2018年07月12日Thu [02:49] 韓国  

人を楽にしてくれる国・日本

人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~
シンシアリー

扶桑社 2018-02-23
売り上げランキング : 85661

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何か先日読んだ日本人には韓国人は務まらないという意味にの「韓国人に生まれなくてよかった」に通ずる話なのだが、こうした韓国人の「ホンネ」は韓国では吐露できないということなのだろうか。まだ日本と韓国の経済格差が顕著であった時代でも、韓国では日本人は貧しい生活をしているという話が流布され、著者もそれを信じてたというのだが、子供の時にNHKとKBSだったかが初めて虚て日韓共同制作した互いの国のドキュメンタリーを視た時にそんなシーンがあったのを思い出した。韓国の小学校で、日本はカラーテレビを作って輸出しているが、日本の一般家庭では電気代節約のために白黒テレビを視ているということを教えていて、ウチの母親が「韓国ではそんな嘘を教えているのか」と怒っていた。もちろん日本では白黒テレビなど見かけない時代であったのだが、韓国では白黒テレビがまだ普通に視られていたのか、そういう話になったらしい。子供心にカラーテレビと白黒テレビで電気代が違うのかと疑問に思ったのだが、そういう細かいことは気にしないのも韓国人気質であったのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年07月10日Tue [04:50] 韓国  

韓国ビジネス53の成功ルール 

韓国ビジネス 53の成功ルール: 互いの違いを強みに変える最強タッグの作り方韓国ビジネス 53の成功ルール: 互いの違いを強みに変える最強タッグの作り方
徐 丞範

合同フォレスト 2018-04-30
売り上げランキング : 126574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その規模からいっても、そんなはずは無いと思うのだが、韓国とのビジネス経験者って、あまり会ったことがない。中国ビジネス本が大量生産され、ASEANやインドも相当数あるが、韓国ビジネス本をほとんど見かけないのは在日によって担われている部分が大きいからなのだろうか。日韓貿易はおそらく目に触れない資本財が大きなウェイトを占めるのだろうが、中国の様に政治状況が大きく影響するということもなさそう。80年代までは日韓間に大きな経済格差があったから、韓国は日本に配慮して何も言わなかったという説はよく聞くけど、経済格差が無くなったから、その関係性が崩れたというより、単に韓国の政治体制が代わって、日本を理解できる、理解しようとする風潮が無くなったということではないのかな。日本側は今も昔も変わらんと思うのだが、李明博の竹島上陸に日本の嫌韓を帰結してしまうのはどうかと思う。せめて日韓W杯までは遡ってほしい。日本人が狭隘で韓国人が寛容だという見方も日本人から見れば逆と思うし、韓国人の思う日本人の代表的ステレオタイプのホンネとタテマエも韓国人にだって存在するし、世界中に存在する。時代も代わっているんだし、日本人はこうだ、韓国人はこうだとあまり決めつけて考えない方が良い。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年07月09日Mon [04:32] 韓国  

韓国人に生まれなくてよかった

韓国人に生まれなくてよかった韓国人に生まれなくてよかった
武藤 正敏

悟空出版 2017-05-26
売り上げランキング : 31693

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読んでみた。このタイトルは版元が用意したものかと思っていたのだが、ダイヤモンド・オンライン連載時に既にこのタイトルを使っていたのか。その時に糾弾されたという話は知らんのだが、書籍化されたことで、ヘイト本認定されたという訳か。焚書を叫んでいる連中のほとんどは読んでいないと思うけど、韓国批判というより、文在寅批判が問題視されたっぽいな。朝日の牧野が出禁食らったのyと同じパターンだが、朴槿恵記事で逮捕された産経の加藤みたいなことはできないから、ヘイト本、レイシストのレッテル張りのキャンペーンで潰そうとしたのか。とはいえ、元大使がこんな風に書いて良いのかという疑問があるのだが、退官している訳だし、言論の自由はあろう。安倍信者より自分の正義を疑わない文在寅信者の方が恐ろしいが、実態経済と合わないポピュリズム政策で繋ぎ止めるしか無いか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月23日Sat [15:31] 韓国  

竹島問題の起原

竹島問題の起原:戦後日韓海洋紛争史竹島問題の起原:戦後日韓海洋紛争史
藤井賢二

ミネルヴァ書房 2018-04-30
売り上げランキング : 506918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミネルヴァの結構分厚い研究書なので、また「良心的日本知識人」の本かなと思ったのだが、出だしから、竹島は韓国に不法占拠されているという立ち位置がハッキリした人だった。兵庫県の県立高校で地歴公民科教諭をしているそうだが、島根の出身で、島根県竹島問題研究所の委員だという。島根県にはものすごい圧力が韓国かけられていると思うが、それに対する史料武装で鍛えられた成果なのだろうか。韓国の「独島」関係論文群の査読まで行っているからスゴイ。△判定が多いのだが、欠点が明示されているので、分かりやすい。竹島問題をナショナリズムに帰結してしまうのは日韓双方の病ではあるのだろうが、その本質は漁業問題である。イスラエルとパレスチナの紛争も実は水問題が本質みたいな話だが、島根県の人にとっては死活問題にもなるので、李承晩ラインの犯した罪は重い。ただ、収容所で悲惨な状況にあったことはたしかだが、拿捕された漁民が殺害された例は無く、朴裕河の本にも誤解をあ与える記述があると批判しているので、史料解読の中立性は担保されていると言って良かろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月21日Thu [20:37] 韓国  

韓国

韓国──近景・遠景韓国──近景・遠景
延 恩株

論創社 2018-04-19
売り上げランキング : 834272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニューカマー教授らしい。論創社ということで、あの宗教かもしれんが、「オルタ」の連載というから、アジア太平洋資料センターか。となると、分類的には左翼になるのだが、これがシンシアリー辺りと大差ない母国批判を展開していて、ちょっと意外。在日と違って、ニューカマーは韓国のリアルも日本のリアルも知っているわけだから、どちらも理想郷としない。その上で、母国批判、日本理解は日本の出羽守と同じ様なポジションなのだろうか。日本とは比べ物にならない水準で国外移住している韓国人にあっては、海外組は勝ち組という意識はあるのだろう。北米が勝ち組で、日本行きは負け組という声もあろうが、実際はそうなってはない。祖国を知らない在日とか、韓国正義教の連中を通しての韓国理解は根本的にフィルターがかかっている訳だが、これはこれで一昔前の韓国文化紹介である様な気もする。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月19日Tue [23:32] 韓国  

韓国の民衆美術

韓国の民衆美術――抵抗の美学と思想韓国の民衆美術――抵抗の美学と思想
古川 美佳

岩波書店 2018-04-20
売り上げランキング : 119086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


慰安婦像もろうそくデモも抵抗の表現芸術であって、反日とか民族主義ではないというのが韓国の言い分であって、著者もそれを踏襲している訳だが、その担い手たちが主体思想の影響下にあるこてゃ否定していない。左翼的文脈で言えば、北朝鮮は社会主義国であって、主体思想は民主主義であるのだが、問題はその辺を著者が額面通り受けとめているのか、それとも主思派の存在自体が問題であると捉えているのかがよくわからない。韓国国内で、そうした思想の下に結集して盛り上がるのは結構なのだが、それが拡張して、「普遍的な正義」の勝手な名目の下、他国にまで押し付けることはやはり抵抗感がある。メキシコや北アイルランドの壁画運動などはそうした宣教師的な思想とは無縁であったから、広く支持を得たのだと思うが、韓国の民衆美術を普遍的な正義と捉えるのは無理があろう。そもそも普遍的正義などというのは危険な考えであって、北朝鮮のそれが普遍であるのなら、独裁者の像などをアフリカにまで輸出することはないのではないか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月10日Sun [00:19] 韓国  

イ・ボミ「愛される力」

イ・ボミ「愛される力」  日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)イ・ボミ「愛される力」 日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)
金明昱

光文社 2018-03-02
売り上げランキング : 123617

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゴルフ界にも韓流押しがあるのか分からんが、日本人にいちばん愛される女性ゴルファーというキャッチフレーズは正しいのか。韓流もゴルフも全く知らんので、何とも言えんが、日本人にその影響力で、打ち勝った韓国人という設定は民族主義的には誇示すべきものなのだろう。イ・ボミ本人ではない著者が自分は16年朝鮮学校で学んだが何も恥ずかしくはないと唐突に書いているのだが、日本人は歴史とかスポーツとかで、韓国に対して恥辱を覚えるべきという論理なんかな。このゴルファーが愛されているとしたら、そうした国家感覚を超えたところにポイントがある様な気もするのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月06日Wed [08:49] 韓国  

ソウルの市民民主主義

ソウルの市民民主主義: 日本の政治を変えるためにソウルの市民民主主義: 日本の政治を変えるために
朴 元淳 白石 孝

コモンズ 2018-03-30
売り上げランキング : 5803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自治労の活動家の人みたいだが、かつて北朝鮮を支持した社会党ゾンビのこの手の連中は金日成が憑依した韓国左派に夢よもう一度をしているだけなのだが、その時代を知らない世代を騙せる余地はあるか。ソウルの市民民主主義だけでよしとけば良いのに、日本の政治を変えるためにとか余計なものを付け加えるから、その目的が市民民主主義が方便で、文中にもある通り、政権打倒にあるということが分かってしまう。北朝鮮の市民に対しても日本人拉致被害者に対しても何の責任を感じてないオールド活動家にとってはソウルの市民などは眼中にないのだろう。かつて北朝鮮のリーダーを持て囃した様に市長や大統領を持ち上げているだけである。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年05月30日Wed [04:43] 韓国  

近代日本・朝鮮とスポーツ 

近代日本・朝鮮とスポーツ―支配と抵抗、そして協力へ (塙選書)近代日本・朝鮮とスポーツ―支配と抵抗、そして協力へ (塙選書)
金 誠

塙書房 2017-12-01
売り上げランキング : 429388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも博論もの。塙書房の博論ものはあまあり見たことがないが、塙書房本自体、お目にかかるこtが少ないので、実際は色々と出しているのかもしれん。在日の人で、父がケミカルシューズを作っていたというから、長田辺りなのかな。イデオロギー的背景も民族主義的閉経も特に感じられない。在日スポーツ史のルーツとしての朝鮮スポーツ史ではなく、あくまで日本時代の統治手段としてのスポーツに焦点を当てている。知らんかったが、朝鮮神宮大会という一大イベントが毎年開催されていて、日本人を主としながらも、朝鮮人も多く参加していたのだという。当時のことであるから、朝鮮人参加者はスポーツができる限られた階層ということが言えるかもしれんが、朝鮮相撲などの種目もあったらしい。スポーツがナショナリズムと密接に関わっているのは今も昔も変わらんが、日の丸を付けて走った孫基禎の様な人は本来、「親日派」に分類されるべき存在ではあろう。それが一転「愛国者」となっているのも、またナショナリズムの作用である。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

今、何かを表そうとしている10人の日本と韓国の若手対談 (日韓同時代人の対話シリーズ)今、何かを表そうとしている10人の日本と韓国の若手対談 (日韓同時代人の対話シリーズ)
朝井 リョウ アン ギヒョン 岡田 利規 キ スルギ キム ジュンヒョク 桑畑 優香

クオン 2018-03-31
売り上げランキング : 311493

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クオンというは韓流版元なのか。韓国政府のフロント企業なのか分からんが、嫌韓のカウンターとしての韓国スゴイ系発信は嫌韓自体が元々、韓国スゴイ系のカウンターで始まったことであるので、そうした負のスパイラル脱却を目指したものの様に思える。韓国で人気がある日本の新文学と日本で人気のKポップとを相殺できる訳ではないが、日本人作家を持ち上げることで、少しでも嫌韓が払拭できれば良いか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年05月18日Fri [02:01] 韓国  

阿片帝国日本と朝鮮人

阿片帝国日本と朝鮮人阿片帝国日本と朝鮮人
朴橿 小林 元裕

岩波書店 2018-03-15
売り上げランキング : 602786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


阿片密売における朝鮮人の加害者性の問題を問うたものだそうだが、そういう印象はあまり残らない。ただ、満洲で、朝鮮人が阿片密売にに関与し、日本国籍者としてと実質上の治外法権にあったこと、関東軍と特殊な関係を持っていたことが中国人の反感を生じたという事実を指摘した点は韓国では衝撃であったのかもしれない。著者は万宝山事件についての著書もあるそうだが、もちろん、その背景には日帝強占があるという点にか変わりはない。著者の知人である解説者は著者が朴裕河の様に司法の場に立たされる事を心配しているのだが、従北人士も翻訳に関与しているみたいだし、むしろ日本弾劾がメインではあろう。むしろ、現在の北朝鮮が麻薬輸出を当時の関東軍よろしく、撹乱と収益に利用している点がブーメランにもなりそうだ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年05月13日Sun [03:35] 韓国  

韓国リスク

韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト)韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト)
室谷克実 加藤達也

産経新聞出版 2017-12-26
売り上げランキング : 123228

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「非良心的日本人」としては最強のツートップなので、そのとおりの対談なのだが、加藤が元刑事被告人ながら、「記者様」と呼ばれるのはなぜかといったくだりは興味深い。黒田御大にしても、「極右新聞」の特派員の肩書が付きながら、30年以上も韓国に住んでいられるのはやはり「記者様」だったからだろう。水野俊平もタレント活動せず、「教授様」のままだったら韓国を追われることもなかっただろうし、記者とか学者は「良心的知識人」である、であらなければならないという規範が生き続いている様だ。サッカーの選手も指導者になるためには修士号を必要というのも聞いたことがある。韓国から見れば日本が「極右化」したのは「良心的知識人」の指導力に問題があったというのは現実的な見方なのだろう。とはいえ、両者が指摘している通り、その「指導力」を日本人に対して発揮せんとしようとした、「朝鮮日報」などの日本語版が日本の嫌韓ムーブメントの大きな要因になったことは確かである。私も第二外国語で「朝鮮語」をとったことがあるのだが、その時の在日の先生が「自分は非常勤講師なのに、韓国の家系図では教授にされてしまっている」と嘆いていたことを思い出した。そのことが原因なのか分からんが、最近、ちょっと思い出して、検索してみたら、現在は学術とも語学とも離れた全く別の分野の仕事で活躍されている様だった。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑