2013年07月02日Tue [04:24] ブルガリア | 本・雑誌 |読書メモ  

ミルクを食べる肉を食べる

ミルクを食べる 肉を食べる―ブルガリア食文化ノートミルクを食べる 肉を食べる―ブルガリア食文化ノート
馬路 泰藏 馬路 明子

風媒社 2012-11
売り上げランキング : 517577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国で受けそうな名前の著者だけど、日本語でも「マジ」さんとお読みするのか。夫婦ともに栄養学が専門で、縁あってブルガリアを視察旅行した時の記録らしい。ブルガリアといえばヨーグルト一色なのだが、栄養学の専門家としてはそれではツマランと肉の方にも注目。ヨーグルトの国だから牛が中心なのかと思ったのだが、豚が多く、牛飼い、羊飼いならぬ豚飼いという人たちがいるらしい。ブルガリアはオスマン帝国の支配下が長く、トルコ系住民の割合も高かったと思うが、逆にそのことがブルガリア人土着の食物として豚肉が珍重されたのかもしれない。ユダヤ系はほぼイスラエルに移民し、トルコ系もその多くがトルコか西欧へ移住したみたいだが、豚肉文化は今度はEUという新たな障壁と対峙することとなってしまった様だ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2012年12月26日Wed [01:31] ブルガリア | 本・雑誌 |読書メモ  

ヨーグルトとブルガリア

ヨーグルトとブルガリア: 生成された言説とその展開ヨーグルトとブルガリア: 生成された言説とその展開
マリア ヨトヴァ Maria Yotova

東方出版 2012-11-15
売り上げランキング : 28719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論ものなのだが、ブルガリア人留学生がこの研究テーマというのもそのまんまと言うか何と言うか。食品化学専攻とかではなく、文系の人みたいだが、まあ文系だと最大手の中国人留学生も韓国人留学生も99%は自国ネタ研究だから、ブルガリアだからヨーグルトというのも分かり易いと言えば分かり易い。実は本人もブルガリアでも日本でブルガリアと言えばヨーグルトのイメージということは知れ渡っているそうで、琴欧州が出て来る前は自国と日本を結ぶものはヨーグルトという認識だったらしい。そうしたヨーグルトを通した日本との関係史は本文に詳しいが、その嚆矢は園田天光だったらしい。園田が宣伝し、自家製のを配りまくった結果、60年代にちょっとしたブームが起きたらしいが、それを製品化した明治とは齟齬が生じたのだとか。天光光はダンナの直にも食わせて健康を取り戻したとかで、ヨーグルトはあくまで家庭で愛情以って作るもので、カスピ海とかケフィアみたいにほっとけばできるヨーグルトにも興味を示さなかったらしい。ブルガリアでも基本は自家製なのだが、ここにEU基準という壁が生じて、農家が自家製のヨーグルトを売ることが出来なくなってしまうのだという。ダノンの様な多国籍企業も進出する中、地元企業も変革を迫られ、明治が開発した菌で「日本式」をウリにした製品も出ているらしい。当初はブルガリアで作ったものでないものに、ブルガリア・ヨーグルトなとネーミングするのはまかりならんと言うことで明治と少なからずの攻防があった様だが、今ではブルガリア・ヨーグルトの菌はブルガリアに無く、日本に移民したと言われているらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年06月03日Fri [00:08] ブルガリア | 映画 |映画  

ソフィアの夜明け

映画
ソフィアの夜明け [DVD]ソフィアの夜明け [DVD]
カメン・カレフ

紀伊國屋書店 2011-05-28
売り上げランキング : 8044

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フィルセン

映画はともかく、なんで質疑応答があると、いつもバカっぽい質問しか出ないんだろう。まあバカだから質問しているんだろうけど。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年06月11日Fri [00:51] ブルガリア | 映画 |映画  

世界は広いー救いは何処にでもある

映画

フィルムセンター

社会派入って、EU理念入れれば評価は高いんだろうけど、話は陳腐じゃないかな。
ハンガリー娘とのコイバナは如何にも取ってつけた様だし、最後のサイコロおちには場内失笑が。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年06月06日Sun [14:53] ブルガリア | 本・雑誌 |読んだ本  

ブルガリアン・ブルー

ブルガリアン・ブルーブルガリアン・ブルー
K.Markova Katerina

バルカンブリッジ 2010-03
売り上げランキング : 672788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブルガリア本もヨーグルトとか琴欧州で知られている割には少ない。文学や映画、音楽といったメインストリーム文化で世界的巨匠を出していないからだろうか。そんな空白の穴を埋めるべくか恒文社のコード、バルカン・ブリッジ社名義での在日ブルガリア人女性によるブルガリア啓蒙本。ブルガリア料理講習会など全国にブルガリア伝道に歩いているらしく、その際のタネ帳をそのまま本にした感じ。レシピも多いが、ブルガリアの歴史、地理、伝統行事に小学校などでは民族融合を説いたりもしている様だ。共産主義体制崩壊の一因ともなったトルコ人迫害について触れていないのは気にかかるが、これも日本の同和問題とか在日朝鮮人問題と一緒で地域差があるらしく、著者の出身地では人口の30%を占めるロマの問題の方が顕在化しているらしい。ただ、子どもの時に脅かされたロマの子が改心し、キリスト教に改宗して人権運動家となったので赦す気持ちになった云々という話はどうも違和感がある。ブルガリア人はその実、年間の半分は断食でヨーグルトを食べることが出来ないということも初めて知ったが、それがどこまで守られているかは別として、現地の感覚は日本人には推し量れない部分は大きいだろう。その点、「歴史」ではなく「追憶」の段階にある共産主義時代の話は面白い。タイトルや副題、カバーなどをみても、その辺のことをウリにしている様だ。ルーマニアに優越感を抱き、ハンガリーに劣等感を抱くというのは旧東側の生活感覚的価値観に合致したものだが、ソ連に対する嫌悪感がほとんど見られないのはブルガリアに特徴的なことだろう。日本製品や日本女性に対する信仰があることは想像に難くないが、「将軍」が流行って、島田陽子が大人気だったということは知らなかった。あの白人男を総立ちにさせたという混浴シーンが放送されたのかどうか分からんが、島田陽子は一躍スターダムに上り詰めた後は男運がなかったり、借金地獄だったりで50歳近くになってまでヘアヌード人生を送る羽目になっているのだが、中野良子が中国でそうした様にブルガリアに活路を見出したらどうなのかな。まあ最先端テクノロジーと伝統社会というアンバランスのイメージはブルガリアの様な国においてこそ強烈に響くかと思うが、同時に自分たちが白人であることを再認識させるものだったのだろう。一方、私的統計に基づけば、日本人男性が欧州最強の美人国と位置づける国は、実際に行った人間が少なく伝聞のままのアルメニアを除けば、ブルガリアである。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2009年11月16日Mon [11:34] ブルガリア | 本・雑誌 |読書メモ  

ブルガリアブック

ブルガリアブック バラの国のすてきに出会う旅 (地球の歩き方Books)ブルガリアブック バラの国のすてきに出会う旅 (地球の歩き方Books)

ダイヤモンド社 2009-04-11
売り上げランキング : 271706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


地球の歩き方GEMSTONEの方は幾つか読んでるのだが、地球の歩き方Booksなんてのも出てたのか。旅行スタイルの変化もあり、何より若者が海外に行かなくなったという話もあるから、歩き方も何年もガイドブックの王座に君臨できる訳ではない。手を変え、品を変え、似た様な商品を出し続けて行くのが出版社の性というものだが、この感じの仕事はピエブックスとか産業編集センターみたいなところに任せておけば良いんじゃないかな。手書きイラストとかメモを多用したガイドブックは著者の労力や満足度は高いかも知らんが、あまり実用的とは言い難い。女子はレシピを載せるのが好きだけど、実際にこういうのを見て作ったりするのだろうか。ちょっと変わってるなと思ったのは、首都から始めるのではなく、首都のソフィアを最後のゴールにしている点。旅のあり方としては90%以上がその国の最大都市から始めるのが通例だが、ソフィアから入っても、いきなり僧院に行って、首都の街歩きは一番最後というのは宜しいかもしれない。しかし、旅行好きの人に中で男女共に、ブルガリア・ファンって結構いるな。美男美女の国であるという簡単な理由かもしれんけど。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2009年04月29日Wed [23:03] ブルガリア | 映画 |映画感想  

無名兵士のエナメル靴

映画
fc_logo_1.gif
東京国立近代美術館フィルムセンター小ホール

今日からブルガリア映画祭。
訳分からんかったけど、79年製作か。
最後の軍隊賛美はアリバイなのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2005年06月07日Tue [15:42] ブルガリア  

ブルガリアの歴史

ブルガリアの歴史
ブルガリアの歴史
posted with amazlet at 05.06.07
R.J. クランプトン R.J. Crampton 高田 有現 久原 寛子
創土社 (2004/03)
売り上げランキング: 380,343
通常2~3日以内に発送


ケンブリッジの各国歴史シリーズだそうだが、翻訳ものなので、興味や知識が無いと読みこなすのが大変。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑