2018年07月19日Thu [03:33] ロシア  

娘たち

映画
ダウンロード (2)
フィルセン

客の前で窓口のシャッターを下ろすというのは共産主義的な絵になるな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年07月05日Thu [04:33] ロシア  

ロシア革命の再審と社会主義

ロシア革命の再審と社会主義―ロシア革命100年記念ロシア革命の再審と社会主義―ロシア革命100年記念
村岡 到 下斗米 伸夫 岡田 進 森岡 真史 佐藤 和之

ロゴス 2017-08-01
売り上げランキング : 965529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


よく分からん化石主義者の人だが、最近は「日本のサンダース」を名乗っているらしい。下斗米伸夫ら昔の同志が革命100周年で寄稿してくれているのだが、下斗米の古儀式派ものは自著の使い回しっぽいな。別の人からは「日本のサンダース」と名乗れるほど、名前が売れている訳ではないとかツッコミまで入れられる始末。ウィキを参照にする限り、日本のサンダースとの共通点は「社会主義者」を自認していることくらいなのだが、本家、サンダースは共産主義者は自認したことはないだろう。モルドバの労働組合とか中々そそられる寄稿もあり。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年07月04日Wed [02:02] ロシア  

アメリカのナボコフ

アメリカのナボコフ――塗りかえられた自画像アメリカのナボコフ――塗りかえられた自画像
秋草 俊一郎

慶應義塾大学出版会 2018-05-19
売り上げランキング : 236182

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ナボコフ研究家らしいが、分からんけど、英語文献解読のみの限界を感じたのかな。ナボコフがロシア語で書かなくなったから、ロシア文学に長い空白ができたという評価があるということは知らなかったが、ナボコフはソルジェニーツィンを文学者としてはダメ出しをしているらしい。ナボコフも「ロリータ」が売れるまではアメリカで生活に追われ、大学で初級ロシア語を担当していたりもしていた様だ。「ロリータ」も今のポリコレ時代であったなら、売れたかどうか分からんし、今後、「大草原の小さな家」の作者みたいに抹殺される可能性もあるのだが、当時でも、ナボコフは常に妻と一緒に被写体になることで、一種の免罪符を得ていたとのこと。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月28日Thu [02:30] ロシア  

ロシアの歳時記

ロシアの歳時記ロシアの歳時記
ロシアフォークロアの会なろうど

東洋書店新社 2018-06-01
売り上げランキング : 322173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東洋書店新社順調だな。垣内出版コードだが、旧社のコードはさすがに引き継げんか。ロシアフォークロアの会なろうどは40年前の結成で、79年から会報を出しているそうだが、その当時でもフォークロアでは「ソ連」ではなく、「ロシア」を冠するか。こうした民間信仰みたいなものはソ連時代に一掃されることはなかったとは思うが、最近になって復活したものもありそう。白夜の太陽の下、老いも若きも男も女も裸で水浴するので、間違いが起きやすいというのは乱パとかになるということなのか。サウナや海水浴の局面では裸であることが自然なので、そういう気分にはならいので、ヌーディスト・ビーチも成り立つという話をどこかで聞いたことがあるが、ロシアではそうではなかったんかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月06日Wed [19:44] ロシア  

ソヴィエト・ロシアの聖なる景観 

ソヴィエト・ロシアの聖なる景観 社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズムソヴィエト・ロシアの聖なる景観 社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズム
高橋 沙奈美

北海道大学出版会 2018-04-04
売り上げランキング : 899804

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。ではないのか。今となっては古儀式派がソビエトの黒幕であったという説も信憑を以て語られたりするのだが、ソ連の記憶が残る世代にとっては、宗教はアヘンという言説が未だ説得力を持っている。ソ連崩壊の経緯をみても、その背景に宗教問題があった事は見て取れよう。で、実際、ソビエト時代の庶民の宗教意識はどうだったのかという疑問が生ずるのはソ連の記憶が無いであろう世代の著者にとっては自然なことか。イスラム教を含めて、正教にしてもそれが宗教である意識は無かったというのは、ある種衝撃的な発見なのかもしれん。とはいえ、その辺は日本人の宗教感覚にも似た部分があって、キリスト教式結婚とか、初詣とか、クリスマスだとかはイベントであって、宗教ではない。ソ連崩壊後の混乱で多くの人が宗教に救いを求め、オウム真理教なども入り込んだのだが、それがソ連時代の非宗教社会の反動であったのかどうかは分からん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年05月27日Sun [03:34] ロシア  

スペツナズ

スペツナズスペツナズ
M.ガレオッティ 小泉 悠

並木書房 2017-10-10
売り上げランキング : 363739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


並木の軍事ものでは珍しいロシア関係。まあ軍事ヲタは実際イデオロギーはあまり関係なく、共産軍趣味みたいな人達もいるのだが、ロシア軍マニアとかはその流れを継いでいるのだろうか。ロシア特殊部隊は最近では悪名高いが、ソ連時代に評判が良かったということは国外であったわけではなかろう。プラハの革命を潰したのも特殊部隊というのは初めて知ったが、要員が一般人に紛れて、受け入れ体制を整えてから、部隊を一気に展開させたのだという。それが現在のロシアの歴史の中で黒歴史になっていないことは想像に難くない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年05月20日Sun [04:18] ロシア  

サハリンを忘れない

サハリンを忘れない 日本人残留者たちの見果てぬ故郷、永い記憶サハリンを忘れない 日本人残留者たちの見果てぬ故郷、永い記憶
後藤悠樹

DU BOOKS 2018-02-23
売り上げランキング : 203785

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


残留日本人ものだが、ディスクユニオンのレーベルだな。店売りもしているのだろうか。前に高文研で玄武岩とかが出した本があったが、その写真を担当した人。登場人物は同じみたいだが、元々、この著者がライフワークで撮っていたところに玄武岩た北大の研究者が便乗したのだろうか。朝鮮人と結婚した日本人女性の「血と骨」的な話もあるのだが、こういうのは玄武岩本にはあったかな。中国残留孤児でもサハリンでもそうだが、祖国に対する思いはあっても、住んでいる国に対する断罪はあまり聞かれないのが日本人の特徴でもある。日本で育った訳でも、日本人として育てられた訳でもないので、民族的性格とは相関性が無いと思うが、こうした人生の軌跡を辿ると、あらゆる国家とは距離感が生じるのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年05月17日Thu [04:03] ロシア  

リアリズムの幻想

リアリズムの幻想──日ソ映画交流史[1925-1955]リアリズムの幻想──日ソ映画交流史[1925-1955]
フィオードロワ アナスタシア

森話社 2018-04-05
売り上げランキング : 395990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。京大だから原文日本語かな。英語かもしれんが、内容から察する限り、著者は日本語は読みこなせる様だ。このテーマはちょっと前に演劇編のを読んだけど、日ソ映画交流というと、黒澤明と栗原小巻のしか思い浮かばん。あとは「惑星ソラリス」のシーンとか。しかし、時期は1955年までなので、それより20年くらい前までの話。レニングラードに留学した亀井文夫や亡命した岡田嘉子もいるが、日ソ映画交流というほどの功績はなかろう。ところが、1932年に「大東京」という日ソ合作映画が制作されていて、山田耕筰が音楽を付けている。「東京行進曲」が繰り返し使われるそうだが、これは視てみたい。本家の「東京行進曲」はフィルセンで観たが、かなり良かった。この時期は日ソ関係の黄金期だったそうだが、戦後は1955年まで、日本映画が公開されることはなかったという。亀井文夫の「女ひとり大地を行く」も公開に際しては批判があったそうで、娼婦の下着姿や風呂場でのシーンにソ連人は衝撃を受けたのだという。70年代のCMではお茶の間にオールヌードが流れたりしたみたいだが、社会主義リアリズムの時代はさすがに性のリアリズムは表現できなかったのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年05月01日Tue [06:06] ロシア  

おもしろ日ロ関係散歩道

おもしろ日ロ関係散歩道おもしろ日ロ関係散歩道
菅野 哲夫

東京図書出版 2017-03-24
売り上げランキング : 994226

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東銀のロシア語プロパーだった人で、みちのく銀行の現地法人社長を務めたらしい。ロシアのみちのくも北朝鮮とあしぎん同様に失敗に終わったようだな。それで「63歳から本を出す会」を主唱して東京図書なのだが、アマゾンの提灯レビューはその会員かな。ソ連時代からロシアに関わっているのだから、体験記を中心に書けば良いのに、延々とロシアの歴史が綴られていて、正直「おもしろ」ではない。ロシア愛は分かるのだが、内容とマッチしていない副題は政府を揶揄したつもりなんかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年04月10日Tue [08:29] ロシア  

シベリア抑留最後の帰還者

シベリア抑留 最後の帰還者 家族をつないだ52通のハガキ (角川新書)シベリア抑留 最後の帰還者 家族をつないだ52通のハガキ (角川新書)
栗原 俊雄

KADOKAWA 2018-01-10
売り上げランキング : 211884

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


毎日新聞の「あの戦争」担当らしい。い岩波新書でもシベリア抑留を出しているみたいだが、どんなんだったかな。岩波取材ネタの一つであったかもしれんが、全体像ではなく、個人を追ったもの。岩波新書は小熊英二で同種のものが出ている。中国戦線に比べて、シベリア抑留はネタにしやすいというのはあるだろうが、当局の検閲は日本軍以上である。ソ連がアメリカみたいに日本語検閲要員を育成したという話は聞かないが、悪名高き「日本新聞」など、内なる検閲者は揃っていたのだろう。最後になったのは、この主人公が満鉄調査部であったからであるのだが、形として「戦犯」扱いできる者はカードとして、日ソ交渉にも使われたらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年03月29日Thu [04:54] ロシア  

チョコレート物語

チョコレート物語: 一粒のおくり物を伝えた男チョコレート物語: 一粒のおくり物を伝えた男
佐和 みずえ

くもん出版 2018-02-02
売り上げランキング : 363824

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


くもん出版は公文なのか。公文の幼児向けドリルの版元らしいが、これもYAより下の小学生からという児童書扱いの様である。著者は双子で1人のペンネームを使うという藤子不二雄式の人らしいが、児童書のよろす作家であるらしい、モロゾフも資料を渡され、物語化させたのだろうが、モロゾフの商標を巡るゴタゴタなど子供向けでない話は割愛されていて、商号はバレンタイン製菓店しか出てこない。知らんかったが、モロゾフはロシアからハルビンを経て日本に来たのではなく、ロシアからアメリカに移住後に日本に来たらしい。アメリカでは思うように商売ができず、関東大震災後の日本に外人が少なくなったのでチャンスが有ると思ったそうなのだが、そいうパターンは珍しいな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年03月17日Sat [05:18] ロシア  

ロシア現代史再考

ロシア現代史再考ロシア現代史再考
山内聡彦

垣内出版 2017-12-20
売り上げランキング : 267191

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


NHKのロシア・プロパーだった人。去年定年になった様だ。東洋書店は新会社になっても、ロシア路線で行くしか無いか。プーチンにもごルビーにもインタビューしたことがあるそうだが、元同僚みたいにプーチンにいかれてしまうこともなく、淡々とソ連崩壊から現在までの流れを記している。ウラジオストック支局がNHKで一番行きたくない支局に選ばれたそうだが、ヨハネスブルグ、イスラマバード辺りの方がマシということなのか。ソ連時代からのロシア・プロパーであれば、かつては入れなかったウラジオに住むのも乙であろうけど、若手にとっては、ニュースもモスクワ発がほとんどだし、パッとしない町ではあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑