2017年06月22日Thu [05:44] 中国  

赤い帝国・中国が滅びる日

赤い帝国・中国が滅びる日赤い帝国・中国が滅びる日
福島香織

ベストセラーズ 2016-10-26
売り上げランキング : 89811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「中国屋」として、このタイトルには抵抗があった様だが、「赤い帝国」は滅んで欲しいと思っている中国人は多いから、まあいいか。中国の本質は権力闘争だと国分良成が岩波で明言している時代なのだから、もはや中国も中国共産党も一枚岩だと思っている人はいないだろうが、歴史認識も海洋進出も尖閣事態も全て権力闘争で考える必要はあるな。それとなく、日本の中国屋にも権力闘争の影響があることを示唆しているが、習近平暗殺未遂話は、同様なことが江沢民にも胡錦濤にもあった事を書かない、習近平派の記者を当てこすっているのかな。福島さんも団派推しっぽいが、胡春華失脚はもう既定路線で、孫政才が習近平に秋波を送っているとも。習近平以上に王岐山の命が狙われているとのことだが、日本のアベ死ね陣営で本気に安倍の命を狙う者はいないだろうし、何より、中国としても安倍が死んで英雄になるより、生きて標的にした方が楽に決まっている。中国は政治家に限らず、生きるか死ぬかの価値観の世界であるからして、日本が同じ土俵で戦う相手ではないことはたしか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月21日Wed [06:06] 中国  

現代中国経営者列伝

現代中国経営者列伝 (星海社新書)現代中国経営者列伝 (星海社新書)
高口 康太

講談社 2017-04-26
売り上げランキング : 3422

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと「島耕作的」に定番過ぎるような選定だけど、新書の性格上、レノボやハイアールから始めなくてはならんか。中国のこの手の伝記は先行して存在した香港や台湾のそれに影響を受けたものかと思うのだが、教条主義的な英雄譚ではなく、それ自体が企業PRとしての機能を持つ様な物語構成なのだろう。天安門事件も書けないというが、それも「忖度」の話であって、読めばそのことかと分かる様にはなっているのではなかろうか。文革は書けても、もう世代的に関係なくなってきており、改革開放も含め、時代背景とは別に今の読者が自身の設計図を準える様な形で「励志書籍」は描かれているのだろう。ただ、現実問題としてはメーカーは無論、ITも黎明期ではなく、アイデアと実行力で成功を掴むなどいう夢は抱きにくくなっているのかもしれない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月20日Tue [05:27] 中国  

21世紀資本主義世界のフロンティア

21世紀資本主義世界のフロンティア: 経済・環境・文化・言語による重層的分析21世紀資本主義世界のフロンティア: 経済・環境・文化・言語による重層的分析
五味 久壽 元木 靖 苑 志佳 北原 克宣

批評社 2017-04-10
売り上げランキング : 1594333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何か掴みどころがない論集だな。立正大経済学部教員だけで作ってしまったものだから、統一したテーマが機能しないのだろうけど、元々、中国がテーマだったのだろうか。中国人らしき人は二人だが、一人は教員ではなく、立正の院出というだけか。立正は宗教なら分かるが、仏教系の経済学部でマル経をやっている人がいるんだな。日本の大学には歴史学部が無いという批判もあるのだが、文学部の史学科というのは本来妙なものなのだろうか。ウィキによると歴史学部を置くのは佛教大学だけとあるので、その辺を意識しているのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月18日Sun [05:16] 中国  

謀叛の児

謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」
加藤直樹

河出書房新社 2017-04-21
売り上げランキング : 328526

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フリーライターという肩書きだが活動家の人。WIKIもあって、天安門事件の抗議活動や李英和のRENKにも参加したそうだが、今は「社会新報」に書き、韓国(民団)や中国共産党の御用系になっている様だ。しばき隊では野間と対立して除名されたらしい。宮崎滔天も勝手に解釈されて迷惑だろうけど、自分が韓国人や中国人になりきることで、同時革命を実現するという解釈らしい。それを100年前ではなく、今やろうとするから必然的に日本を征伐するという形になるのだが、昨日読んだ山室信一が書いていた通り、日清戦争前は中国という巨大な傘からどう日本が抜け出すかが課題であった。現在もまた弱体した中国も、隷属した韓国もなく、日本は価値観の違う近隣諸国から如何に独自性を守るかという命題に直面している。中国や韓国の主張を受け入れ、一体化することで日本を変えようとしているなら、それは大日本帝国のしたことと何の違いがあるのと言うのだ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月16日Fri [05:04] 中国  

「你好」羽根つき餃子とともに

「你好」羽根つき餃子とともに: 二つの祖国に生きて「你好」羽根つき餃子とともに: 二つの祖国に生きて
石井 克則

三一書房 2017-05-22
売り上げランキング : 503256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


羽根つき餃子の元祖なのかどうか知らんが、有名店なのか。1979年帰国とういうと、わりと初期の方だな。最近の人だったら、「你好」なんていう店名はつけんか。開店前から宇都宮徳馬の支援を受け、後の大田区長が後援会長になったそうだから、成功は約束されていたのだろうが、それも帰国者黎明期であったからかもしれん。当時は満洲の味を懐かしむ引揚者が多くいたので、遠方からも客が詰め掛けたそうだが、店主は日本に来てから陳建民の恵比寿中国料理学院で料理を学んだとのこと。料理屋は家族で働けるとういうメリットがるのだが、上手くいかないと総倒れになってしまう訳で、リスクは高い。かつては新華僑がこぞって中華料理屋を始めたものだが、今はその多くが東北出身者になっているんじゃないかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月15日Thu [05:58] 中国  

中国語イラスト辞典

中国語イラスト辞典中国語イラスト辞典
呉 月梅

三修社 2017-05-23
売り上げランキング : 37998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原著は2009年なのか。VCD机とか、軟盤とか知らん子もいるだろうな。普通に外国人向け学習書かと思いきや、身分証の数々とか、語言能力が普通話二級甲等とかの人とかが出てきて、中国公民向けの部分もあるのかもしれん。ウェートレスを呼ぶは「叫服務員」なのでちょっと安心。ただ、当の服務員は二の腕スリットのセクシー系であるのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月14日Wed [05:32] 中国  

独りじゃダメなの

独りじゃダメなの―中国女性26人の言い分独りじゃダメなの―中国女性26人の言い分
呉 淑平

論創社 2017-03
売り上げランキング : 493699

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者は女性かと思ったのだが、オトコか。名前は女っぽいのだが、写真は男だな。トランスジェンダーなのかもしれんが、男が知人でもない女性にこんな赤裸々なインタビューがとれるか。よく分からんが、ネット経由なのかな。ただ、ネットで知り合ってリアルな関係にというパターンが多いので、そもそも志願者なのだろう。中国では一時期、自身の性体験などをネットで発表してスターになった女性が続出したことがあったから、有名編集者で作家である著者にはその種の告白が舞い込んでくるのか。不倫して妊娠し、シングルマザーになるというのもパターンなのだが、ただでさえ、出産規制がある中国で、そんな簡単に事が運ぶのだろうか。金で解決はできるんだろうけど、認知とかどうなっているのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月12日Mon [05:45] 中国  

Amazon中国輸出入で3倍稼ぐ!

Amazon中国輸出入で3倍稼ぐ!  オリジナル商品を日・米・加で売る手法Amazon中国輸出入で3倍稼ぐ! オリジナル商品を日・米・加で売る手法
豊田 昇

セルバ出版 2017-01-24
売り上げランキング : 5966

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結構この手のハウツーものが何冊か出ているな。Amazonで中国製品を仕入れるのではなく、中国で仕入れて、米国のアマゾンで売るというのだそうだが、そんなゴマンといる在米中国人がやっている様な事で勝負するのか。日本のアマゾンだと怪しい日本語は食いつかれないのだが、英語はネイティブは条件ではないか。義烏に仕入れに行ったら、あまりに酷すぎて大赤字だったそうだが、義烏はカモネギ待ちも多いから、そりゃそうなるだろう。広州がわりとマトモなのは交易会の伝統とは関係なく、昔から商都であったからなのだが、アフリカ人が広州に集まるのもその辺が理由なのであろう。あくまで個人的な意見見解ではあるが、地元の広東人と広東語で取引する限りハズレは無いと思う。外地人より日本人の方が信用されているフシもある。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月11日Sun [06:37] 中国  

中国政治からみた日中関係

285365.jpg中国政治からみた日中関係 (岩波現代全書)
国分 良成

岩波書店 2017-04-19
売り上げランキング : 21064

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波だから防大学長退任したのかと思ったのだが、まだ現役なのか。13年ぶりの単著というのも意外だが、やはり馬場公彦企画か。中国から馬場に対する圧力は無いのかな。防大では研究ではなく教育とのことで、書下ろしではなく、寄せ集め。日中関係の悪化は日本よりも中国に要因があると当たり前のことながら、大手紙とか中国研究者は直接的には書かない様なことも。本質は権力闘争であるというのもその通り。アホもみたいな日本人の中国人蔑視だとか、右傾化だとか、歴史を知らないといった言説は無い。防大の学生さんにはその手の輩はいないだろうし、研究者が本当にそう思っているのはあまりにも日本人をバカにしている。光華寮の元の地主がブラックであったことは知らんかったが、入居者が居座っていることと合わせて、国府は手を焼いていたんだな。契約したのに登記させなかったというのは詐欺に近い。苦労した物件をそう簡単に中共に獲られてたまるかというのもあったのだろう。朝日や毎日までもが中共に疑問を呈したために、中国側で軌道修正があったのだという。この頃はまだマスコミを使った友好カード、逆和平演変みたいのが機能していたのだろうが、今はそのカードはほぼ無い。韓国にお株を奪われた感もあるが、文革礼賛も竹のカーテンであったからこそ成立したのであって、六四も中継が無い時代であったら、反動分子を鎮圧した解放軍を礼賛する言説も一定の説得力を持ったのかもしれん。


Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月09日Fri [05:15] 中国  

乱流 

乱流 米中日安全保障三国志乱流 米中日安全保障三国志
秋田 浩之

日本経済新聞出版社 2016-09-02
売り上げランキング : 271233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


福建時代の習近平が著者に「日本人が好きだ」と言ったというのは今にしてみれば衝撃的でさえあるのだが、世代的にも、その経歴的にもそれが本音である可能性は十分あるか。王毅が対日強硬発言を繰り返しているのとは訳が違うが、反日コスプレは中国のTPOではある。それは米国に対しても同様かと思われるが、逆に言えば、日本も中国に対して同様である時代に入ったことを中国としても理解しやすいであろう。岸田が安倍と盟友であるのと違って、王毅は習近平に会える存在ではないということは中国外交のが内政の枠内に留まり、国際舞台で下手なアピールを繰り返す要因でもあるのだが、同じ中央の支配下とはいえ、軍は外交よりずっと上の存在である。習近平が唯一配慮するのが軍ということになるが、中国が軍拡に踏み切らざるを得ないのもその辺か。ある意味、帝国日本の天皇と軍の関係に似たところがあるが、習近平が軍の暴走をコントロールし切れなかったものの、民心はコントロールした天皇を意識しているのは確かだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月08日Thu [04:24] 中国  

皮影

9784907051198.jpg皮影(かげえ)―伝統芸術影絵の世界 (中国無形文化遺産の美)
関 紅 王 海霞

科学出版社東京 2017-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日もこのシリーズ。あと何冊出るんだろう。皮影と書いてかげえと読むのか。皮であって、紙ではない。牛が多いが、中にはロバ皮なんてのも。皮は紙よりは持つだろうが、せいぜい清代まで。現代や民国のもある。影絵芝居で有名なのはインドネシアとかだが、元祖は中国なのだろうか。


Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月07日Wed [04:22] 中国  

仮面と臉譜

仮面と臉譜―その形と様式の系譜 (中国無形文化遺産の美)仮面と臉譜―その形と様式の系譜 (中国無形文化遺産の美)
王 海霞

科学出版社東京 2016-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


科学出版社東京の「中国無形文化遺産の美」シリーズ。定価4800円も付けてたのか。原著の定価は分からんが、最近は中国も本が高いみたいだから、それなりの値段してるのかな。1000円にしても一般には売れないだろうから、これで良いのかもしれんが、中国もソフトパワー戦略とか言っても、こういうのはシビアだな。半分以上は少数民族のだけど、無形文化遺産はその辺も戦略か。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑