2017年08月20日Sun [00:00] デンマーク  

デンマークの親は子どもを褒めない

デンマークの親は子どもを褒めない 世界一幸せな国が実践する「折れない」子どもの育て方 (新書企画室単行本)デンマークの親は子どもを褒めない 世界一幸せな国が実践する「折れない」子どもの育て方 (新書企画室単行本)
ジェシカ・ジョエル・アレキサンダー 鹿田 昌美

集英社 2017-07-26
売り上げランキング : 6893

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


集英社だが、新書企画室単行本って何だろう。集英社新書の企画室が新書ではなく、単行本で出したものなのかな。定価は高くなるが、育児専門書に近いので、新書では出せないと判断したのだろうか。アメリカ人がデンマーク人と結婚して、デンマーク礼賛本というのは前にも有ったような気がするが、「英国一家」の嫁もデンマークだったかな。「世界一幸せ」の指数も色々あって、コロンビアとかが上位に来る自認度とかブータンの勝手世界チャンピオンとか、デンマークは国連のだったかな。つまりは客観的に見てデンマークが一番幸福だということなのであろうが、人口が少なく、国民に教育を満遍なく供給できるという話だと思う。デンマークの親が特別優れているということでもないのだろうけど、国の環境は真似ることはできないから、親の教育がスゴイということをでっち上げるしか無い。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年01月13日Fri [05:37] デンマーク  

デンマークの教育を支える「声の文化」

デンマークの教育を支える「声の文化」: オラリティに根ざした教育理念デンマークの教育を支える「声の文化」: オラリティに根ざした教育理念
児玉 珠美

新評論 2016-12-06
売り上げランキング : 324907

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。新評論の北欧教系ではあるが、例の「世界一幸福な国」の秘密は声にあると見ているのか。確かに声を発する生活をしている人はそうでない人より幸福感が強いのかもしれんが、どうでも良い話をすることは苦痛な人は世の中には一定以上いる訳だし、そこに因果関係があるとしても、国民全部が幸福感を得なくてはならないというものでもなかろう。デンマークには教育に於ける「声」の役割を重視した有名な人がいるらしく、この規模の国であれば、その実験を導入することは可能か。年中声出してうるさいのは中国人というのが最近の一般認識であろうが、中国人がそれで幸福感を得ている訳でもなかろうし、中国人が皆、やかましい訳でもなく、無口な人も決して少ない割合ではない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月06日Sun [05:16] デンマーク  

デンマークに学ぶ介護専門職の養成

デンマークから学ぶ介護専門職の養成デンマークから学ぶ介護専門職の養成
成清美治

学文社 2016-10-11
売り上げランキング : 199844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「英国一家」の人は疑問符を付けたデンマークの幸福度なのだが、依然として、福祉分野は信徒が多いか。日本の介護保険制度はドイツモデルらしいが、実践は明確なモデルがあった訳ではないのか。北欧は成人した子と親が同居することのない社会とも言われるが、それも国の福祉制度が確立されて以降のことではないのかな。となると、高福祉になればなるほど家族の絆なんてものは失われるということにもなりかねんのだが、実際そういうところはあろう。介護士養成でデンマーク語の単位が必須というのはその成り手の多くが外国出身ということを表しているのだが、いずれ日本もそういう時代になるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月03日Thu [06:07] デンマーク  

イスラム過激派二重スパイ

イスラム過激派二重スパイ (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ II-8)イスラム過激派二重スパイ (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ II-8)
モーテン・ストームほか 庭田よう子

亜紀書房 2016-06-28
売り上げランキング : 190746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


デンマークで大騒ぎになった話みたいだが、日本ではあまり報道されんかったね。アウラキ殺害は米国が米国市民を殺害することが合法かどうかで揉めていたけど、その情報提供者となっていたのがこのデンマーク人の改宗ムスリム。二重スパイと言っても、アルカイダ側に情報を提供していた訳でもなく、CIA、MI5、デンマークの情報機関であるPETに情報を提供していたのだから、片側三車線みたいものか。結局、PETと揉めて暴露という形になったのだが、この辺は闇の話なので、真偽は分からん。デンマークの情報機関は国の規模からして、素人集団であるのはやむを得ないのかもしれんが、コペンハーゲンで有本恵子さんの写真を撮っていた西側の情報機関というのはこのPETなのかな。改宗白人ムスリムは「イスラム過激派」に重宝されるのは必然だが、冷蔵庫だのノートパソコンだのをわざわざデンマーク人改宗者に持ってこさせるかな。イエメンだったら、ドバイからでも手に入るだろうし。それはともかく、イスラム教徒の場合、ムスリムはブラザーとなるので、表面上、疑ってかかれないというのはあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年09月16日Fri [06:32] デンマーク  

大正十五年のヒコーキ野郎

大正十五年のヒコーキ野郎: デンマーク人による飛行新記録とアジア見聞録大正十五年のヒコーキ野郎: デンマーク人による飛行新記録とアジア見聞録
長島 要一

原書房 2016-08-26
売り上げランキング : 495172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コペンハーゲン在住のデンマーク研究の人らしい。日本デンマーク関係史に於ける歴史上人物でこのデンマーク人飛行士の占める位置はそう高くはない様だが、大正から昭和にかけての時代では、日デン双方でよく知られた人だったらしい。朝日の自社機大陸横断はリンドバーグの影響の方だろうが、このデンマーク人の飛来に朝日は社機を飛ばせて出迎えている。やはりここでも毎日と出迎え合戦があった様で、毎日は自社機を先回りさせ、上空で曲芸飛行をしてみせたのだとか。その様に日本では官民挙げての大接待であったのだが、中国では不時着して、路頭に迷ったり、盗難にあったり、ほとんど冒険の世界である。このデンマーク人が日本をアジアの別世界の様に感じたのは無理からなるところだが、横浜で既に日本に20年以上滞在しているデンマーク人老人とも邂逅している。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~
荒俣 宏 ゲアダ・ヴィーイナ

新書館 2016-03-04
売り上げランキング : 392934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


荒俣本を読むのは実に久しぶりなのだけど、前に何を読んだのか記憶にない。こういう感じの評伝は珍しいのかな。古書ハンティングで日本の少女漫画の源流ではないかと渡りを付けたものだったらしいが、調べていくうちに、その絵よりもその画家とモデルの方に興味が移ったらしい。ベルエポック時代のパリで活躍したデンマーク人女流画家なのだが、モデルとなっているのはその元夫。ただし、描かれているのは女性である。同国人の元夫は性転換して女性となった人で、手術は4回とのこと。この時代の性転換手術であるから、身体的に無事であるはずもなく、肉体的にも精神的にも厳しい状態であったそうだが、この時代としては特異な二人の関係に猟奇的なものを見出した様だ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年03月14日Mon [02:33] デンマーク  

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方
小澤 良介

きずな出版 2015-11-21
売り上げランキング : 140251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そういう事実があるのかどうか分からんし、デンマークの初任給と日本のそれは意味合いが微妙に違う様な気もするのだが、言えるのはただのPR本ということ。アマゾンで提灯を幾つか投入しているけど、ゴミ評価も。デンマークの話など序盤ちらだけで、北欧デザインとの絡みだけか。インテリア屋らしいが、デンマーク人は初任給でイスを買うから世界一幸福である訳などなかろう。GNH世界一のブータン人は初任給でイスを買うなんて話は聞いたことが無いが、自分の人生でイスなど買ったことがあったかなとふと思った。別に幸福でも不幸でもないのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年12月30日Wed [02:45] デンマーク  

高卒でも大使になれた

高卒でも大使になれた――私を変えた人生のその一瞬高卒でも大使になれた――私を変えた人生のその一瞬
藤田順三

海竜社 2014-12-12
売り上げランキング : 284750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルそのまんまの話だが、このタイトルはあしなが育英会のドンが付けたものか。あしながはどうでも良いのだが、この大使も遺児であった訳ではない。五商から神戸銀行だと当時はエリートと言えるだろうし、現在でも商業高校から都銀というコースはある様だ。外務省も高卒採用があるのだが、この人がすごいのは銀行を辞めて、独学で語学採用の道を切り開いたことで、その間高校職員や寺男の採用試験まで落ちたという。安倍総理と同じ病気を抱えていたのかもしれんが、外交官という仕事では苦労を察する。デンマーク語となったのは186㎝というこの年代では珍しい高身長と関係あるのか分からんが、ウガンダが初めての発展途上国への赴任で、デンマークの他、ジュネーブやブリスベーンといったところが任地だったらしい。嫁は9歳上の元デンマーク人外交官で、外交官のみならず、デンマークにも元が就くのは当時は外交官が外国籍の人と結婚する場合、4年以内の日本国籍取得が求められたからか。阿南嫁が日本国籍なのもその事情だが、この種の規定は昔はどの国でもあったのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年09月26日Sat [00:12] デンマーク  

デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由

デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由
マレーヌ・ライダル 田中裕子

サンマーク出版 2015-08-24
売り上げランキング : 110284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フランス在住のデンマーク人が書いたもので、原著フランス語らしい。18歳で渡仏して以来19年もフランスに住んでいるそうだが、離れてみたら我が祖国は欧州内であっても何処も同じか。フランスでデンマークがどういうイメージなのか分からんが、パリであったら田舎者扱いされるところはあるのかも。それでデンマーク人の幸福度はフランスとは比べ物にならんということが言いたかったのかもしれんが、デンマーク人の長所は謙虚であるというのだから分からん。そんなにデンマークが良いのに何でフランスに住んでいるんだとは案の定言われているみたいだが、こういう自我主張はフランスでは必要なのかもしれん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

イェンセン家の北欧スタイルの暮らしと手作り (ジョルニの本)イェンセン家の北欧スタイルの暮らしと手作り (ジョルニの本)
マリコ・イェンセン

実業之日本社 2014-10-09
売り上げランキング : 315172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジョルニという雑誌は知らんかったが、海外のおしゃれなライフスタイルを紹介するというものらしい。そうなるといきおい北欧だとかパリだとかになってしまうのだが、著者みたいなデンマーク人と結婚した人はスター扱いになるのかな。とはいっても、住んでいるのはデンマークではなく鎌倉。鎌倉だけど、ライフスタイルはデンマークですよというには痛々しい感がしないでもないが、デンマークから夫の家族も呼び寄せてDIY生活というのがミソらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2015年06月19日Fri [09:49] デンマーク  

デンマークのヒュッゲな生活空間

デンマークのヒュッゲな生活空間―住まい・高齢者住宅・デザイン・都市計画デンマークのヒュッゲな生活空間―住まい・高齢者住宅・デザイン・都市計画
中島 明子

萌文社 2014-11
売り上げランキング : 517039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


萌文社は萌え本を出しているところではなく、精神医療関連なのか。ルーテルセンタービルに入っているみたいだから、そっちの関係なのかもしれんが、デンマーク、北欧本を多く出しているのもその関連か。ちょっと前までは地上の楽園みたいな内容の北欧教本がまかり通っていたのだが、最近は曲りなりにも批判的見地が散見されるようになった。これも右傾化しているのは日本だけではないという話だが、あとらは右傾化どころか移民排斥を訴える政党が議会を席巻し、ヘイトスピーチどころか、死人が出るテロが起きているので、さすがの北欧教徒も形無しである。とはいえ、福祉、環境といった制度そのものは日本が参考すべきものであることはたしかだろう。あくまで功罪共にだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年11月09日Sun [07:48] デンマーク  

明治の国際人・石井筆子

明治の国際人・石井筆子: デンマーク女性ヨハンネ・ミュンターとの交流明治の国際人・石井筆子: デンマーク女性ヨハンネ・ミュンターとの交流
長島 要一

新評論 2014-09-25
売り上げランキング : 683057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鞍馬天狗のモデルとされる人物の姪がこの石井筆子という人らしい。だから国際人という訳ではもちろんなくて、津田梅子らと同じ明治期の女子留学生の先駆けとなった人である。留学先はヨーロッパで、帰国後は鹿鳴館の舞踏会にも参加し、外国人と交流が活発であった様だ。そんな中、知り合ったのがデンマーク人女性のヨハンネ・ミュンターという人で、デンマーク在住の研究者である著者が着目したのはこのデンマーク人の日本滞在記。表題は石井筆子ではあるが、内容的にはヨハンネ・ミュンターの滞在記の抜粋が中心である。ロティら当時のヨーロッパ人による日本人女性に関する観察は男性視線が明白で、それが現在に至るまで日本人女性のステレオタイプを形成している観もあるのだが、ヨーロッパ人女性による明治期日本人女性との交流記録というのは貴重なものではあろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑