2018年01月21日Sun [06:42] フィンランド  

マッティ、旅に出る。

マッティ、旅に出る。―やっぱり今日も憂鬱マッティ、旅に出る。―やっぱり今日も憂鬱
カロリーナ・コルホネン

方丈社 2017-11-21
売り上げランキング : 86041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨日のフィンランド・ベストセラーがもう一冊出てたので、消化。第2弾が出るのは必然なのだろうが、早くもネタ切れっぽいな。ただ、こんな感じで良いなら、仕事だの結婚だので、まだまだ何冊か出せるか。フィンランド人も異国で同胞と出会ったときの気まずさがあるということは分かったのだが、それがエストニア人とかスウェーデン人だったら、やはり会話は英語のままなのだろうか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年01月20日Sat [02:43] フィンランド  

マッティは今日も憂鬱

マッティは今日も憂鬱マッティは今日も憂鬱
カロリーナ・コルホネン

方丈社 2017-04-27
売り上げランキング : 19432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2016年にフィン欄で一番売れたコミックらしい。これをコミックと呼んでよいのか分からんが、元々、ネット上にあったものとのこと。フィンランド人の図書館貸出率は世界一とも聞くが、この本が売れたのか。最近も日本でムーミン論争があったけど、フィンランドでその後、コミック文化が花開くことはなかったのか。フィンランド人と日本人は似ていると思った人が多いみたいだが、たぶん、この世界の人たとは、どこの国でも似ているもの。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年12月03日Sun [08:20] フィンランド  

物語フィンランドの歴史

物語 フィンランドの歴史 - 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年 (中公新書)物語 フィンランドの歴史 - 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年 (中公新書)
石野 裕子

中央公論新社 2017-10-18
売り上げランキング : 12090

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィンランド本は一時期の教育本が濫造されたこともあって、他の北欧諸国の冊数を大きく引き離しているのだが、教育本とマリメッコなどのデザイン本以外はそれほど数があった訳でもない。それでも歴史には言及されるので、大筋の歴史は何となく分かっていたつもりだったのだが、「フィンランド化」などの黒歴史も含めての物語本は助かる。「収容所群島」の発禁もされたというのは今のフィンランドからすると信じられない話なのだが、最近の中国がオーストラリアやイギリスで続々発禁を勝ち取っているので、ますます「中国化」する日本も他人事でもないのかもしれん。ただ、フィンランドが現在の様な高度の民主主義体制をとれるのは実はロシア帝国時代にその嚆矢があるらしく、フィンランドが一貫して圧政を受けたというのは正しくなk,その多くの期間は高い自治を維持していたのだという。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年09月10日Sun [05:18] フィンランド  

フィンランド 育ちと暮らしのダイアリー

フィンランド 育ちと暮らしのダイアリーフィンランド 育ちと暮らしのダイアリー
藤井ニエメラみどり

かもがわ出版 2017-08-01
売り上げランキング : 107524

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも国際結婚移住組だが、こっとはかもがわか。普通のエッセイ本なんだけど、旦那の言語学博士含め、日本とフィンランドの研究者3名も略歴が併記されているのはなぜだろう。解説の人も「添え書き」という形で、半ページしか書いていないのだが、どうもこの3人は日本語・フィンランド語辞典の製作者みたいで、そのPRもあるのか。著者本人も千葉大修士で、旦那と出会ってフィンランド関係の修論になった様だ。千葉大は昔は日本語語学生のメッカだったけど、今はそうでもないか。2000年くらいだそうだが、その頃はフィンランドは知られていなかったという。世間的にはフィンランドが知られる様になったは例の学テ世界一になってからなのか。フィン・エアーは80年代から就航しているし、ムーミンも「かもめ食堂」も「東郷ビール(真偽不明)」もあったのだが、PISAの時にフィンランド教育本のラッシュがあって、世界一から滑り落ちたら、一気に沈静化したというのはあったな。フィンランドに学べはあっても、上海に学べが無いのはそりゃそうだなのだが、フィンランドへの教育視察団があまりに多くて、日本人からは金を取ることになったというのだから、著者などもその受入に追い回されていたのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月16日Fri [04:00] フィンランド  

白夜のタンゴ

映画
白夜のタンゴ [DVD]白夜のタンゴ [DVD]

紀伊國屋書店 2015-07-25
売り上げランキング : 58117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


誰がタンゴの起源はフィンランドなどと言ってるのかと思ったら、カウリスマキか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月13日Tue [05:40] フィンランド  

フィンランド・デザインの原点

フィンランド・デザインの原点 ―くらしによりそう芸術 (ToBi selection)フィンランド・デザインの原点 ―くらしによりそう芸術 (ToBi selection)
橋本 優子

東京美術 2017-04-18
売り上げランキング : 424181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


独立100周年か。ロシア革命と同じ年なのは意味深だが、記念の巡回展覧会があるらしく、それに合わせたものか。フィンランドのウリはデザインであるが、北欧を一括りにするのは間違いと最初に宣言しており、評価が高いスウェーデンやノルウェーのそれとの違いを出している。スウェーデンは家具とか機能性のデザインで知られるが、フィンランドはご存知マリメッコとかアラビアのデザイン性。その源流として絵画の紹介も。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年04月27日Thu [04:02] フィンランド  

MOIMOI そばにいる

MOIMOI そばにいるMOIMOI そばにいる
かくたみほ

求龍堂 2017-02-01
売り上げランキング : 150401

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィンランドも63冊も読んでいれば、MOIMOIが何を意味するかは分かるのだけど、モイモイ、ヘイヘイとかやはり日本語っぽい響きがあるな。写真はラップランドばかりなので、果たしてサーミ語でも同様の表現なのか分からんのだが、大学書林のページでは「北欧3国からロシアのコラ半島にかけての広い地域に住むサーミ人8万の半数の母語であるフィンランド語に近いサーミ語(ラップ語)」という記述がある。サーミの人の生活言語がフィンランド語化したのかもしれんけど。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年03月30日Thu [03:50] フィンランド  

福田利之といくフィンランド

福田利之といくフィンランド (玄光社MOOK)福田利之といくフィンランド (玄光社MOOK)
福田 利之

玄光社 2016-05-12
売り上げランキング : 258327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


福田利之 という人も知らんのだが、CDジャケットなどを手がけるイラストレーターなのか。別にマリメッコなどに興味があった訳ではなく、自分の作品集がヘルシンキのギャラリーで展示されているのを知人が見つけたからとのこと。なので、アートな旅なのかと思いきや、普通のガイドブックみたいなもので、前半部に現地のデザイナーのインタビューがある程度。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

日本とフィンランドにおける子どものウェルビーイングへの多面的アプローチ――子どもの幸福を考える日本とフィンランドにおける子どものウェルビーイングへの多面的アプローチ――子どもの幸福を考える
松本 真理子

明石書店 2017-01-30
売り上げランキング : 644980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィンランド教育ものも、PISA世界一から転落してから、嘘の様に本が出なくなったが、結局、日本が注目していたのは学力だけだったのかもしれない。ということで、その反省からなのか、内面ならまだ日本は負けているはずという多面的アプローチ調査。あちらでは一時期あまりにも日本からの視察が来るので、日本人の視察は有料ということに決まったそうなのだが、もう無料に戻ったのかな。在日のフィンランド人教師なども参加していみたいなので、一応、共同研究になるのかもしれん。イジメとか引き篭もりなども調査されているのだが、北欧は冬になると全国民引き篭もるんじゃないのか。顕著なのは日本の子供の自尊の低さで、内気な印象があるフィンランド人の自尊が高いというのは意外。サヨク界隈は日本スゴイ系叩きに必死だが、これも日本人の自尊心の低さに合わせたマーケティングであると思えば、そんなに血眼になる必要もないんじゃないかなという気がする。自尊心高い国で、自国スゴイ系は凶器になり得るが、自虐の国では清涼剤みたいなものだろうに。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年01月11日Mon [02:31] フィンランド  

ネウボラフィンランドの出産・子育て支援

ネウボラ フィンランドの出産・子育て支援ネウボラ フィンランドの出産・子育て支援
髙橋 睦子

かもがわ出版 2015-12-10
売り上げランキング : 22628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらは日共系本家かもがわの本であるが、著者はデンマーク語からフィンランド語へとらばーゆした人なのか。最初はフィンランド教育ものを出したみたいだが、ブーム終了に伴ってか、子育て保育と、「イクメン」需要に合わせてか低年齢化し。今回は出産・子育て支援か。たしかに少子化関連が、経済、年金制度、移民問題との兼ね合いもあって現在のトレンドではあるが。ネウボラという制度が育児経験のない私にはどれだけ先進的なのか分からんが、母子手帳+かかりつけ医みたいな感じかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年12月15日Tue [01:53] フィンランド  

お直し とか  カルストゥラ

お直し とか  カルストゥラお直し とか  カルストゥラ
横尾 香央留 上條 桂子

青幻舎 2015-07-23
売り上げランキング : 323906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ただの滞在記なのに、異様に読みにくい本だった。横尾忠則の関係かと思ったのだが、これも日刊イトイ新聞 の連載か。糸井がフィンランドに入れあげているのか、フィンたんの息がかかっているのか知らんが、ここはなんでもフィンランドだな。ということで、このお直しの人もフィンランドに行くのだが、その日記が章とかで途切れることなく最後まで続いている。日記というか通記というか、ただ記録として書いているだけみたいで、人に読ませるということは考えていないものなのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年11月14日Sat [00:02] フィンランド  

北欧フィンランド

北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪
てらい まき

実業之日本社 2015-05-15
売り上げランキング : 10266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やたら食い物ばかり出てくるなと思ったら、ご当地グルメコミックエッセイというものを主戦場にしている人なのか。たしかに飯は旅の半分くらいを占める要素ではあるのだが、フィンランドと旅飯のイメージを結びつけたのは「かもめ食堂」か。日本人御礼で営業している様だが、変に日本食だとか「洋食」を出すわけでもなく、フィン飯らしい。定食というか普通のワンプレが10ユーロ台というのは北欧にしては安い方なのかも。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑