2017年05月26日Fri [05:34] 東アジア  

国のために死ねるか

国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書)国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書)
伊藤 祐靖

文藝春秋 2016-07-21
売り上げランキング : 13489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


よく分からんが、これは自衛隊特殊部隊創設者になるのか。PKO派遣地はあくまでも「非戦闘地域」ということになっているから、「特殊部隊」の出番の想定は例の不審船事件であった李、島の奪還作戦ということになるのだろうが、その時に躊躇ない行動を取れるかどうかは訓練で培われるものなのかどうなのか。具体的に言うと、人を殺せるかどうかなのだが、捕虜として捕らえるのは想定外の場面であろうし、国のために死ねるかは国にために殺せるかでもある。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年05月22日Mon [04:47] 東アジア  

帝国日本の外交1894-1922

帝国日本の外交 1894-1922: なぜ版図は拡大したのか帝国日本の外交 1894-1922: なぜ版図は拡大したのか
佐々木 雄一

東京大学出版会 2017-03-30
売り上げランキング : 249871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。毎日新聞の岩間陽子評が話題になっていた本か。新聞レベルでは滅多に見られない厳しい書評なのかもしれんが、査読レベルでは手甘いレベルではないのかな。北岡伸一門下で、大胆にも北岡とは違う見方に踏み込んでいる箇所もあるのだが、たしかに「なぜ版図は拡大したのか」という副題は違うような気がした。例によって、先行研究の少ないというところにオリジナリティを見出そうとしているのだが、この辺のテーマでその論理が成立するとは思えん。岩間陽子はお手本を見せたのかもしれんが、朝鮮も満洲も日本が進出しなければロシアの領土になっていたという命題ひとつとっても、学問だけで決着をつけるのは不可能である。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年05月20日Sat [05:29] 東アジア  

人の国際移動と現代日本の法

人の国際移動と現代日本の法 人身取引・外国人労働と日本の入管法制人の国際移動と現代日本の法 人身取引・外国人労働と日本の入管法制
大久保 史郎 吉田 美喜夫 樋爪 誠

日本評論社 2017-02-22
売り上げランキング : 264070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学術振興会のプロジェクト本らしい。国際人身取引要監視国に選ばれたことで、政府の反論に対する反証をしようというものか。難民ビジネスが跋扈する先進諸国の実態は日本より遥かに酷いが、日本がロシア(現在先進国身分停止中)と並んで先進国中唯一の監視国となったのはロシア同様、非西洋のアジアであるというのもさることながら、フィリピン人のエンターテイナー・ビザを発行しているとう法的な部分が決定打になった様だ。政府がお墨付きを与えているとも同然と判断された訳だが、その実態と対策、送り出し国であるフィリピン、そして他の「アジア」諸国の事例を通しての報告というものか。フィリピン人と第三諸国からの実績を伴わない若い女性の興行ビザは一律禁止が望ましいのだろうが、そうなるとフィリピンの方でも支障が出てくるので、国内の受け入れ構造破壊の方が対策としては望ましいか。反社会勢力と繋がりのないところはないだろうし。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年05月17日Wed [05:20] 東アジア  

日本の政治報道はなぜ「噓八百」なのか

日本の政治報道はなぜ「嘘八百」なのか (PHP新書)日本の政治報道はなぜ「嘘八百」なのか (PHP新書)
潮 匡人

PHP研究所 2017-02-16
売り上げランキング : 30546

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トランプ当選も予知していたそうだが、オスプレイの危険性を日本で初めて指摘したのは自分だという。だから私は嘘八百ではないという事の様だが、かといって、オスプレイ反対派などでは当然無い。例の機動隊の「土人発言」に関しては、日本を土人の国と表現した人が先にいて、それが浅田彰なのだという。浅田は土人の血税で運営している京都大学から給料もらって生活しているのだから、まず京大を辞めてから言えとのことだが、浅田は今、京都造形芸術大学なんだな。まあ、浅田が「失言」を謝罪するなどということは考えられんが、警察に向かって、国士舘だの拓殖だのと叫んでいた某「平和団体」のデモに出くわしたことはある。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年05月11日Thu [06:13] 東アジア  

総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 (日本近代の歴史)総力戦のなかの日本政治 (日本近代の歴史)
源川 真希

吉川弘文館 2017-03-02
売り上げランキング : 35088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


吉川の日本近代の歴史第六巻。吉川も最近は傾向出版が多くて、このシリーズも大日向純夫が企画編集の様だが、この著者の立ち位置はよく分からん。強制連行と従軍慰安婦は押さえているが、現在の政治との類似性を警告したり、天皇制元凶論といったものは無い。矢部貞治がしばし、時代の案内役の様な形になるのだが、研究対象にしているのかもしれん。研究者としてはそれは妥当なもんどえはあると思うが、現在ですら、学者視点と一般の乖離が顕著なのに、当時の学者がその時代の空気を体現していたかどうかは疑問である。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年05月07日Sun [07:20] 東アジア  

東アジア観光学

東アジア観光学―まなざし・場所・集団東アジア観光学―まなざし・場所・集団
金成玟

亜紀書房 2017-03-25
売り上げランキング : 363344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


北海道大メディ研とソウル大、中山大の共同プロジェクトらしい。初っ端妓生観光、次は軍艦島だが、別に糾弾ものという程ではない。中国と韓国でも出版されるそうで、文章はそのままではないかもしれんが、とりあえず興味を惹くテーマが求められたのだろう。日中韓共同となると、台湾は排除されるのかもしれんが、中国人の金門観光のは興味深い。春節時は大賑わいと思いきや、中国人は帰省するので、金門は閑散となるらしい。現在、金門は経由地化が顕著で、金門に泊まってもらうために色々と策が練られているとのこと。他には日本の中国人観光報道のもあるが、日本で環球が注目度ナンバーワンであるのと同様、中国でも産経が日本メディアの代表格になっているか。朝日、毎日も中国人観光客を他者化している点では産経と同じだとしているのだが、中国人観光客を他者化して、他の外国人観光客はそうではないということもなかろう。中国人Youみたいな番組があれば良いが、個人客が団体を上回るようになれば、そういう視点も出てこよう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年05月01日Mon [06:39] 東アジア  

異教のニューカマーたち

異教のニューカマーたち: 日本における移民と宗教異教のニューカマーたち: 日本における移民と宗教
三木 英

森話社 2017-01-05
売り上げランキング : 262616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


論集だけど、やけに読みやすいな。科研ものだが、このテーマは宗教学とか民俗学の中では珍しく、実学というか実用テキストに成り得るから、そうした想定もあるのだろう。最後は日本全国モスク訪問記である。こんなのは普通の研究書にはなかろう。ムスリムでなくとも使える。宗教やポリコレの立ち位地は執筆者によって温度差がある。最近もハラール問題を界隈が焚きつけるということがあったが、当事者でもない意識が高い病の連中が知りもしないで、自身の道徳的優越さを誇示したいがために勝手に差別を認定してはいけない。むしろそうした愚かさが世間の反動を招き、それに対する「カウンター」が正義を理由に過激化するというのはチキンゲームである。自分はニューカマーの「異教」が守られるのはあくまでも拡大志向がないものに限られると思っている。中西尋子は櫻井義秀と統一教会の共著を出しているから、危険にさらされているのだが、ここで論じられている韓国キリスト教の日本宣教の論理は統一教会と大差ないのではないのかと思う。事実、別の章で統一教会脱会者をオンヌリ教会がターゲットにしている事例が示されているのだが、日本を「ノム(奴)」と定義する宣教の形は中世の未開地宣教と同じ構図である。韓国人の宣教師過剰、歴史認識や儒教といった事情はキリスト教とは何の関係も無いはずである。韓国の宣教師に頼らずを得ない日本の教会に対する批判もあるが、現在の様な状況が続くと、キリスト教は日本で邪教という認識が広がる一方ではなかろうか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年04月20日Thu [06:18] 東アジア  

はとバス乗ったら知らない日本が見えてきた

はとバス乗ったら知らない日本が見えてきた (メディアファクトリーのコミックエッセイ)はとバス乗ったら知らない日本が見えてきた (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
野広実由

KADOKAWA 2016-05-26
売り上げランキング : 164320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この作品が該当作なのか分からんが、新コミックエッセイプチ大賞なるもの募集が載っている。著者としてクレジットされるのは漫画家さんなので、応募者はエッセイを送るという形らしい。大賞は10万円。担当者のレクチャーがあるそうだが、例によって、出版費用は自費という商売なのだろうか。「日本人の知らない日本語」はヒットした様だから、KADOKAWAであるし、それでも元が取れる可能性はあるのか。このはとバスガイドなどは社内規定に引っかかりそうだが、通訳案内士はフリーだからOKなのか。普通のOLだったが、ある日、通訳案内士の事を知り、試験を受けたら合格したとさらりと書いているけど、あれって結構難関じゃなかったかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年04月08日Sat [06:09] 東アジア  

日本のスパイ王

日本のスパイ王: 陸軍中野学校の創設者・秋草俊少将の真実日本のスパイ王: 陸軍中野学校の創設者・秋草俊少将の真実
斎藤 充功

学研プラス 2016-11-29
売り上げランキング : 321754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


秋草俊という人はソ連に抑留中に亡くなっているので、他の中野学校関係者に比べてあまり有名でない気がするのだが、家系図を見ると、息子に小田急常務、甥に電電公社総裁も富士通社長がいて、藤倉ゴムや日興証券社長も親戚らしい。家は館林の大地主だそうだが、陸軍中央幼年学校のエリートで、ハルビン特務機関のトップでもあった。当然ソ連にとってはA級戦犯であり、拷問も凄まじかったそうだが、死因が病死となっている。満洲国駐ベルリン公使館に赴任する際はソ連は入国禁止でシベリア鉄道には乗れず、上陸地のポルトガルのビザも出なかったので、香港に停泊した際にマカオでビザを取得したのだという。マカオでポルトガル本国のビザが取れたのか。マカオ自体はノービザだったんだな。中野学校関係の著作が多い著者だが、これが最後の中野学校本になるらしい。秋草俊のネタもあまりなかったみたいで、「ムー」の企画をが4年塩漬けになったそう。半分以上が過去の中野学校本の焼き直し。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

アジアの平和のために日本人が知っておくべきことアジアの平和のために日本人が知っておくべきこと
竹中 豊晴

幻冬舎 2016-04-10
売り上げランキング : 1570944

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幻冬の自費レーベルだと思うけど、株式会社タケナカというのは幾つもあるな。吹スタのプロジェクションマッピングに参加した大きな会社もあるけど、それとは違う様だ。文芸社から数冊出しているみたいだが、著者名を検索する幻冬と裁判になっているとかいうページが。タイトルだけだとパヨクっぽくもあるし、ネトウヨっぽくもあるのだが、民進党支持者だった。安倍を倒して、岡田が首相になれば、中国と話し合って説得できるのだという。せめて100ページくらいにしてくれれば助かったのだが、384ページもあるから、面倒だった。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年04月02日Sun [06:57] 東アジア  

東アジアの多文化共生

東アジアの多文化共生――過去/現在との対話からみる共生社会の理念と実態東アジアの多文化共生――過去/現在との対話からみる共生社会の理念と実態
権 寧俊 波田野 節子 田中 宏 堀江 薫 小谷 一明 木佐木 哲朗 後藤 岩奈 王 恩美

明石書店 2017-02-28
売り上げランキング : 816750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新潟県立大国際地域学部のプロジェクト本らしい。猪口孝はもう学長を辞めたみたいだが、国際地域学部と人間生活学部の二学部なのか。田中宏は編者の師匠か何かかな。在日朝鮮人差別ネタは息を吹き返したけど、「ヘイト・スピーチ」は別次元の問題であるから、同一化は苦しい。やはり、それを日本特有の歴史認識だとか閉鎖性に原因を求めてしまうと、世界中で起きている移民の問題が見えなくなる。韓国が外国人移民政策で先進的だとするのもどうかと思うが、制度を整えることではなく、その構造を見極めるにあろう。反グローバルはちょっと前まではリベラル側の運動だと思っていたのだが、最近は移民排斥の極右の運動にされているのか。社会主義だって今や帝国主義と同義であるし、その意味では多文化共生も帝国主義の思想である。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年03月30日Thu [04:32] 東アジア  

日本帝国の表象

日本帝国の表象: 生成・記憶・継承日本帝国の表象: 生成・記憶・継承
朴 美貞

えにし書房 2016-10-25
売り上げランキング : 911577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


えにし書房の論集は前にあったかな。学術書とは一歩引いた形のものが多かった気がするが、これはガチの科研成果本である。井上章一が異質であるが、丹下健三なので、別に間違ったところにいる訳ではない。朝鮮、満洲といった定番以外になぜかスロベニア。この時代は情報伝達という意味で、絵葉書がインターネットであり、テレビであったから、スロベニアに日本の絵葉書が多く残されているのは当然であり、おそらくは何処の国にもあるのだろう。ただ、それを史料として保存しているのは希少価値を認めているからである。通州事件のはこの後出た新書のダイジェストでもあるのだが、写真が大量に拡散されたのは絵葉書と同じ作用であろう。絵葉書も一種のプロパガンダではあるのだが、ISの処刑動画の如き残虐性の方に人々はより関心を抱くのである。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑