FC2ブログ
2019年03月24日Sun [02:46] 中国  

なぜ中国企業は人材の流出をプラスに変えられるのか



これも博論もの。男性かと思ったのだが、女性なんだな。その辺を本人も気にしていたのか、あとがきで女性であると言及している。35歳から研究生活に入ったらしい。中国人はなぜ転職するのかという命題は単に日中の企業文化の違いに留まらず、人類学的議論があるのだが、個々人が転職の自由を行使する、会社はそれを止める術は無いという事は分かっていても、ならばどうせすぐに転職するであろう者に会社はどう対処してるのかという点が分からんポイントではないかと思う。欧米的事由では会社は個々人にスキルを買っているのであって、忠誠を買っているのではないという事になるが、その辺は日本も中国も大前提ではあろう。ただ、中国的事由ではやはり「関係」というものを買っているという部分が大きくて、要は人脈、ひいては客ごと買うという事である。もちろんそうしたケースは日本でよくあるのだが、形だけでも会社に仁義が図られるのに対し、中国のそれは仁義なき戦いである。暖簾貸しに徹する会社は日本でも無いことは無いが、たしかに中国はオーナーが個人を引っ張って来て、好き勝手にやらせるというパターンが多い。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月22日Fri [18:50] 中国  

白川静さんに学ぶこれが日本語



白川静の功績を受け継ぐ事業なのか、遺産を食いつぶしているのか分からんが、何冊も白川静本を出している元共同通信の人。今回は珍しくハードカバーなのだが、共同通信の配信連載ものだったらしい。時代は漢字よりも日本語という訳ではなく、白川静自体が元々、国文学者であって、語源研究がそのルーツにあるから、これこそが白川史学である様だ。字源の読みがナ行とダ行の読みの両方にある漢字が多いのは漢字とは関係ない日本語の傾向とのことだが、「君よ憤怒の河を渉れ」の憤怒が「ふんど」と読まれたのも別に中国とは関係なく、永田雅一の間違えを誰も正せなかったからと劉文兵さんが書いていた様な。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月21日Thu [00:33] 中国  

中国銀河鉄道の旅



本の雑誌もよく続いているな。根強いファンに支えられているのだろうが、連載だったらしい。メタフィクションなのかどうか分からんが、この中国人女性との関係は文面通りで良いのか。ただ、所謂中国人の「関係」のパターンでは普通にある話か。しかし、70過ぎの沢のひとしが劇的に中国語が上達した訳ではないだろうし、途中から深い会話が成立する様になるのはなぜだろう。二人で、コロンス島からマカオから中国の旅をするのだが、コロンス島では広東語しか通じず困ったのだという。ニイハオはネイホウだと寧にも書いているのだが、広東語しか話せない香港人とかが経営していた店ではあるまいし、このハイラルの中国人女性は南方の分からん方言は全て広東語みたいなものだと思っていたんかな。私も南米などで、中国語は分からんとか散々言われたものだが、中国でも普通話が下手だと広東人にされてしまうんかな。もっとも、広州人などは普通話が下手である事がアイデンティティにもなっていて。普通に普通話できるのに、わざと南方風発音にしたりもするんだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月19日Tue [21:53] 中国  

GAFA vs.中国



実際、GAFAが一丸である訳はないし、フェイスブックを筆頭に何処も中国と対決姿勢を表しているのではないのだが、唯一、市場も製造も中国に大きく関わっていたアップルがファーウェイに報復されている形。つまるところ、ファーウェイだけがGAFAの覇権を切り崩せる可能性があったというだけであって、百度やアリババ、微博がGFAにとって代わって世界の覇権を握るかというと、それは難しい。今やビッグデータが産業のコメであるということはたしかであるが、このまま世界と中国の二元世界が続いていくのではなかろうか。むしろ怖いのはスマートシティの様なインフラを握られる覇権の方であろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月18日Mon [14:53] 中国  

中国が席巻する世界エネルギー市場リスクとチャンス



日本総研。エネルギー市場の根本にあるのが生存競争であるとしたら、中国にその強みがあるのは当然だと思うが、元来、島国で、生存競争に弱いとされてきた日本が生き残る道はあるのか。石油がキャスティングボートを握った時代は確実に終わりを告げるだろうが、再エネ覇権国の誕生は現実的で無いかもしれん。中国が欲するデファクトは経済力学のみならず、政治力学で決まる部分がまだまだ大きいが、つまるところ米国の強みはその辺にある。市場は席巻しても、それが覇権に繋がらないのは何も中国が「反覇権国家」であるからではない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月17日Sun [02:06] 中国  

在日外国人が日本で上手に生きる方法



幻冬舎メディコンの企業出版かな。太陽光屋と医療ツーリズムというと、日中ヤバイ案件と分かる人は分かるかもしれん。別にそのイメージ払拭を狙ってということではなかろうが、国際交流、架け橋系という位置づけか。誰に向けて書かれたものなのか分からんが、日本語が読めるという前提なのだろうか。家賃25万取れる収益物件を買って、管理会社を作って、投資経営ビザという方法が日本で上手に生きる方法であるが、そこに医療ツーリーリズム絡んでくると、ちょっとややこしい話にはなる。技能実習生も医療ツーリズムも、利権があるので、差別問題だけがクローズアップされるのだが、その辺を含めて外国人は外国人で日本で上手く生きる術が必要なのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月16日Sat [16:09] 中国  

60分でわかる!キャッシュレス決済最前線



中国QR決済評価が両極端なのは日本のQR乱立カオスの現実を反映しているかと思うが、コード決済ならまだしも、スキャンのはやはりちょっと抵抗があるな。中国人が日常的に利用するのは利便性よりも損得勘定みたいで、よくあるニセ札原因説やクレジットカード未普及説は大きな要因ではないと。自分も含めた牛丼半額とかビックカメラ祭りみたいな目先のせせこましい利益に釣られた日本人と中国人が違うとも思わんが、やはり一番の大きな要因はチャージしとけば銀行より利息が高いというものらしい。中国人は○○と言うと界隈に怒られるかもしれんが、何も産まないお金の寝かせを嫌う人たちとは総じて言えるのでは。それが不動産熱になったり、理財商品になったりするのだが、日本で世界最低水準の普通預金低金利が慣習的に続いているのは銀行という機関の信用度が高いということはあるだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月15日Fri [18:21] 中国  

中国人とはどういう人たちか



そのまま中国で出せば、「日本人とはどういう人たちか」になりそうだが、元々そういう企画だったのかもしれん。まあ今なら中国で出した方が売れるだろう。邱永漢じゃないんだから、新華僑研究者が中国人論を出しても意味なさそうだが、都立大の中国文学専攻とのこと。中国の大学で日本文学を専攻する日本人がいるかどうか分からんが、逆は多数であろう。中国は家族型、日本は会社型とかそのまんまといった観はあるのだが、日本の携帯会社や銀行を融通が利かないとディスっているのは果たして会社型社会の弊害だからななのだろうか。中国の携帯屋や銀行で家族的対応されたとしたら、それは本当に家族、知人であったからではないんかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月13日Wed [01:24] 中国  

大人のための儒教塾



大御所がラクレで出すのは意外な観もあったのだが、83歳になるのか。ラクレの趣旨を聞いて、精一杯合わせたらしい。中国古典関係では珍しい正論文化人であるのだが、大陸への幻想を国内の中国界隈に砕かれたクチかもしれん。中国人論的なものはこの本ではやっていないのだが、もとより、現代中国人には関心が無いのかも。日本語の「ハイ」は高杉晋作が広東語から取り入れたと言う話は定説になっているのか。昔は中国語の授業で必ず教師が話したものだというのだが、今の中国語教師のほtんどは大陸の人か、大陸留学の人だから、知らん話なのかもしれん。広東人の日本語学習者でも聞いたことがないが人が多かろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月12日Tue [14:30] 中国  

日中戦争はスターリンが仕組んだ



また「リベラル」な中国業界から糾弾されそうな本が勉誠から出たが、この元興銀マンの本もシリーズ化してるんだな。タイトルはワックとかも競合するからこういう風になるが、別にコミンテルン陰謀論でもない感じ。まあこれなら反スタ系はタイトルに文句は付けんか。今まで一度も左翼であった事はないと断言しているのは著者が団塊であるからかもしれんが、ちょっと前までは一度も左翼であった事がない奴は人間失格みたいな見方はあった(例のチャーチル発言はフェイクらしい)。つまりは珍しい純粋右翼なのだが、小室直樹の講演会を聴きに行って、戦争は勝ち逃げが基本、何故日本はシンガポール陥落の後、イギリスと講和交渉をしなかったのかと質問したら、小室が「そんな事出来るわけ無いだろう」と不機嫌そうに答えたので、家にあった小室の本を全部捨てたという唐突なエピーソードも。単に小室は控室まで押しかけて来られて面倒であったといった感じがしないでもないが、その辺はガチ右翼ではなく銀行員らしい現実主義も持ち合わせているということか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月11日Mon [14:10] 中国  

サンデル教授、中国哲学に出会う



市場の大きさを考慮しても、サンデル人気は日本より圧倒的であったらしい中国。日本でしっかり下火になった観があるのだが、中国ではどうなのだろう。日本でも相撲の八百長問題を切り口にしたけど、中国では中国哲学という本業の哲学を使えるので、愛国主義観点からもより受け入れやすかったのかもしれん。サンデルが日本の哲学を知っていたかどうか分からんが、おそらくは中国哲学ほどの知識はなかったはずである。ただ、サンデルが熱く語っているとうより編者である華東師範外教がサンデルがそう言っているという風に見せかけたものではあり、実際サンデルが登場するのは最後の質疑応答だけで、後は中国人の執筆がメイン。阿漕な商売であるが、為政者に求められる正義言説は当局公認の中国人が言わんとならんだろうな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年03月09日Sat [01:21] 中国  

現代中国における「イスラーム復興」の民誌



博論もの。ではあるが10年も前に提出とのことで、その後の成果も加えてあるから500ページ超の大著となっている。今日はこれ1冊しか読めんかった。大塚和夫の弟子らしい。博士号授与後に亡くなったのだろうか。回族研究であるが、銀川の定点観測。当初は共同研究という形しか許されなかったらしいが、ウイグル関係ではないので、割と自由にできた様だ。政府は信教の自由を保証しているという基本線は堅持している。中国人教員の査読を受け、明石の本でもあるのだが、やはり共産党の宗教弾圧といったところに関心が向いてしまうのは非友好人士の悲しい性である。自治区でも市でも実質的トップは首長ではなく、党書紀であり、その座は漢族が就くというのは暗黙の了解みたいになっているのだが、共産党員は無神論者であるという建前も一応あるのか。党員であった回族幹部が火葬され、その灰が撒かれたことに回族の共産党員が反発したというのは明日は我が身ということではなく、宗教的嫌悪であったらしい。漢族との通婚は銀川の様なまとまった回族人口がある町では少ないそうだが、それでもその子どもが漢族として登録されるケースはほぼ無いらしい。それは一般的に少数民族優遇政策が要因とされてるが、回族の様なモデルマイノリティの人口が増えるのことは漢族的価値観を基盤とした愛国主義政策に於いて政府として有用ではあろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑