日本とフィンランドにおける子どものウェルビーイングへの多面的アプローチ――子どもの幸福を考える日本とフィンランドにおける子どものウェルビーイングへの多面的アプローチ――子どもの幸福を考える
松本 真理子

明石書店 2017-01-30
売り上げランキング : 644980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィンランド教育ものも、PISA世界一から転落してから、嘘の様に本が出なくなったが、結局、日本が注目していたのは学力だけだったのかもしれない。ということで、その反省からなのか、内面ならまだ日本は負けているはずという多面的アプローチ調査。あちらでは一時期あまりにも日本からの視察が来るので、日本人の視察は有料ということに決まったそうなのだが、もう無料に戻ったのかな。在日のフィンランド人教師なども参加していみたいなので、一応、共同研究になるのかもしれん。イジメとか引き篭もりなども調査されているのだが、北欧は冬になると全国民引き篭もるんじゃないのか。顕著なのは日本の子供の自尊の低さで、内気な印象があるフィンランド人の自尊が高いというのは意外。サヨク界隈は日本スゴイ系叩きに必死だが、これも日本人の自尊心の低さに合わせたマーケティングであると思えば、そんなに血眼になる必要もないんじゃないかなという気がする。自尊心高い国で、自国スゴイ系は凶器になり得るが、自虐の国では清涼剤みたいなものだろうに。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年01月11日Mon [02:31] フィンランド  

ネウボラフィンランドの出産・子育て支援

ネウボラ フィンランドの出産・子育て支援ネウボラ フィンランドの出産・子育て支援
髙橋 睦子

かもがわ出版 2015-12-10
売り上げランキング : 22628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらは日共系本家かもがわの本であるが、著者はデンマーク語からフィンランド語へとらばーゆした人なのか。最初はフィンランド教育ものを出したみたいだが、ブーム終了に伴ってか、子育て保育と、「イクメン」需要に合わせてか低年齢化し。今回は出産・子育て支援か。たしかに少子化関連が、経済、年金制度、移民問題との兼ね合いもあって現在のトレンドではあるが。ネウボラという制度が育児経験のない私にはどれだけ先進的なのか分からんが、母子手帳+かかりつけ医みたいな感じかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年12月15日Tue [01:53] フィンランド  

お直し とか  カルストゥラ

お直し とか  カルストゥラお直し とか  カルストゥラ
横尾 香央留 上條 桂子

青幻舎 2015-07-23
売り上げランキング : 323906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ただの滞在記なのに、異様に読みにくい本だった。横尾忠則の関係かと思ったのだが、これも日刊イトイ新聞 の連載か。糸井がフィンランドに入れあげているのか、フィンたんの息がかかっているのか知らんが、ここはなんでもフィンランドだな。ということで、このお直しの人もフィンランドに行くのだが、その日記が章とかで途切れることなく最後まで続いている。日記というか通記というか、ただ記録として書いているだけみたいで、人に読ませるということは考えていないものなのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年11月14日Sat [00:02] フィンランド  

北欧フィンランド

北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪
てらい まき

実業之日本社 2015-05-15
売り上げランキング : 10266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やたら食い物ばかり出てくるなと思ったら、ご当地グルメコミックエッセイというものを主戦場にしている人なのか。たしかに飯は旅の半分くらいを占める要素ではあるのだが、フィンランドと旅飯のイメージを結びつけたのは「かもめ食堂」か。日本人御礼で営業している様だが、変に日本食だとか「洋食」を出すわけでもなく、フィン飯らしい。定食というか普通のワンプレが10ユーロ台というのは北欧にしては安い方なのかも。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年11月12日Thu [01:54] フィンランド  

フィンランドのおじさんになる方法。

フィンランドのおじさんになる方法。フィンランドのおじさんになる方法。
森下 圭子 武井 義明(ほぼ日刊イトイ新聞)

KADOKAWA/角川書店 2015-09-11
売り上げランキング : 108691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イトイ新聞に連載されていたものか。フィンランドはおじさんイメージとは遠いムーミンとかマリメッコの可愛い国だが、カウリスマキの映画があったか。となると、根暗で薄幸な男ということになるが、そんなおじさんをリアルで出しても本にはならないので、全員リア充親父である。ヘルシンキ辺りだと映画の様な陰気臭いのも大勢いるのだろうが、登場するのは森とか海に住む人たちばかり。嫁もパートナーも家もカネも全部揃って悠々自適でないと、日本女子の関心は呼べないし、日本男子のモデルにもならん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年10月20日Tue [23:18] フィンランド  

北欧フィンランド巨匠たちのデザイン

北欧フィンランド 巨匠たちのデザイン北欧フィンランド 巨匠たちのデザイン
島塚絵里

パイインターナショナル 2015-05-25
売り上げランキング : 498514

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィンランド・デザインものももう何冊もというくらい読んでいるのだが、巨匠が16人も揃い踏みか。日本でデザイン界の巨匠と言われている人が何人いるか知らんが、人口比では圧倒的にフィンランドの方が多いのだろう。例の五輪エンブレムの問題ではないが、デザインのオリジナル性追求はもはや困難であるからにして、フィンランドの様に国や企業がそのイメージを共有することの強みはあるか。トーベ・ヤンソンも入っているのだが、この人はムーミンだけではなく、小説もデザインも手掛けるマルチなアーティスト。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年10月17日Sat [23:57] フィンランド  

国家がよみがえるとき

国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由
古市 憲寿 トゥーッカ・トイボネン

マガジンハウス 2015-06-18
売り上げランキング : 10339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィンランドの街角でいきなりフィンランド人に「古市さんですか」と声を掛けられたというのもかつて共著を出した加藤嘉一と同じ匂いがするが、今回の共著は声をかけた人とは別のフィンランド人で、古市の著書を読んで共鳴したらしい。つまりは日本語で古市の本を読んだフィンランド人が少なくとも二人はいるということだが、国際的にも日本の気鋭の社会学者として認知されているのだろうか。ノルウェーに留学してたらしいが、「北欧教」になることもなく、フィンランド教育信仰についても疑問を呈しているところは○。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年05月13日Wed [21:57] フィンランド  

フィンランド人が語るリアルライフ

フィンランド人が語るリアルライフ: 光もあれば影もあるフィンランド人が語るリアルライフ: 光もあれば影もある
マルティ ツルネン Marutei Tsurunen

新評論 2014-12-26
売り上げランキング : 799059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


李小牧も落選したし、もう民主党の帰化人候補は難しいのではなかろうか。この著者の再出馬はなさそうだが、引退後はフィンランドと有機農法の啓蒙で食っていく様だ。ということで単に普通のフィンランド人のインタビュー集。そのうち二人は実の息子と娘で、日本で暮らしていたものの離婚した前妻と幼いうちに帰国したらしい。最近逮捕されたのは日本人の妻との間の息子か。実際に会ったことがない人のインタビューまであるのだが、日本に長く住んでいるからフィンランドにはあまり知り合いがいないのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

ムーミンを生んだ芸術家 トーヴェ・ヤンソンムーミンを生んだ芸術家 トーヴェ・ヤンソン
冨原 眞弓 芸術新潮編集部

新潮社 2014-04-16
売り上げランキング : 276648

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「藝術新潮」の本ということで、ムーミン以外にも画家としてのトーヴェ・ヤンソンの紹介に力を入れている。画家としての力量はよく分からんが、ムーミンのネーム・バリューを以ってしては売るに困るような絵はなかろう。元々美術大の出で、父親も画家、弟は写真家という芸術家の家系なのだが、弟が獲った姉のヌード写真なども掲載。フィンランドにおけるスウェーデン語についても説明あり。当時は大ふぃン主義が蔓延っていた時代だそうで、ムーミンの物語もそうした背景と無縁ではなかったとのこと。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年11月11日Tue [01:17] フィンランド  

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン
トゥーラ カルヤライネン セルボ 貴子

河出書房新社 2014-09-25
売り上げランキング : 20830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この人は今年生誕100年だったのか。ということで、世界各国で巡回展があって、開催された日本を含む各国でこの評伝の翻訳が出たらしい。著者はその回顧展のキュレーターを勤めた人で、原著はフィンランド語と思われるが、トーベ・ヤンソン自体はスウェーデン語で書き続けた人なので、ムーミンの母語もスウェーデン語である。トーベ・ヤンソンの父親はスウェーデン系フィンランド人で、母はスウェーデン人。共に画家でパリで知り合ったらしい。当時はスウェーデン語のプレゼンスが高く、トーべもスウェーデンに疎開していたりしていたので、生涯フィンランド語を勉強することはなかったという。幼い頃は戦争に翻弄され、マイノリティの芸術家という狭い世界に生きたせいか、グローバル志向が強く、ナショナリズムとは無縁だった様だ。父親が反ユダヤ主義者だったという事にも触れているが、フィンランド系である著者はトーべのそうした部分に多少不満があるのかもしれない。漫画家ではなく画家としの自画像。同性愛の素顔、ムーミン解題が軸だが、二段組で350ページはあるので、結構疲れた。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年08月27日Wed [07:44] フィンランド  

フィンランドのアラビア手帖

フィンランドのアラビア手帖フィンランドのアラビア手帖

パイインターナショナル 2013-12-20
売り上げランキング : 20798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


言うまでもないけど、フィンランドで作ったアラブ風の手帳の本ではない。アラビアがマリメッコと並ぶフィンランドの一大ブランドであることはマリメッコ本のお陰で知ってはいたのだが、ついにアラビア本も出たか。ヘルシンキのアラビア地区に窯を開いたことが名前の由来らしいが、元々はスウェーデンの会社の子会社だったらしい。アラビア地区がアラブに由来するのかどうかは分からん。ということで、陶器を本業とするのがアラビアなので、マリメッコの競合会社という訳ではないのか。むしろデザインでは相互補完的な存在みたいで、マリメッコ本にも登場していたマリメッコからアラビアに移籍した日本人デザイナーはこれまで一切陶芸の経験はなかったので、勉強の期間が与えられたという。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年06月04日Wed [03:41] フィンランド  

マリメッコ スタイリングBOOK

マリメッコ スタイリングBOOK: インテリアからアウトドアまで 365日、お気に入りのテキスタイルと暮らすマリメッコ スタイリングBOOK: インテリアからアウトドアまで 365日、お気に入りのテキスタイルと暮らす
井口 美穂

誠文堂新光社 2014-05-08
売り上げランキング : 81744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マリメッコ っていうのはやはり「カワイイ」柄なのだろうか。服とかだと、ちょっと着るのに勇気がいる様な気もするが、北欧の人間は外見が派手な分、着るものは概して地味目なものが多かった風にも思った。若い子だけでなく、オッサンもモデルで登場していて、マリメッコにゴム長靴というスタイルなのだけど、これをカワイイと思える感覚はオッサンにはなかろう。DIYで色んなものを作ってしまおうという趣旨みたいだが、マリメッコ柄の生地ってそんなに高くないのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑