FC2ブログ
2020年09月18日Fri [20:49] 韓国  

韓国を蝕む儒教の怨念 



嫌韓本の重鎮という訳ではないが、この人も息が長いな。最近はニューカマーのライバルが何人も出てきたが、長らく孤軍奮闘だったんだよね。石平が中国に行くのはフリーパスなのに、呉善花は韓国で入国拒否食らったりしたのだが、この辺は国家の度量なのか個人の格なのか分らんね。保坂が日本で入国拒否されたというのは聞いたことがないが、どうなんだろう。儒教disは石平がケントに教えて、それに便乗したものかどうか分らんが、彼女自身はプロテスタントのままなのかな。韓国で神道が邪教だと教え込まれていたということは前に書いていたけど、キリスト教やマルクス主義といった西欧的価値観で宗教の影響力を見積もることを止めれたのが日本での収穫ではあった様だ。韓国では日本会議という邪教に支配されている日本というイメージは良心的日本人の重用もあって受け入れやすいのだろうが、そうした一元的価値観とは別次元にあるのが日本であり、それが西欧社会にとっても訳分らん国である所以でもあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年09月16日Wed [01:40] 韓国  

今、韓国で起こっていること 



なるほどと思ったのは文政権は別に反日政策を取ろうとしているのではなく、北朝鮮との比較上取らざるを得ないというところで、韓国の親日派弾劾、上海臨時政府称揚と同じ文脈上にある点。今の政権を単純に従北政権と定義すれば、それらは北の意向に沿った政策ということになるのだが、長らく続いていた南北対立構造に於いて韓国が唯一、北朝鮮に対して劣勢なのは民族主義的政権の正当性である。もちろん国際的常識に従えば金日成政権はソ連が作り中国が支援した傀儡政権ではあったのだが、韓国の反共政策が金日成の独立運動を神格化してしまったところはあろう。韓国には反日などないという主張は韓国は無論、日本の左派にもみられるが、韓国の反日政策(とされるもの)が南北対立上の必然性に於いて生じているものという説明はほとんど見たことがないものであった。結局のところ、日本の歴史認識を批判している様であったり、人権問題として正義を訴えている様にみえても、その実、南北間の愛国心競争であるからして、日本は本質ではない。その意味では反日ではないというのは正しいのだが、それを国際問題に拡大して大きな声を出す方が勝ちという連中が左右問わずいるから面倒くさい。喧嘩は内輪に留めていただきたい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年09月12日Sat [04:09] 韓国  

韓国を支配する「空気」の研究 



どうあがいても黒田が岩波新書を出すことはできないと思うが、牧野は文春新書から2冊目か。右からは「朝日」というだけで、攻撃され、左からは「朝日」なのにと批判されるという。元々、韓国にも朝鮮にも何の思い入れがなくて、社命で留学した結果、韓国プロパーだそうだけど、そこまでせんと、ソウル支局はマズイことになっているという意識は本社筋にあった様。その期待に応えたのだから、今も朝日にいる訳だけど、その穴を毎日、東京が埋めているという感じか。日本で「リベラル」が嫌われるのはその不寛容と同調圧力にあるところが大きいが、その空気感こそが韓国を支配している空気と同じということか。まあ朝日では書けない話という訳でもないだろうけど、そこは「文春砲」の方が説得力はある。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年09月10日Thu [02:42] 韓国  

「反日・親北」の韓国はや制裁対象! 



わっく本。嫌韓本のほとんどは韓国プロパーの著者によるものという事実はどう判断するかだけど、この二人などはやはり向こうから市tら「親日派」みたいなものなのかな。そうなるとますます日韓対立の本質は韓国の左右対立であるという気がしてくるのだが、左右を辛うじて繋わせていた「反日」もなんだか怪しくなってきた様子。左派が下野して歴史認識は変わらんとしても、北の影響力を排除できれば、日本とも現実的な関係構築には向かうのだろう。ぶっちゃげ、韓国では民労総、日本では共産党がガンであるのだろうけど、日韓両政府が連携し、米国と同盟関係を遂行するという日韓基本条約以降の「55年体制」打倒を運動方針にしてきた以上、共闘も必然なのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年09月04日Fri [01:17] 韓国  

民族を超える教会 



ICU出で名前からしても純クリだと思うが、現在は東北学院の人らしい。ハーバードでエッカートから薫陶を受けたとのことで、朝鮮のキリスト教というテーマでありながら、明石っぽくないもの。現に著者は韓国のキリスト教史がナショナルヒストリーと一体化していること、民族主義的傾向が強い点を指摘しているのだが、テーマ的にはその辺の脱構築なのか。日本人クリスチャンとしての原罪を持ちつつも教義的、歴史学的批判は必要であるという認識か。日本のキリスト教が数と資金力に勝る韓国のキリスト教の影響下にあるのが最近の特徴だが、カルト系は無論、カトリック於いても韓国の民族史観やイデオロギーの影響力が顕著ではある。その前提として、日本の侵略に抵抗したキリスト教というピューリタン的思考があるのだが、もちろん歴史はそう単純なものではない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年08月27日Thu [16:16] 韓国  

あいちトリエンナーレ「展示中止」事件 



まず、自分は慰安婦にも天皇にも何の思い入れもないので、展示しようが、公金出そうが、別に構わんという立場で、この人たちの思惑通り、炎上、分断、混乱が生じてしまったのは残念。会田誠がこの二人にはアートに対する知見など何もないとつぶやいているのだが、結局、アートの基準を政治的正しさにおく評論家と活動家に食いついてしまった虚飾プロデューサーの責任一択か。日和った津田への批判などもあるのだが、結局、これを検閲、弾圧、表現の不自由だと唱えている人たちの信頼性が担保できないというのが反発を生んでいるんだろうな。連携していた正義連やソウル市長の一連の疑惑に関しても無言を決め込んでいるみたいだが、日本スゴイに韓国スゴイで対抗するゼロサムゲームにはもうウンザリ。この本でも朴裕河と三浦瑠璃がバッシングされているのだが、表現の不自由を謳う人間の正体は所詮そんなもん。どこかの国が勝手に決めた政治的正しさに対して反発や批判があるのも当然なのだが、それを一律に差別、歴史修正主義の名の下に封殺したところで、大衆の支持が得られるわけもない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年08月23日Sun [21:28] 韓国  

孫基禎



この前評伝出たばっかりなのにと思ったのが、社会評論社のはもう1年も前になるのか。ことらはそれとは関係なく、五輪商戦に合わせたものだったのだろう。本来ならば、ソ・ギョンドクが来日して、「戦犯旗」を国際アピールし、一悶着あったはずだから、この本もテキストとして露出することがあったかもしれん。とはいえ、中公新書だし、著者もそういった活動系とは距離を置いた学究肌の人の様に思える。その辺は社会評論社のとも一線を画しているのだが、引用しているのは一か所か。柳美里もその祖父の名も出てこない。そのテーマが民族に帰結している訳ではない。孫基禎は「日本」であれ、朝鮮であれ、必然的に民族を背負わされることなったが、国家よりも己の生活設計を第一に考えた人であり、ベルリンでマラソンは最後と決めていたらしい。マラソンランナーの孤独感に関しては色んな作品も事例もあるのだが、集団主義には染まらないところがあるかとも思う。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年08月20日Thu [01:54] 韓国  

日韓激突 



タイトルから韓国本としたけど、あんまり韓国関係ない様な気も。この二人の対談本はシリーズだから、その時々のトピックから成っていて、本が出たころは日韓問題が最大の焦点になっていたかもしれんが、二人とも朝鮮屋とはほど遠く、しいて言えば米国とロシアその派生で中東である。それ故、韓国のレッドチーム入りなんて話にもなってしまうのだが、韓国屋にとってはナンセンスな展開ではあろう。結局、韓国が強い態度に出れるのは日本だけというのが現実なのだが、GSOMIA破棄もそれほど大きな問題ではなく、対日交渉のカードの一つとしてか思っていなかった現政権の外交防衛音痴ぶりを露呈したに過ぎない。日本は韓国が破棄に持っていってくれるのを待つだけで良いかとも思う。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年08月15日Sat [21:33] 韓国  

韓国市民運動に学ぶ 



3月くらいに出た本なのか。この時期に出馬表明していたのか知らんが、共産党は単独でも宇都宮で行くつもりだったろうし、事実上、これがマニフェストみたいなものか。その意味ではいい度胸しているというか、完全に吹っ切れているのだが、韓国に倣って韓国の政策を東京都で実行しますと宣言して取れる票を確保するのが先決で、それにより失う票は関係ないということか。立憲にも国会議事堂前に慰安婦像を建てますと高々に宣言しているにはヤバいと感じた人はいただろうが、いかんせん人材がいないし、鳥越トラウマもあったろうから、「リベラル」に阿る必要はあったか。とはいえ、さすがにローソク革命を起こして政権を倒すと謳うのは外患誘致みたいなものであろう。所謂保守本流は都民の主流でないので、リアルのリベラル票の多くは小池に流れたと思われるが、「韓国式」の政権奪取を本当に野党が信じているのか、実際それしか方法が無いのか、単にアホなのかよく分からんわ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年08月13日Thu [21:35] 韓国  

反日種族主義と日本人 



産経の人だけど、文春なので「反日種族主義」の副読本を謳うのはセーフか。「公式」なので、韓国の著者陣からも許可を得ている様で、所々インタビューが挿入されているのだが、基本は本の解説本というより、韓国の「反日」解説。「反日」を左右対立に於ける政治運動ネタとして扱う本はヘイトポリスから糾弾されるのではなく、無視されるパターンが多いのだが、「韓国人」という主語を極力使わなければ、差別ではなく、異論として議論になってしまうので、ヘイト本認定するより無視が得策ではある。挺対協疑惑を反日種族主義効果と見ることはできないが、韓国が「反日」や「民族主義」でも左右が一枚岩ではなくなったことは確かか。左でもマルクスレーニン主義派(ML派ではなくPD派と呼ばれるらしい)と主思派(NL派)に分かれるが、北朝鮮に対する日本の「戦後賠償」獲得を課題とされた勢力が日本と韓国の政治決着を妨害するのは必然ではあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年08月10日Mon [03:14] 韓国  

韓国の大統領制と保育政策 



博論もの。国費留学生らしい。どっちの国費化分らんが、まあ韓国は日本への院生国費は無さそうだろうから、日本であろう。工学部出身とのことだが、日本には幼少期にも家族で滞在していた様だ。韓国には日本の様な待機園児はいないとのことで、文政権と安倍政権の比較かと思ったのだが、留学したのは10年くらい前みたいで、対象は朴槿恵時代まで。日本は先進国かと思っていたが、在日が貧困にあえいでいるのを見て驚いたそうだ。いつの時代だろう。日本はOECDの中で家族関係社会支出が最も低い国の一つとのことだが、韓国はどうかと言うと、それ以前の段階なので統計対象になっていないという。よく分らんが、韓国の支出は少子化対策に特化されていたのだが金大中政権以降、急速に支出を増やしているという。この辺が大統領トップダウン政策の国という違いがあるか。金大中も左派政権に含める向きはあるが、この時代までは旧来の地域主義を基盤とした選挙であり、ポスト3金時代になって、地域票に代わる票田を女性票に求めたのが廬武鉉だという。韓国が急にポリコレ大国みたいになってしまったのは別に386世代とか主思派が社会の主流となったからではなく、従来の地域恩恵政策に代わる女性受けする政策が必要になったからであって、クォーター制度は無論、慰安婦もその関係である。日本共産党が韓国の子分みたいなことをしているのも、韓国に倣って女性票を獲得できるという魂胆からかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年08月02日Sun [01:44] 韓国  

韓国現地からの報告 



今は亡き新書yで2冊出して以来、13年ぶりなのか。故洋泉社も、併合先の宝島も著者の分類では嫌韓本製造社になるから、出版を断ってきた分けではないだろうが、最初の著書も今のタイトル認定方式だったら嫌韓になるんじゃないのか。在韓日本人妻として30年目になるそうだが、今でも色々と心境の変化が多い人である様だ。この本は朝日のウェブ論座連載が主ということもあり、やはり韓国は正義を希求する国ということになるのだが、あくまでも韓国から見たら日本は不正義の国というだけの話であって、日本人がそう思う必要はなかろう。日本人中高年男性の「上から目線」がトラウマ化している世代だが、今の嫌韓はそれとは別のフェーズではないかな。そうなると、韓国は日本より賃金が高い、日本旅行は安いから行くというのも「上から目線」であろう。もう韓国は日本から学ぶことは無いというのはその通りかもしれんが、だから今は日本は韓国に学ぶべきというのはよく分からん。没落だの衰退だの言われても、もう日本はモデルを韓国に限らず、外国に求める国ではなくなったのではないか。NO JAPANではなくNO ABEだと言っても反アベ以外の日本人には届かんだろうし、安倍が韓国の独裁政権時代みたいな権力者みたいな捉え方しているとしか思えん。韓国の市民運動に学んで、日本市民がローソク革命でアベ政権を打倒したら、韓国人の「恨」と良心的日本人の贖罪感が解消されるんかな。


Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑