FC2ブログ
2019年09月06日Fri [02:45] ウクライナ  

ルポ プーチンの戦争



毎日のモスクワ特派員だった人。クリミアが半分以上とウクライナ東部の「非ウクライナ」系取材メインなので、ウクライナ本というよりロシア本が適当かもしれんが、タイトル通りプーチンが出てくる訳でないので、サブタイの方を取ることにする。プーチンもロシアも国際世論を味方につけることが難しいのは大国の宿命でもあるのだが、かといってウクライナに同情が集まる訳でもないのはマジョリティである住民の意思というのも無視できないからではある。クリミアタタールも別に親露一色ということもないし、歴史的経緯を踏まえればその逆でもあろうが、ウクライナ政府の脱ロシア化が進むと、今度はウクライナに同化を迫られるという危惧はあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年12月30日Sun [04:26] ウクライナ  

ウクライナを知るための65章



ウクライナはもう出ていると思っていたのが、2011年に企画されたものの、ウクライナ危機で延期となり、ようやく出来上がったとのこと。現地で出す訳でもないのに、ウクライナ危機で延期される理由がよく分からんし、むしろ危機の最中に出した方が貴重な情報源として売れそうな気がするのだが、書き手が内容に関して現地と確認作業が取れなかったということなのだろうか。ウクライナ人が書いているのもあるが、別に通信が遮断されたいた訳でもなかろうし。情勢の変化を見届けるという必要はあったかもしれんが。アマゾンでカテゴリー1位のマークが付いていて、珍しいなと思ったのだが、ロシアの地理・地域研究というカテゴリーはどうなのよ。服部倫卓以下ベラルーシの知るためのと被っている人が多いみたいで、旧ソ連=ロシアという括りになるんかな。ウクライナは実はロシアよりポーランドと近似性があるという話は聞いていたのだが、ウクライナの脱露入欧を阻んでいるのは単純なウクライナ系対ロシア系ではない多民族、多言語を背景とした地域対立の構図がある様だ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年05月16日Mon [03:08] ウクライナ  

原発事故

原発事故 国家はどう責任を負ったか―ウクライナとチェルノブイリ法原発事故 国家はどう責任を負ったか―ウクライナとチェルノブイリ法
馬場 朝子 尾松 亮

東洋書店新社 2016-03
売り上げランキング : 45502

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東洋書店、復活が早かったな。中公とかも新社だが、この場合、人間は受け継いでも、借金は受け継がなくても良いのか。コードはさすがに受け継ぐことはできなかったみたいで、垣内出版となっている。元NHKの人が著者だが、番組モノとは関係ないみたいで、モスクワ大学卒のロシアプロパーなのか。共著の人は前にも東洋書店からチェルノブイリ法のを出しているが、前はロシア一本だったかな。ロシア、ベラルーシ、ウクライナと関係国はそれぞれチェルノブイリ法を持つが、ウクライナはロシアと対立して以降、財政的にも苦しいし、今後も現水準の被災者支援が続くかどうか不透明らしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年03月17日Thu [03:39] ウクライナ  

曝された生

曝された生曝された生
アドリアナ ペトリーナ 粥川 準二

人文書院 2016-01-23
売り上げランキング : 11240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原書は2003年で、2013年版が底本とのこと。著者はウクライナ系米人の人かな。来て写真を撮って帰っていく、ドイツや日本の調査団を批判していたりもしているのだが、ウクライナ政府の対策の限界は現在の混迷でますます深まったのだろう。国家予算の5%をチェルノブイリ対策に廻していたというから、大変な額だが、軍事費はそれ以上だろうし、どこに予算のしわ寄せがいくかは明白ではある。そうした予算にロシアの分担は無いのかもしれんが、特にロシア系などはチェルノブイリ法があるロシアへの移住のプッシュ要因にはなるのかも。そうしたことから、ウクライナには「西側」の支援が急務なのであろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年11月21日Sat [00:02] ウクライナ  

ウクライナ2.0

ウクライナ2.0 -地政学・通貨・ロビイストウクライナ2.0 -地政学・通貨・ロビイスト
塩原 俊彦

社会評論社 2015-06-15
売り上げランキング : 387954

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結局、ウクライナ本は意外と出なかったな。書き手が不足しているのか、出しても売れないと踏んだのか分からんが、日本人ではこの著者が孤軍奮闘しているくらいか。しかし、その奮闘ぶりが特殊過ぎて、広く一般読者に訴えるのは難しそう。前書きからバカはバカと罵倒すべきだとか暴走気味であり、マスコミとは逆ベクトルのアメリカ陰謀論、ロシア擁護を展開しているので、社会評論社くらいしか引き受けなかったか。東洋書店は店じまいしてしまったし。中国関係でいえば矢吹晋みたいなところだろうか。中村逸郎などはプーチンを悪魔化したとか名指しで非難されている。話がウクライナとかロシアに留まらず、通貨だのロビイストだのと脱線して、タックスヘイブンが付論となっているのだが、そうしったところを押さえておかないとウクライナ情勢は理解できないということなのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年08月22日Sat [17:18] ウクライナ  

ウクライナ日記

ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日
アンドレイ・クルコフ 吉岡 ゆき

ホーム社 2015-07-24
売り上げランキング : 53836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ウクライナの国民的作家とのことだが、民族的にはロシア人で、ロシア語の作家らしい。ゴーゴリなもはロシアとウクライナでその帰属の綱引きがあるらしいが、国民的という意味が問われる様になったのはソ連崩壊後で、それが顕著になったのは最近の情勢を受けてのことであろう。この著者は夫人はイギリス人らしいが、ウクライナとロシアの一方に与することもなく、ウクライナという国お分かりやすくヨーロッパに紹介するという目的で企画された様だ。フランス語版と英語版が先行出版されたとのこと。ウクライナ語は実際ロシア語よりポーランドの方に近似性があるらしいが、その意味でもベルリンの壁崩壊で西側がせり上がってきたという感覚があるのだろう。それを肯定的に捉えるか否定的に捉えるかは各自のアイデンティティに拠るのかもしれんが、親西欧とされる現政権もその実態は旧東側の影を引きずっている様な。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年02月14日Sat [01:36] ウクライナ  

ウクライナ・ゲート

ウクライナ・ゲート -「ネオコン」の情報操作と野望ウクライナ・ゲート -「ネオコン」の情報操作と野望
塩原俊彦

社会評論社 2014-10-10
売り上げランキング : 513573

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうもイマイチ分かりにくいウクライナ情勢のテキストがやっと出たと思ったら、ますます分からん様になってしまった。この著者の本はロシア本を何冊か読んだが、相変わらず情報の洪水である。元朝日新聞だそうだが、ウクライナ寄りの日本の報道に対して怒りをぶちまけている。それはたしかにアメリカ及び欧州のメディア工作はあるのだろうし、ユーゴ紛争やグルジア紛争でもそうだったのだが、ユダヤ・ネオコンの陰謀だちすると何か怪しくなる。突然柄谷行人を持ち上げたり、よく分からんところもあるのだが、ポロシェンコはスターリンだとか、ロシア側の報道による影響はあるか。日本の場合、親ロシアになる理由はない訳で、西側の報道を踏襲するのが無難かと思うが、旧ユーゴやグルジアでそうだった様に、紛争解決後はウクライナの政権も化けの皮が剥がれることにはなろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年01月11日Sun [00:21] ウクライナ  

ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち

ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち――ウクライナの取り組みに学ぶ (岩波ブックレット)ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち――ウクライナの取り組みに学ぶ (岩波ブックレット)
白石 草

岩波書店 2014-12-06
売り上げランキング : 34557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ウクライナ本もそろそろと思うのだが、まだチェルノブイリ本ばっかだな。この辺の人たちも内戦の影響は深刻であろうが、「チェルノブイリ法」はウクライナの独立予算でやっているのか。残留孤児もそうだが、28年経ってもチェルノブイリの子どもは子どもである。ただ、実際に影響が出始めているのは所謂被曝2世たちで、福島もこの先ずっとモニターが必要なのであろう。甲状腺被害は子どもたちがより顕著であるとされているのだが、今、戦闘中のドネツクの辺りまで甲状腺異常が見られるのか。汚染度からすると千葉県東部くらいだそうだが、これは食物の影響なのか。ウクライナ、ベラルーシ、ロシア3国の関係もおかしな方向に行って、医療体制、医薬品なども少なからずの影響が出ていると思うが、子どもたちは今後も生きた資料として活用されていくのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年06月07日Sat [01:38] ウクライナ  

流転チェルノブイリ2007-2014

流転 チェルノブイリ 2007~2014流転 チェルノブイリ 2007~2014
中筋 純

二見書房 2014-04-25
売り上げランキング : 239359

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


廃墟系の写真集。チェルノブイリ本もフクシマ以降、復刊とか翻訳が相次いだが、純新刊となると、こうした廃墟系くらいしかネタがないか。もっともダークツーリズムへの関心が高まっており、チェルノブイリがその方面で着目されるのは必然ではある。地元の意向とは関係ない振興策が勝手連により進んでいる訳だが、チェルノブイリの現状を見るまでもなく、そこで落ちるお金は東電の賠償金から見れば雀の涙程度であろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年01月13日Mon [00:17] ウクライナ | 本・雑誌 |読書メモ  

チェルノブイリ、現実の世界

チェルノブイリ、現実の世界チェルノブイリ、現実の世界
セルゲイ パスケービッチ デニス ビセネブスキー Sergey Paskevich

本の泉社 2013-11
売り上げランキング : 852340

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原著はロシア語らしいのだが、著者がどういう人でどこの国籍なのかは不明。訳者は神大で技官を長く務めてから助教になった人みたいで小出さんと重なるのだが、ロシア語の専門家という訳ではない様で、一般にもわかり易く書いたという翻訳もちょっと出来がイマイチ。イオンド大学名誉博士なのか。著者も訳者も原発に関してはどういう立場なのか分からんのだが、チェルノブイリのストーカーという部があって、警戒区域での観光、窃盗、偽装、ゲーム感覚での立ち入りといったチェルノブイリに寄生している人たちを糾弾している。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

「ジュノーさんのように」〈7〉1986年4月26日、チェルノブイリ原発の町プリピャチで起こったこと (叢書・民話を生む人びと)「ジュノーさんのように」〈7〉1986年4月26日、チェルノブイリ原発の町プリピャチで起こったこと (叢書・民話を生む人びと)
ジュノーの会

而立書房 2012-11
売り上げランキング : 1028534

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このシリーズはあと何冊出るんだ。いい加減付き合わなくても良いのだが、フクシマ事態で実売が出ているのかな。常識的に見れば20年近く前のボランティア会報をそのまま淡々と書籍化するのは、同窓会需要くらいなものかと思うのだが、史料的価値が生じたということなのだろうか。このシリーズはタイトルも見出しみたいなものばかりなのだが、このタイトルについては当日の1人の証言が収められているのみ。後はいつもの近況報告とか現地視察報告などだが、キエフで原爆展を開催したらしく、広島の証言などもある。会員だという入市被爆者から届いた手紙というのも掲載されているのだが、この人は満洲帰りだったらしく、家族や友人を酷い目に遭わせた旧ソ連邦の人間にはどうしても心を開けませんということを書いている。それに対して中国人は残留孤児を育てたとしていて、これはこの当時流行った「大地の子」の影響もあろうが、どうも残留孤児の神話化はソ連人の蛮行と対になって完成されたものかもしれないと感じた。昨日読んだ本では大西広が満洲で日本人はソ連兵に助けられたのだとか書いているのだが、大西の違和感って、もしかしたら中ソ対立という前提をすっぽり落として日中友好時代の幻想を原理化しているところにあるのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

「ジュノーさんのように」〈6〉チェルノブイリ原発事故の被曝国の市民・医師との交流進展する (叢書・民話を生む人びと)「ジュノーさんのように」〈6〉チェルノブイリ原発事故の被曝国の市民・医師との交流進展する (叢書・民話を生む人びと)
ジュノーの会

而立書房 2012-07
売り上げランキング : 789400

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このシリーズも、もう付き合わなくてもよいかなとも思うのだが惰性で。しかし、20年近く前の会報をそのまま復刻し。書籍化してアシは出ないのかな。史料として後世に残すということかもしれんが、それを支える会員は今も健在なのか。まあその頃、若手だった医師たちも今は高額所得者ではあろうが。ただ、この時代のウクライナはトンでもない時代で、医者や教師といったところの給与が底辺で、月額30ドル未払い半年といったものだった様だ。それで何とかこうした「西側」のNGOにすがりつこうとする人が大勢いた訳だが、こんな人を来日させるのはどうでしょうかと、履歴書がずらっと公開されている。さすがに患者である子ども達はプライベートな情報が含まれているので、取り扱いに注意してくださいと断っているのだが、個人名に病名とか発祥経緯とかも一挙公開。書籍化しといて取り扱い注意も糞もなかろうが、この子たちは今30歳前後になるけど、無事に成長したのだろうか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑