2017年08月17日Thu [06:01] 韓国  

韓国人による北韓論

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)韓国人による北韓論 (扶桑社新書)
シンシアリー

扶桑社 2017-03-02
売り上げランキング : 56304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログは毎日更新らしいかた、まだまだ出るのだろうけど、これは今まで読んだ中で一番分かりやすい。善悪二元論というのは儒教のみならずキリスト教の根底にもあるのだが、自分が善であるために悪を作らなくてはならないし、世の全てが善であり、悪であるという発想には至らない。よって、日本と韓国は違ってても良いじゃないかでは終わらず、悪とされた対象を善に変えようと努力することが善を善たらしめるので、ほっといてくれないのである。韓国が発展途上国であった時代はそうした責任が問われなかったのだけど、今の韓国人は日本という悪を弾劾して、日本を善に変えなくてはならないという自負心があるのだろう。その辺、北朝鮮は韓国とは違うのだが、民団系と総連系の良心的日本人のアクションの違いにもその辺が如実に現れている。しばき隊とかのりこえの人たちはとにかく、意見に従わない者を悪と断定し、悪を叩くのが善の務めといったスタンスだが、従北派は北朝鮮という自分たちの不利なツールへのカウンターをされないことを第一義として、反対する者は全てシャットアウトして、己の世界だけで闘う。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年08月14日Mon [05:03] 韓国  

韓国の不都合な真実

韓国の不都合な真実 (別冊宝島 2562)韓国の不都合な真実 (別冊宝島 2562)

宝島社 2017-03-14
売り上げランキング : 481760

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


別冊宝島。この辺のムックは今や中国のより韓国のの方が売れ線なのかな。石平とか安田とかはその辺を汲んでか、「嫌韓本」にも手を出しているけど、やはり韓国ものは中国に比べて書き手が少ないような気もする。単純に韓国語やる奴が少ないということなのかもしれんが、政府の都合で濃淡になる中国と違って、韓国は絶えず日本に新しいネタを供給してくれるから、別に本を読んで理解するまでもなくネットだけで十分というところはあるか。研究者レベルでも中国はほぼ友好学者は淘汰されたが、韓国と北朝鮮は良心的日本人学者が健在。連中の日本第二主義は変わらんけど、一致して安倍死ねやっていると思いきや、良心的日本人でも従北派と従南派がいて興味深い。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年08月05日Sat [05:45] 韓国  

韓民族こそ歴史の加害者である

韓民族こそ歴史の加害者である韓民族こそ歴史の加害者である
石平

飛鳥新社 2016-05-07
売り上げランキング : 19039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これもスゴいタイトルだな。のりこえネットの作家連中がヘイト本として焚書にしそうだが、石平は日本国籍の中国人。この場合はマジョリティかrマイノリティの差別ではないから、ヘイトスピーチの定義に当てはまらないのかな。石平は日本人になって戦争責任が問われる訳でもないし、文句が言えないのかアマゾンの★1はゼロだった。しかし、文句を言わせないようにちゃんと手を打ったのか、文句を言う奴は中身を読んでいないことが分かるのか、仕掛けは出来ている。依拠している文献が旗田巍、姜在彦、朱建栄、金学俊、山田昭次、中塚明などその筋の人たちのばかりなのである。中国人からしてみれば、韓国は直接戦争した国でもあり、共産党軍の戦争という点では、日本よりも遥かに戦った相手であるし、抗日戦争の「記憶」でも韓国人は日本の一味に過ぎない。元寇は中国とは関係ないというのが一般的な中国人の認識であるが、これもモンゴル人と朝鮮人が日本を侵略したということは否定しない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月29日Sat [05:34] 韓国  

朝鮮王朝と現代韓国の悪女列伝

朝鮮王朝と現代韓国の悪女列伝 魔性の女の栄華と転落!朝鮮王朝と現代韓国の悪女列伝 魔性の女の栄華と転落!
康熙奉

双葉社 2017-03-18
売り上げランキング : 476723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この著者は韓流PRマンだけど、実入りはだいぶ減ってきたんじゃないかな。日本で韓流時代劇の偽史を史実化するのが仕事だったのだが、流石にワンパターンのネタも飽きられたので、今話題の女ラスプーチンとかナッツ姫とクロスオーバーさせて悪女伝をやることにした様だ。ところが、姉から先祖を悪く言いてはいけないと叱られたらしく、その辺の葛藤をあとがきに記している。年が離れた長姉は自分が悪さをするたびに保護者として学校に呼ばれていたので、頭が上がらないそうだが、同級生からはお前の姉ちゃんキレイだなと言われていたという自慢の姉だったらしい。韓国では現在でも先祖の名誉毀損を子孫が訴えることができるという驚きの法律があるのだが、通っていた学校は朝鮮学校なのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月26日Wed [04:57] 韓国  

在日マネー戦争

在日マネー戦争 (講談社+α文庫)在日マネー戦争 (講談社+α文庫)
朴 一

講談社 2017-01-20
売り上げランキング : 195639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「日本人と韓国人「タテマエ」と「ホンネ」」が韓国で翻訳されているのか。まあタイトル的にそうなのだろう。何冊か読んだけど、これが一番読みやすい。ほとんど日本人が出てこないので、安心できるというのもあるか、後半は著者自身が大阪興銀と関わってくる。院生時代に塾経営をしていたそうだが、バブル期で立ち退きを拒否していたら、立退き屋に数千万の金を紙袋で渡され、それを関西興銀に預けたら年に200万の利子が付いたのだという。今では信じ難い話なのだが、それは申告したんかいな。マル経的には良いのか。それで教授になった訳ではなかろうが、近畿産業組合を批判するコメントを新聞に書いたら、MKの青木定雄が突然家に訪ねてきて、訂正コメントを出さざるを得なくなったという。解説の野村進もそこが一番スリリングだとしているが、青木が亡くなった現在では真偽は確かめようがない。統一教会にも民団にも総連にも八方美人のところがあるし、昔から学界ではないところを主戦場にしてきた人なので、そんなものではあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月24日Mon [06:02] 韓国  

韓国新大統領文在寅とは何者か

韓国新大統領 文在寅とは何者か韓国新大統領 文在寅とは何者か
澤田克己

祥伝社 2017-06-07
売り上げランキング : 220309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元々別物だったのが、こんなタイトルになったのか。このタイトルだから出せたのか分からんが、文在寅の評伝ではない。内容的には持論の「韓国脱日論」を立証せんとしようとしたもので、無理があるんじゃないかなと感じるところも。日本は韓国に関心があって、韓国の「反日」は日本人の対韓感情に大きく影響があるが、韓国人は日本には関心がなく、日本の対韓認識の変化に気づいていないという。韓国人は安倍右傾化が原因であり、マスコミが取り上げるのは安倍に反対する「良心的日本人」ばかりだから、政府は悪いが国民は悪くないという認識なのか。それを額面通りに受け取ると、韓国人はマスコミの影響が強く、日本人はネットの影響が強いということになるのが、そうなのかな。ただ、正義と不正義の二元論だけが認められる国であるというのはその通りであり、儒教の影響もあるが、キリスト教の影響のほうが最近は強いのであろう。慰安婦像などもそうだが、絶対正義であるものに反対する者は不正義でしかなく、正義かどうかは自分たちが決めるというのでは、「歴史戦」としてこちらの「正義」を主張しなくてはなくなる。大方の日本人は右だろうが、左だろうが、「正義論」にウンザリしている訳で、日本にキリスト教が浸透しなかったのもその辺が原因ではないのかと思うのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月15日Sat [06:07] 韓国  

本の未来を探す旅ソウル

本の未来を探す旅 ソウル本の未来を探す旅 ソウル
内沼晋太郎 綾女欣伸 田中由起子

朝日出版社 2017-06-02
売り上げランキング : 47552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


編集者が作りたい様に作ったものか。読者的には普通の単行本の作りの方が読みやすいのだが、それでは作りてがクリエイターではなくなってしまうか。もしかしたら代々木蔦屋で売る為だけに作ったのかもしれん。韓国のオシャレな書店とその担い手を紹介しているのだが、皆が日本の書店を研究し、その影響というか、勉強をして開業しているというのはある意味必然なのかもしれん。韓国の出版物の翻訳ものの割合は22%でその4割が日本語であり、英語より多いというのは驚きだが、音楽とか映画と違って、書籍は「倭色」の規制は無かったのだろうか。80年代くらいまで韓国の書店には普通に文藝春秋が平積みになっていたりもしたのだが、その意味では日本語書籍自体に馴染みがあるということはあろう。文化的に近いものがあるから西洋のものより理解し易いというのが基本的な理由の様だが、距離が近いので、パリパリで売れているもの、見つけたものを翻訳できるというのはあるのだろう。英訳本とかの方が版権交渉が面倒なのかもしれん。音楽や映画もかつては日本のものを手っ取り早くコピーしてといった時代があったのだが、現在では韓国が日本の映画や音楽を研究するなどということはないのかもしれん。その点に於いては書籍業界は未だ日本が大きな影響力を持つ最後の文化なのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月13日Thu [05:26] 韓国  

自分を信じて 佐藤 初女

自分を信じて自分を信じて
佐藤 初女 朴 才暎

藤原書店 2016-05-25
売り上げランキング : 520670

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


女性のアラ100エッセイストは何人かいるのだが、この方は去年の2月に95歳で亡くなられて、その3ヶ月後に出た追悼本みたいなものだが、著者は在日の人、事前に原稿ができていたのか、既出のものを含んでいるのかは分からん。著者は無宗教で、初女さんはカトリックだが、この人は基本的に宗教とかスピ系なのかな。同じ青森の出身で、朝鮮関係の話は前半部にはなかったのだが、無色なのかとも思ったのだが、そういう訳にはいかなかった。現在は奈良在住とのことで、奈良は朝鮮人が作った、天皇は朝鮮から来たとか、やはり始まったかといったところ。よく分からんが、植民地近代化論否定や日王呼称などはその辺の「自負心」と表裏一体なんだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月09日Sun [04:45] 韓国  

日本にしかない「商いの心」の謎を解く

日本にしかない「商いの心」の謎を解く (PHP新書)日本にしかない「商いの心」の謎を解く (PHP新書)
呉 善花

PHP研究所 2017-02-16
売り上げランキング : 220544

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本にしかないということもなかろうし、日本ならどこでもあるというものでは無いとは思うのだが、「お客様は神様です」なんて言っていrいるのは日本だけか。商売人は信用が命であるが、その精神が商売人ではない他の一般人まで染み付いているというのは世界標準でみれば稀有なことか。日本で消費者を無視したストライキがしにくいのも、そうした性格上の利用があるのだろうけど、昭和の時代までは公務員の応対は酷かったという話もあるし、対応が良い窓口応対業務は役所なども含めて業務委託だったりするので、基本的には「商いの心」の論理という風にはなるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月05日Wed [05:13] 韓国  

韓国石油産業と全民濟

韓国石油産業と全民濟―朝鮮・韓国・北朝鮮石油産業の経路韓国石油産業と全民濟―朝鮮・韓国・北朝鮮石油産業の経路
李 光宰

柘植書房新社 2017-04
売り上げランキング : 2103264

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


柘植からもう3冊目の単著なのか。韓国の政治家に同姓同名のひとがいるみたいだが、この人は確か在日ではなく、留学生で来た人だったと思う。最初の本は小林秀夫との共著になっているが、今回の謝辞にはもう名前が上がっていない。韓国の石油産業が日本時代を嚆矢とするのは時代的に必然なのだが、日本時代は石油部門で朝鮮人登用が限られていた為に、解放後もアメリカ主導でしばらく操業せざるを得なかったとのこと。韓国石油公社の油公はその昔、代表選手を多く抱えたサッカーの名門チームを持っていたな。韓国はしばらく中東に労働力を出していたから、設備関係も強いのだろうが、北朝鮮の石油備蓄も把握しているのだろう。この辺が北朝鮮の命綱だと元石油会社の重村センセが指摘していたことなのだが、最近はあまり出てこないな。早稲田で著者と接点は無いのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月02日Sun [04:18] 韓国  

イ・ボミはなぜ強い?

イ・ボミはなぜ強い? 知られざる女王たちの素顔 (光文社新書)イ・ボミはなぜ強い? 知られざる女王たちの素顔 (光文社新書)
慎 武宏

光文社 2016-12-15
売り上げランキング : 81164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


韓流芸能人もそうだが、韓国人ゴルフ選手も好きな人は死ぬほど知っているが、興味ない人は全く知らない。私は後者で、正直、名前も知らんかったのだが、文中に出てくる人で、聞いたことがあるのは樋口久子と宮里藍だけか。岡本綾子は出てこなかった。宮里藍が20代で引退するというのは早いからニュースになったのかと思ったのだが、韓国人女子選手に30代はほとんとおらず、年をとったら日本に行くしかないという現実があるらしい。ゴルフは50でも60でもプロでやっているイメージがあったのだが、ルックスとかが関係しているのだろうか。ゴルフもギャラリーが数万入るものではないだろうし、何でそんなに稼げるのか分からんのだが、テレビ中継料もタダ同然というし、スポンサーは元がとれるのだろうか。韓国の虎の穴式国家トレーニングはよく分かるが、韓国人選手独占による悪影響を韓国側もかなり気にしているらしい。この本もそうしたところを払拭する為のPR本みたいなものなのだが、慎武宏 は日韓ワールドカップが日本人の嫌韓の嚆矢であったことを誰よりも知っているはずなのに、何で嘘書くのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年07月01日Sat [05:28] 韓国  

絶望の韓国、悲劇の朴槿惠

絶望の韓国,悲劇の朴槿惠(月刊Hanadaセレクション)絶望の韓国,悲劇の朴槿惠(月刊Hanadaセレクション)
花田紀凱責任編集 月刊Hanada編集部

飛鳥新社 2016-12-08
売り上げランキング : 180724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


月刊Hanadaセレクションなのでそういうものだし、そういう面子なのだが、大体WILL掲載のものなんだな。勝手に原稿引き上げたのだろうか。渡部昇一は2015年のだけど、カトリック教徒として、韓国人の反日神父とだいぶやりあったらしい。どっちも天国に行けそうにはないな。朴槿惠の対日観は大きく影響を受けた田麗玉の「日本は無い」そのままだという話もあるが、親父の影響は全く無いんだろうか。日本を避けてたとしても、日本は身近にあった訳だから、田麗玉のトンデモそのままということはなかろう。妹は姉との対抗上、日本肯定派なのかもしれんが、朴槿惠はラスプーチンに操られたロシア皇帝と同じく、現実感覚などはなかったんじゃないかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑