポ 難民追跡――バルカンルートを行く (岩波新書)
坂口 裕彦

岩波書店 2016-10-21
売り上げランキング : 10189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


朝日記者の疑似同行記だが、BS視てると、似た様な企画が幾つかあるな。数年前にはアフリカから英国籍のシエラレオネ人リポーターがロンドンまで実際に同行する番組もあった。それに比べれば、ギリシャスタートで、自身はホテルや個室船室を使った「大名取材」であるのだが、朝日の社内規定もあろう。取材相手も大きなトラブルもなく、ドイツまで辿り着いていて、話が持たないのか、東欧革命やホロコーストから生還したユダヤ人などの関係各国の昔話で繋いでいる。よく言われることだが、ヨーロッパまで辿り着いている難民は危険はあっても、飢餓状態にあった人ではなく、斡旋業者に払う渡航費を工面できた人たちである。ドイツも今回の事件で難民受け入れは方針転換があろうが、経済難民との線引きができない以上、ドイツが希望の地であることには当面は変わりがないか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年12月25日Sun [05:20] ヨーロッパ  

姉・米原万理

姉・米原万里 思い出は食欲と共に姉・米原万里 思い出は食欲と共に
井上 ユリ

文藝春秋 2016-05-14
売り上げランキング : 88502

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


米原万里の晩年の旅本や追悼本は感想を上げた記憶があるのだが、そうするとこのブログも10年やっているということになるのか。ドブログも亡くなって10年近くになるのだろうか。ただ、米原万里の本自体はそれ以外はあまり読んだ記憶がないので、妹がプラハのソ連学校や日本共産党のことを書いてくれるのは助かる。妹は井上ひさしの後妻なのだが、DVとか愛人とか色々あった井上については書かないのか。井上の娘と揉めて裁判沙汰になっていることも関係あるのだろう。その点、姉の米原万里は独身であったから無害なのだが、小森陽一は出てきても、佐藤優は登場しない。プラハの学校では上級生から、中ソ対立になって。「中国人」と罵られたそうだが、「中国人」が蔑称であるということは気づかなかったとのこと。私もそれはブラジル以外の南米の国に行って初めて知った。日本に帰ってからも姉妹の会話はロシア語だったそうだが、妹はロシア語を生業にする気はさらさらなかったんだな。北大に進んだのは多少その気があったからではなく、ロシア語で入試が受けられたのかな。親父が日ソ図書館で本を借りれるようにしてくれたそうだが、電車で太った人を見かえると、おじさん共産党入る?と喧嘩を売っていたというから、大変な娘である。この時代だったら、学校でも社会でもプラハ帰りのロシア語話す「国際共産主義」は一目置かれていたんだろうが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年12月14日Wed [05:41] ヨーロッパ  

「西遊」の近代

「西遊」の近代「西遊」の近代
尾高 修也

作品社 2016-10-21
売り上げランキング : 794289

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも類本が多いのだが、近代作家たちの洋行話。漱石とか鴎外といった文豪クラスになると、それ自体が一つのジャンルとして研究がなされていて、作品や日記、関係者の証言からその滞在期間の行動様式が割り出されている。作品のみならず、日記にも嘘を書くのは「日記にはそう書いておこう」以前から一般人の間でも常識であったから、それほど問題視されはしない。改変で有名なのは林芙美子だそうで、到着、出発日からして、実際とはズレているのだという。男女関係の話などもあるので、その辺は創作とであるというアリバイを入れたのかもしれない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年12月07日Wed [04:33] ヨーロッパ  

英語化は愚民化

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)
施 光恒

集英社 2015-07-17
売り上げランキング : 19913

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


よく売れた本だけど、本職は政治学なのか。そのスタンスは分からんのだが、TPPにも反対している様だし、新書最左派の集英社新書が自由に書かせたら、あっと驚く日本スゴイ系で、それが売れてしまったのだから、喜んでよいのやらといったところか。所謂英語帝国主義批判とは一線を画していて、母国語で教育を受け、考えることができるから、日本人はノーベル賞も獲れるし、独創的であるなのだという。それは日本語の訓読みが関係しているというのはどうか分らんが、その辺は一理あるだろう。インドでも高等教育で英語を使うのをやめるべきだという意見が出ているとは知らんかったが、それが採用されることは多言語国家という物理的事情以前にあり得なかろう。つまりは英語を使いこなす人たちがそうでない人たちを支配する社会がひっくり返る訳で、旧植民地の革命政権でも滅多に起こらない事例である。日本が英語を公用語化したところで、第一言語となるには移民国家として、日本人がマジョリティで無くなるまでないと思うが、英語公用語国家となることで、インドやフィリピンの下に置かれるという風にはなるのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年12月06日Tue [03:31] ヨーロッパ  

外国語を学ぶための言語学の考え方

外国語を学ぶための 言語学の考え方 (中公新書)外国語を学ぶための 言語学の考え方 (中公新書)
黒田 龍之助

中央公論新社 2016-02-24
売り上げランキング : 167455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本職は外国語講師ではなく、言語学講師だったのか。外国語ではなく、言語学を著者の下で学びたいと入学してくる学生が増えた為に書いた本らしいが、これまでの語学うんちくものとあんまり変わらん様な。体系の違う複数言語を学ぶときには言語学は必須なのだろうか。「母国語」批判をしていて、「母語」が正しいとするのだが、「母校」のことを母親の出た学校だと思い込んでいて、母校は女子校と答えてたら、怪訝な顔をされたとしているのが、さすがにネタだろう。スラブ系の国も一気に増えたから、「何か国語」も話せるというのが気まずくなったのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑