2017年07月19日Wed [05:03] アイスランド  

アイスランドと日本に架けた虹

アイスランドと日本に架けた虹アイスランドと日本に架けた虹
ソルザソン 美也子

同時代社 2017-06-26
売り上げランキング : 165823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


在アイスランド日本人風土記みたいなものだけど、同時代社はこんな本も出しているのか。著者はアイスランド在住48年という人だけど、同時代社からこれで3冊めらしい。分からんけど、日本にいた若き日に政治運動でもしてたんかな。当時は挫折組が『青年は荒野を目指す』的にシベ鉄でスウェーデンまで行って、皿洗いで稼ぎ、その最果ての地がアイスランドであったり、ヨーロッパからアメリカに渡る最安チケットがアイスランド航空のレイキャビック経由だったりしたので、アイスランドには日本の若者が入っていたと思うのだが、そういうのでは無い様だ。アイスランド語を学びに留学という人みたいだが、アイスランドの国自体がみんな家族みたいなものだから、日本人がいればほとんど兄弟姉妹みたいなものらしい。ただ、日本大使館が開設されたのは最近で、東京のアイスランドと同時らしい。経済危機より前だが、中国企業が国土の何割かを買い占めるなんていう話があった頃かな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年07月22日Fri [03:17] アイスランド  

ひつじ村の兄弟

映画
ひつじ村の兄弟 [DVD]ひつじ村の兄弟 [DVD]

ギャガ 2016-07-02
売り上げランキング : 39333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文芸座

予告編でほとんどストーリーが分かるのだが、ラストはたぶんカットされたな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年03月06日Sun [03:02] アイスランド  

大自然とカラフルな街アイスランドへ

大自然とカラフルな街 アイスランドへ (旅のヒントBOOK)大自然とカラフルな街 アイスランドへ (旅のヒントBOOK)
大丸 智子

イカロス出版 2015-08-28
売り上げランキング : 17450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アイスランド本も珍しいが、現地在住の人か。例の金融危機で通貨が暴落して、一時、旅行がしやすくなったと聞いたが、今はどうあんだろう。平常だとおそらく、ヨーロッパ屈指の高さかと思うが、消費税は23%か。それでも格安スーパーとかあるみたいだから、何とか生きては行けるのか。タイ人が多く移民しているので、タイ料理屋が多いというのは、どういう経緯なのか分からんが、出稼ぎとか、結婚とかで渡った人たちなのだろうか。タイ人には寒そうな国だが、北海道旅行が受けているのとは訳が違う。アイスランド料理というものイメージわかなかったが、それほど悪くなさそうだな。クジラは食えるのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年08月03日Sat [04:24] アイスランド | 本・雑誌 |読書メモ  

アイスランドからの警鐘

アイスランドからの警鐘―国家破綻の現実アイスランドからの警鐘―国家破綻の現実
アウスゲイル・ジョウンソン Asgeir Jonsson 安喜 博彦

新泉社 2012-12-13
売り上げランキング : 241583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アイスランドから警鐘が届いていたのか、届いていなかったのかユーロ危機なんてものも起きてしまったのだが、ギリシャなどはアイスランドの警鐘によって、炙り出されたものかもしれない。ということで、原書が2009年で、アイスランドの銀行調査部長だった当事者による本だから、十分警鐘である。翻訳がイマイチなのかよく分からない部分が多々あるのだが、その真偽はともかく、記録として残す必要性を感じたのだろう。大漁の日もあれば、全然ダメの日もあるが、経験に裏打ちされたデータを基に狙いを定めるという点で、漁業と金融は共通項があるらしい。ただ、アイスランド人がバブルに踊った事は確かだとしても、やはり仕手戦を仕掛けられたのが原因なのか。ロシアに看板を中国に土地を奪われることには抵抗がある様だが、冷戦時代の様なセーフティネットはもう働かないか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年03月02日Wed [11:56] アイスランド | 本・雑誌 |読書メモ  

ICELAND NOTE

ICELAND NOTE―24さい、わたしと、オーロラICELAND NOTE―24さい、わたしと、オーロラ
miyaco

yours‐store 2010-10
売り上げランキング : 329771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サンクチュアリ出版のコードだけど、新手の自費共同企画ものかな。24歳の「女の子」はアイスランドにオーロラを見に行くというだけの話なおだが、金融危機以降、旅行するのにはお安くなったのかな。その金融危機の話はマクドナルドが撤退したという以上には言及していないのだが、アイスランド航空の宣伝も人も出てくるから、タイアップがあるのかもしれない。日本大使館にも訪ねているのだが、このくらいの国だと大使も直接会ってくれるのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年03月05日Fri [00:26] アイスランド | 本・雑誌 |読書メモ  

アイスランド

アイスランド 地球の鼓動が聞こえる…ヒーリングアイランドへ (地球の歩き方GEM STONE)アイスランド 地球の鼓動が聞こえる…ヒーリングアイランドへ (地球の歩き方GEM STONE)

ダイヤモンド社 2009-10-31
売り上げランキング : 29189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


地球の歩き方GEM STONE。アイスランドは国自体が破産したとのことだが、ちっとは旅行しやすくなったんだろうか。以前は回転寿司一皿5000円以上はザラとか恐ろしいことが書いてあるのだが、それでも一皿100円はないだろう。このシリーズを読んで、行きたいなと思う国は、ほとんどないのだが、この国の観光資源の豊かさには瞠目する。通貨は破綻しても、観光産業や輸出産業には追い風だろうし、観光業のポテンシャルの高さはもちろん、基幹産業の漁業も有利な条件に恵まれていると言っても良かろう。私などはアイスランド産はもっぱら子持ちししゃもなのだが、チリの地震もあったから、今後はサーモン系もアイスランドが出てくるかもしれない。クジラが普通に食える国っていうの良いね。かつて小田実が「何でも見てやろう」で描写していた国会とか、官邸、外務省などが今も変わらず村役場みたいな素朴な感じであるのも好印象。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2009年12月28日Mon [13:55] アイスランド | 本・雑誌 |読書メモ  

よみがえれ!夢の国アイスランド

よみがえれ!夢の国アイスランド―世界を救うアイデアがここから生まれる (地球の未来を考える)よみがえれ!夢の国アイスランド―世界を救うアイデアがここから生まれる (地球の未来を考える)
Andri Snaer Magnason

日本放送出版協会 2009-10
売り上げランキング : 12846

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルからして、金融危機で国家存亡の危機に立ったアイスランドを応援する本かと思ったら、原書は危機前の2006年で、環境問題を絡めた文明論みたいなものだった。著者はこの本でアイスランド文学賞を受賞したとのことだが、翻訳は英語版からであろう。人口30万だと、アイスランド語作家として食って行くのは大変そうだが、作家の他に口承文芸研究家、自然保護活動家という肩書きが付いている。一応,日本向けにか、金融危機後の話も補足として付いているのだが、著者は2006年の段階で破綻は分かっていたとしている。ただ,その予言は本文には織り込まなかった様だ。訳者もあまりにもアイスランドに特化した話なので翻訳をためらったとのことだが、NHKも金融危機で「ホット」な国となったアイスランドに目をつけたはいいが、アイスランドのベストセラーは選ぶ程なかったのかもしれない。沖縄とジャマイカが米軍基地や鉱物資源に依存した経済の悪しき例として出て来るのだが、同じ島国として脱米軍基地、環境保護の国造りをしようという方向性に思わぬ落とし穴が待っていた訳だ。あちらでは低金利ということで、住宅ローンも円建てで借りたりしていたそうだけど、通貨が暴落してしまえばひとたまりもない。ユーロ入りは英国とかにオトシマエ付けてからではないと無理そうだが、ここはひとつグローバル化とかでかいこと言わずに島国根性で頑張って欲しい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑