2015年10月03日Sat [01:58] ガーナ  

ンクルマ

ンクルマ―アフリカ統一の夢 (世界史リブレット人)ンクルマ―アフリカ統一の夢 (世界史リブレット人)
砂野 幸稔

山川出版社 2015-04-28
売り上げランキング : 80894

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


山川世界史リブレット人。最近はエンクルマではなく、ンクルマ表記が優勢なのか。エムボマがンボマになることはなさそうだが、ンで始まる呼称は善しとしなかった事情でもあったのかな。そのンクルマであるが実は本名ではなく、元々の姓は別であったらしいが、ある時期からンクルマと名乗るようになったらしい。生まれた曜日によって名前が決まるのはガーナのマジョリティ民族の間では一般的みたいで、ンクルマの元の名はンウィア・コフィでコフィ・アナンと同じ曜日の生まれかとも思われるが、後に自分の誕生日を土曜日であると推測してクワメとしたらしい。ンクルマがパンアフリカ二ストであったことなども描かれているのだが、アフリカが統一されて独立していたら、世界の勢力分布図も随分と違ったものになっていただろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年03月15日Sun [01:28] ガーナ  

子どもたちにしあわせを運ぶチョコレート。

子どもたちに幸せを運ぶチョコレート: 世界から児童労働をなくす方法子どもたちに幸せを運ぶチョコレート: 世界から児童労働をなくす方法
白木 朋子

合同出版 2015-02-20
売り上げランキング : 17472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


毎年バレンタインの時期が来ると、ガーナの子どもたちの話が出てくるのだが、ついに「バレンタイン一揆」なんていう映画も作られたのか。そもそもバレンタインはなぜにチョコレートというとメーカーの策略なのだから、ボイコットから始めるべきと私の様な人間は思うのだが、それで児童労働の問題が解決される訳ではないか。それはフェアトレを買ったところで同じなことなのだが、カカオは野菜工場では作れないものか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年09月30日Fri [02:06] ガーナ | 本・雑誌 |読書メモ  

ガーナを知るための47章

ガーナを知るための47章 (エリア・スタディーズ 92)ガーナを知るための47章 (エリア・スタディーズ 92)
高根 務編著 山田 肖子編著

明石書店 2011-08-09
売り上げランキング : 77616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アフリカの植民地でいち早く独立を決めたガーナは「知るための」でももっと早く来るかと思ったんだけど、まさかのマラウィ、タンザニアに遅れをとったか。東の雄ケニア、西の雄ナイジェリアもまだだけど、ケニアなんか書き手は大勢いるだろうに何で遅れてんだろう。ということでガーナはこの手の本のお約束である「ガーナってどこ?」「ガーナって南米?」といった「知られていない国」の常套句が使えないほど、日本では知られた国名である。それもガーナチョコレートが8割、ブラック・スターズが1割、ニャホ・ニャホ=タマクローが1割といったところだろうか。エンクルマとかアナンも少しはあるかな。現に日本で消費されるチョコレートの8割はガーナが原産地らしい。そのカカオ生産について、児童労働、大規模プランテーション、現地農民の搾取、伝統農業の破壊、カカオの強制栽培といった流布されている話は全てウソであると言い切っている。ガーナは教育熱心な国で、学校に行けない子どもは労働させられるからではなく、学校が終わった後に子どもが親の仕事を手伝うのは当たり前なのだとか。大規模プランテーションはカカオの作物上は無理で、現地農民はバナナなどを植えた日陰にカカオを植樹し、換金できる様になるまで10年はかかるそうだ。児童労働に関してはガーナ人の子どもではなく、近隣諸国から連れて来られた子どもが働かされているという報道もあるのだが、その点には言及が無い。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年02月22日Tue [21:50] ガーナ | 映画 |映画  

エマニュエルの贈りもの

映画
Emmanuel's Gift [DVD] [Import]Emmanuel's Gift [DVD] [Import]
Lisa Lax

First Look Pictures 2006-02-14
売り上げランキング : 92952

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHK-BS2

偉人伝みたいな作りになってしまっているから、モロ啓蒙映画だね。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年10月12日Fri [10:32] ガーナ | 本・雑誌 |読書メモ  

民間大使ガーナへ行く 

民間大使ガーナへ行く 民間大使ガーナへ行く
浅井 和子 (2006/12)
文芸社

この商品の詳細を見る


このタイトルで文芸社だから、大方、NGOものかなんかと思ったら、モノホンの民間大使の話だったので驚いた。この大使は弁護士出身で、ガーナでの任務が終えた後も弁護士稼業に戻ったという。いくら民間出身とはいえ、離任記念の大使ものなら、外務省の息のかっかった版元から出せるのではないかとも思うのだが、友好話や感謝話はほとんどなく、批判や愚痴が多いので難しかったのかもしれない。その批判も、「日本は中央集権だからダメ」とか、「援助要請ばっかりでイヤ」とか、「ガーナは超格差社会だからムカツク」とか、「日本が援助している中国がアフリカに援助しまくってるのは腹が立つ」とかの「庶民的」なもので、この感じだと、自民党から選挙に出る気はなさそう。ちなみにダンナは天皇制反対だったのに、認証式やお茶会などで、天皇に接するうちに天皇ファンになったという。如何にも日本人的な話だが、ガーナへはダンナを連れての赴任だったらしい。まあ、こうした庶民の眼を持った大使がいてくれることは貴重なのだけど、やはり「民間大使」はお飾りに過ぎないということも思い知らされる。外交はプロの仕事が要求されるのはたしかだが、少しは「民意」も反映させないと「年金」みたいに手遅れにならんかな。あの外務省騒動で何が変わったのか今一度検証してみる必要はありそうだ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月18日Sat [23:15] ガーナ | 本・雑誌 |読書メモ  

アフリカと白球

アフリカと白球
アフリカと白球
posted with amazlet on 06.03.18
友成 晋也
文芸社 (2003/08)
売り上げランキング: 141,704


TVでも特集されたらしい、ガーナで野球チームを指導する話。文芸社じゃなくても良さそうな面白い回想記。でもやっぱり、ガーナといえばサッカーでしょう。エシエンとかイキが良いのも出てきたけど、私の時代のアイドルは偽にしては凄すぎたアフリカのペレ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2005年06月10日Fri [02:45] ガーナ  

ガーナ

4258051047.jpg
高根 務
アジア経済研究所 (2003/12)
売り上げランキング: 114,418
通常1~2週間以内に発送


薄い新書なのに結構な値段がついている本。アジ研も民営化で採算性が必要になったのか。しかし、この本は秀作。ガーナでは名前が誕生日によって決まっている。というのは初めて知った。アナン国連事務総長が何曜日に生まれたか、分かっちゃったよ。
★★

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑