2017年11月15日Wed [04:38] スリランカ  

アユボワン!スリランカ

アユボワン! スリランカ ゆるり、南の島国へ (知恵の森文庫)アユボワン! スリランカ ゆるり、南の島国へ (知恵の森文庫)
岩瀬 幸代

光文社 2017-09-08
売り上げランキング : 18054

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


知恵の森文庫は書き下ろしが結構あるな。スリランカも中国関係で鍔迫り合いになっていると、「未来世紀ジパング」でやってたけど、ネパールとスリランカは日本ではなくインドが敏感であろう。スリランカ人の名前が長いという話があるが、先日ドコモショップにスリランカ人の学生さんが沢山来ていて、ドコモのお姉さんが、何でみんなこんなに名前長いのとか言って、いや本当の名前はもっと長いんですとか盛り上がっていて、ほっこりした。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月05日Sun [04:53] スリランカ  

ディーパンの戦い

映画
ディーパンの闘い [DVD]ディーパンの闘い [DVD]

KADOKAWA / 角川書店 2016-07-08
売り上げランキング : 44802

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ラストは無理があるだろ。反仏親英の人なのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年06月27日Mon [04:38] スリランカ  

津波被災と再定住 

津波被災と再定住: コミュニティのレジリエンスを支える津波被災と再定住: コミュニティのレジリエンスを支える
前田 昌弘

京都大学学術出版会 2016-03-09
売り上げランキング : 1164977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。工学博士だから、工学論文。ほとんど文系論文しか読んだことないが、工学でこういうのもアリなのか。序章だけで100頁もあるのだが、人文系としか思えんな。スリランカの被災地再建というテーマ自体が工学になるのか。スリランカと東日本をクロスオーバーさせる体裁だが、類似性が多いのか、異質性が多いのかもよく分からんかった。コミュニティの再建に関しては日本の方がおそらく外部要因が大きいだろう。スリランカは仏教徒のシンハラ人でもカーストがあるので、再定住でもその辺が障害になったりしたそうなのだが、日本の被災地は頑張ろうとか絆とかのスローガンの下、その種の話はタブー視される訳で、原発の問題にしても、単に反対賛成では済まない闇の部分はあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年06月20日Mon [03:59] スリランカ  

仏教の息づくセレンディップなスリランカ

仏教の息づくセレンディップなスリランカ仏教の息づくセレンディップなスリランカ
鈴木 康夫

ブイツーソリューション 2016-04-10
売り上げランキング : 1193552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自費本だが、著者の略歴は無し。スリランカのフォスターペアレント基金を主宰している様だが、出版経費を基金に廻すより、本にして図書館にでも配った方が、実益はあるか。仏教か宗教系であることは何となく分かるが、里子やその親たちの涙を流して感謝という態度はどことなく不自然な気もする。こうした里親たちへの感謝感激の手紙は雛形があったり、事務局の超訳があったりはするんだろう。それはそれで目的に対する手段であるから批判される筋合いはないと思うが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年12月21日Mon [01:54] スリランカ  

ブッダと歩く神秘の国スリランカ

ブッダと歩く神秘の国 スリランカブッダと歩く神秘の国 スリランカ
にしゃんた

キノブックス 2015-09-25
売り上げランキング : 277258

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この種のビジュアル旅本は想定旅行者と重なる女性が書くのが定番なのだが、同国人の男性大学教授となったのは著者が「勝手にスリランカ応援団長」という肩書だからか。とはいえ、既に帰化済みで、関西方面ではテレビの露出もある人か。前に出た本も読んだが、それなりに面白かった様な。これはスリランカ航空とのタイアップで、観光地案内であるのだが、ジャフナも入っているのは感慨深い。電車ももう復活しているみたいだが、インドへの航路はまだか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか
清水孝則

幻冬舎 2013-11-27
売り上げランキング : 29212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実際にタイトル通りの状況なのか分からんが、南スーダンでもソマリアでも投資をする資産家はいるだろうから、このタイトルが当てはまらない国は世界に無いか。ナウルとかツバルは知らんけど。著者は野村證券にいた人みたいだが、今はスリランカの国債でも売っているのだろうか。1千万預けて年71万ならスリランカに住めばそこそこの暮らしは出来るのだろうが、それを「投資」としてしまうと、リスク覚悟ということになって、幾ら内戦が終結したとはいえ、ちょっと考えてしまうものである。長年、日本が1位だった援助も中国がトップ、インドが2位、3位が日本と変わったみたいで、まあ地政学的にもインドと中国がつばぜり合いする最前線ではある。インドとしては自分の「裏庭」という意識はあるだろうし、ラジブ・ガンディー暗殺の時などもインド軍が上陸したりしたのだけど、そうなると来たるべき印中G2の時代にキューバ危機みたいなことがスリランカで起きる可能性もあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年02月20日Thu [01:37] スリランカ | 本・雑誌 |読書メモ  

スリランカ癒しの旅

アーユルヴェーダの聖地 スリランカ癒しの旅アーユルヴェーダの聖地 スリランカ癒しの旅
岩瀬 幸代

実業之日本社 2013-12-19
売り上げランキング : 72285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スリランカのアーユルヴェーダ本は前にもあったが、これもただのカタログ本か。アマゾンで単独提灯レビューがずらっと並んでいるが、中の人も大変だ。スリランカは中国がインド牽制で力を入れている国なのだが、観光客はモルディブの方が多いのかな。まあいてもアーユルヴェーダを受けようという中国人はあまりいないか。となるとやはり日本人が上客なのかもしれんが、本場インドは男が担当したりして、あまり力を入れてないから対抗馬にはならんのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年04月26日Fri [03:05] スリランカ | 本・雑誌 |読書メモ  

スリランカを知るための58章

スリランカを知るための58章 (エリアスタディーズ117) (エリア・スタディーズ)スリランカを知るための58章 (エリアスタディーズ117) (エリア・スタディーズ)
杉本 良男 高桑 史子 鈴木 晋介

明石書店 2013-03-29
売り上げランキング : 190000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スリランカは前に出てたと思ったのだが、これが知るための初登場かな。自分も長いこと行っていないのだが、ジャフナは今や一大観光スポットとなっているのか、南の人たちに取っては長い間行けなかった秘境みたいなものだったから、国内観光客がひっきりなしだそうだが、残党はもういないのか。まあゲリラも北欧とかの方が住み心地も良かろう。インドへ難民に出た人たちは、あまりの環境の劣悪さに音を上げて戻って来る人が続出だったそうだが、ラディブ・ガンジー首相暗殺とかあったから、インド標準でも高待遇はないか。しかし、スリランカも島国で民族、言語、宗教の坩堝だから大変だ。日本に来るのは文化的に近い仏教徒ばかりなのかとも思っていたのだが、結構シンハラ人以外も来ていて、中古車関連はドバイのコネもあるのだろうが、ムスリムが結構多いみたいだね。韓国人、フィリピン人の次はスリランカ人だということで、一時田舎でスリランカから嫁を呼び寄せたいた所もあったのだが、あれはその後の消息はあまり聞かないな。それなりに幸せに暮らしているのなら良いのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

セイロンコーヒーを消滅させた 大英帝国の野望: 貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働セイロンコーヒーを消滅させた 大英帝国の野望: 貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働
清田 和之

合同フォレスト 2013-02-21
売り上げランキング : 310955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


合同フォレストは合同出版の自費部門か。本体みたいに極左もの専門という訳でもないのだろうが、この本のタイトルと副題はそれらしい感じが出ているな。この著者はフェアトレでスリランカのコーヒーを売り出している人みたいだが、中身的にはそれほど反帝国主義ということでもない。かつてセイロンは世界有数のコーヒー産地であったのに、紅茶にとって変われたのは英国の都合、だからセイロン・コーヒーを復活させるのが自分のロマンという話。英国で紅茶の需要がコーヒーを凌駕したのなら、植民地の作付けが変わっても不思議ではないし、ぶっちゃげ、その方が儲かったからなのだろうが、これも大英帝国の野望だと言えば、まあそりゃそうだ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2012年11月24日Sat [00:01] スリランカ | 本・雑誌 |読書メモ  

日本で知った「幸せ」の値段

日本で知った「幸せ」の値段 無一文の留学生が、大学准教授になるまで日本で知った「幸せ」の値段 無一文の留学生が、大学准教授になるまで
にしゃんた

講談社 2012-09-14
売り上げランキング : 43390

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ガイジンタレントも地域性があるみたいで、関西では有名らしいこの著者もテレビでは見たことがないな。ただ、本は読んではいないが、見かけてはいたので、存在は知っていた。在日外国人ものも、欧米の日本どっぷり系、中韓の説教系に大別され、他の「アジア」系は従来は被差別系から親日系が趨勢といった観があるのだが、その系譜に連なるもの。フイフイさんがツィッターで在日と衝突したなんてこともあったが、この著者もそうだが、国で敵対民族間で抗争を繰り広げている人たちにしてみれば、「他者」は「他者」である自覚があるのが当然なのかもしれない。なるほどと思ったのは、中国人留学生などと違って、スリランカ人留学生は希少価値があって、大学側も一カ国多く「国際化」のカウントが出来るということで歓迎されたということ。今の大学もテレビに出たときに肩書きが出るので大学の宣伝になるからということで採用されたらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年05月27日Fri [00:50] スリランカ | 本・雑誌 |読書メモ  

スリランカ

スリランカ やすらぎの島で優雅に過ごす (Gem Stone)スリランカ やすらぎの島で優雅に過ごす (Gem Stone)
地球の歩き方編集室 編

ダイヤモンド社 2011-03-11
売り上げランキング : 89487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


歩き方Gem Stone。スリランカもドンパチが一応終ったことで、色々とタイアップ本が出るようになったが、これも復興支援ということか。その目玉となっているのがアーユルヴェーダなのだが、本場インドを凌ぎ、暮らしの中に根付いているとも。だからと言って韓国の「韓方」みたいに起源主張しようというものではないのだが、受ける側としては、やはりインドよりもスリランカの方が安心な気がするのは人々の気質の違いか。長谷川まり子さんのインド本にもインドでのアーユルヴェーダ体験記があるが、全裸にさせられインド男に全身を揉みまくられるという凄まじいもの。これは絶対普通ではあり得ない話だと思うのだが、後にルポライターとして高い評価を受けることとなる長谷川さんが疑いを持つことこともなくさらっと書いているのが不思議だった。ということで、女性は(というか体験者の多くが女性だろうが)インドよりスリランカの方が安心であることは間違いないかと思うが、男性はやっぱ野郎にオイルプレイされるのかな。それもかなり嫌だけど。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年03月25日Fri [22:10] スリランカ | 本・雑誌 |読書メモ  

スリランカでほっ。

スリランカで、ほっ。―仏教は心のアーユルヴェーダスリランカで、ほっ。―仏教は心のアーユルヴェーダ
岩瀬 幸代

長崎出版 2010-09
売り上げランキング : 25194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


膨大に出版される書籍がやがてゴミになる現実にストレスを感じていた「海外旅行ライター」がスリランカで癒しを求める話。分かっているなら、やめれば良いのにとも思うのだが、この本がゴミではないことはアマゾンの一点もの提灯評者の皆さんが保証ということなのかな。良い企画を立てても広告付きかどうか聞かれて傷つくというのだが、そんなタイプの人が今までこの業界で生きてきたということもすごい。現実問題としては日本人がスリランカをネタにして食うほうがよっぽど弱肉強食であるのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑