コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森からコンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森から
西原 智昭

現代書館 2018-01-20
売り上げランキング : 57988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


京大サル研の観察ものかと思ったのだが、研究畑ではなく、NGO畑の人で、段々とアジりっぽくなっていく。コンゴ共和国(ザイールじゃない方)で長く活動していて、世界なんちゃら日本人のオファーがあったそうだが、メディアは無知だし、芸能人レポーターとかもウザいから断ったらしい。とはいえ、何度も日本のテレビのコーディネーターはしているみたいで、世界遺産とかそういうのは良いのかな。親父さんが亡くなった時も知らずに現地でテレビの仕事をしていたみたいで、その関係もあるのかもしれん。最近のアフリカ本には中国が出てくるのがお約束なのだが、この手の話には関係ないかと思ったら、結構、中国の話が。何でもガボンで中国石化の石油探索が自然破壊を起こしていないか監視するチームのリーダーを務めていたとのこと。中国側はまさかガボンで日本人に監視されるとは思わなかったろうが、毎日森の奥で一緒に過ごしているうちに仲良くなって、次の国でも一緒にやろうと誘われたのだとか。一方で、日本の捕鯨やJICAの援助には批判的であり、中国の象牙取引監視システムは日本よりも進んでいるとも。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年07月21日Thu [03:15] コンゴ共和国  

THE SAPEUR

THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマンTHE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン
茶野邦雄

オークラ出版 2016-03-22
売り上げランキング : 18810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サプール本は3冊出たんか。NHK番組本も出てるみたいだが、先行した青幻舎のが売れたのかな。メインは写真だから、どれも大差なかろう。この本というか写真集には女性サプールと隣の旧ザイールの事情も少し。女性サプールは、普通にシャネルとかかと思ったのだが、男性サプールと変わらんもので、日本だったら、池袋乙女ロード辺りで違和感ないが、アフリカではどうなんだろう。ブラザヴィルなら許されるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年11月13日Fri [01:22] コンゴ共和国  

SAPEURS

SAPEURS  - Gentlemen of BacongoSAPEURS - Gentlemen of Bacongo
Daniele Tamagni

青幻舎 2015-06-13
売り上げランキング : 6389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


NHKの番組がきっかけかどうか分からんが、結構ブームになってんだな。アマゾンのNGO・NPO部門ベストセラー1位となっている。第2位が2012年に出た「図解でわかるNPO法人・一般社団法人 」だから、実際どれだけ売れてるのかは知らんが、しかし、なんでこの本がNGO・NPOジャンルになっているんだろう。写真を撮ったのはイタリア人の写真家で、世界のアフリカ人コミュニティにおける文化、信仰、音楽、ファッションやアートなどを掘り下げてドキュメントするプロジェクトを進行しているとのことだが、そのプロジェクトがNPOにでもなってんのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑