FC2ブログ
2019年03月21日Thu [00:10] 中南米  

ハポネス移民村物語



フェミ系のイメージは無い人なのだが、昔からインパクト出版会御用達だったんだな。例によって韓国人らと一緒のスペイン語圏日系移民文学探訪記。つなりはブラジル以外ということなのだが、スペイン語が理解できるのは通訳兼の外大院生一人という布陣だったらしい。基本的にテーマは日本語文学なので、それで構わんのだが、ドミニカ共和国移民は福田赳夫がトルヒーヨと同じ反共だったからというのは気になる記述。福田が首相に就任する20年くらい前の事なのだが、何か福田が関係しているのか。ニクソンが副大統領だった時、トルヒーヨに日本人移民の有能さを聞かされ、ハイチとの国境地帯に日本人を入植させたそうだが、福田はニクソンが大統領時の首相で、1961年に暗殺されたトルヒーヨと反共同盟を結べるはずもない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年12月25日Tue [04:42] 中南米  

「外国人の人権」の社会学 



運動家とは一線を画して、法律面での論考とのこと。今、入管は悪の権化として界隈のターゲットにされている訳だが、政府機関の瑕疵を攻めることで、政権を揺さぶるという目的が見え隠れすることは否定できないだろう。そうした文脈にあるものではないのだが、書類面での不備を理由にした日系ボリビア人と犯罪を理由とした日系ブラジル人の退去処分について、法律面の運用が一貫してないのではないかという指摘。覚せい剤取締法違反や売春防止法違反に問われたニューカマー韓国人や中国人が強制退去にならず、特別在留を得たケースがあったことを以て先の日系人のケースと齟齬が生じているのではないかということだが、この辺はケースバイケースであり、家族や本人の状況を最大限考慮するかどうかは個々に裁量権で判断するしかなかろう。著者は今USPにいるそうだが、日本はもう先進国ではなく金を稼ぐ国ではないという見方をするのが「リベラル」のお約束みたいになっている。ブラジルに関して言えば80年代、90年だって、別にデカセギがカネだけを意味していた訳ではない。階級社会のブラジルでは肉体労働者が差別されるのは当たり前という自覚は多かれ少なかれ皆が持っているものでもあるし、ブラジルでカネも持っていても、そのカネが危険を招いたり、インフレで消滅することも有り得ることは誰しもが分かっていることなのである。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月26日Wed [03:56] 中南米  

世界に広がる沖縄SOBA 

世界に広がる沖縄SOBA世界に広がる沖縄SOBA
平川宗隆

編集工房東洋企画 2018-06-01
売り上げランキング : 583947

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東洋出版でもなく、東洋書店(新社)でもなく、東洋企画というのは初見だったが、沖縄の編プロらしい。本業は印刷かも。沖縄県農林水産部畜産OBだそうで、琉球政府に入庁して、復帰の年に青年海外協力隊員としてインドに行ったのか。パスポートの関係かもしれんが、仲井眞弘多などは通産官僚で駐米しているから、法律的には復帰前でも青年隊になることはできたのかも。そういった背景もあってか、世界で沖縄そばを広めるキャンペーンに参画しているらしい。ハワイ、ボリビア、ブラジルといった沖縄移民人口があるところでは根付いている訳だが、運動としてはそうした国ではなく、ラーメンをキャッチアップした世界展開を目指しているらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年06月08日Fri [01:38] 中南米  

ラテン・アメリカの旅

ラテン・アメリカの旅ラテン・アメリカの旅
北原靖明

叢文社 2017-10-13
売り上げランキング : 1575554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ストレートなタイトルだが、内容もストレート。ツアーもバックパッカーも含めて、14年分そのまんまである。さすがに400ページ超は辛い。叢文社はカスタム出版とういう看板でやっているみたいだが、過去に昭和堂や大阪大出版会からも単著を出しているらしい。定年退職者らしいが、何をしていた人なのかはよく分からんかった。米国駐在の経験はあるらしい。ガラパゴス、イースター島、イグアス、マチュピチュ、パタゴニア、エンゼルフォールと黄金ルートを制覇。チリで英語ガイドがいないと一騒動起こしているのだが、観光ガイドの話をじっくり聞きたいタイプの人はいるんだな。同じツアーでガラパゴスに行った人が、俺のコースにはイグアスが入っていないとブータれてたというから、感覚的にはガラパゴスもイグアスも世間的には近場にあるというものなのだろうか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年02月06日Tue [04:36] 中南米  

地図で見るラテンアメリカハンドブック 

地図で見るラテンアメリカハンドブック地図で見るラテンアメリカハンドブック
オリヴィエ ダベーヌ フレデリック ルオー オレリー ボワシエール 太田 佐絵子

原書房 2017-12-12
売り上げランキング : 250559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原書房のこのシリーズ、結局何冊出るんだろう。フランス製らしく、ラテンアメリカの定義はスペイン、ブラジルから独立した国々ということになるが、ハイチも含まれるらしい。カトリック衰退、ポピュリズム興隆は最近に始まったことではないのだが、ブラジルでは年間50万人もカトリック人口が減っているのか。ペルーなどでもその要因はプロテスタントの宣教にあるのだが、この辺は脱宗教化ではなく、宗教リバイバルと言って良いものだろう。カトリックの保守性の限界は解放の神学の台頭を招いたのだが、最近のプロテスタントの興隆は貧困層ではなく、中間層をそのターゲットに据えている様だ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年02月01日Thu [04:35] 中南米  

日系文化を編み直す

日系文化を編み直す:歴史・文芸・接触日系文化を編み直す:歴史・文芸・接触
細川周平

ミネルヴァ書房 2017-03-31
売り上げランキング : 837208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


細川周平さんは依然、単著は1冊なのか。現在、移民研究の花形である在日ブラジル人研究にも手を出せば良いのだろうけど、ブラジルの日系文化はもう違うステージになってしまっている。それはペルーでもハワイでも同じなのだが、氏主宰の研究会は今こそ日系文化を編み直す必要性を感じているのだろう。日本語文学にしても、日本語歌謡にしても、もはや一世が消滅せんという時代であるから、絶滅奇種であるのだが、伝統文化の領域ではないので、次の世代には継承されない。サークル化して継続されても、そこに消費者が存在しないと、作家としては成立しない。現在の在日ブラジル人漫画と往時のコロニア文学の本質は同じではあろうが、その土地である必然性は現在の方が強いだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年09月27日Wed [06:11] 中南米  

ラテンアメリカをテーマに起業するというリアル

ラテンアメリカをテーマに起業するというリアルラテンアメリカをテーマに起業するというリアル
金安顕一

中南米マガジン 2017-07-10
売り上げランキング : 474092

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中南米マガジンの本なのか。クラウドファウンティングで作ったらしい。中南米マガジン自体がビジネスとして成り立っているのかどうかは分からんが、その辺を含めて、編集長がいつも聞かれる疑問に答えた形なのだろう。日本のラ米研究者は600人ほどいるというのは学会での頭数が根拠なのだろうが、それすらラ米で食っている人数に数えるのは怪しいので、スペイン語、ポルトガル語出を職に繋げられるのかというのは学生獲得に於いても切実な問題になるか。スペイン語などは世界的には中国語を大きく引き離して、二外のトップだと思うが、日本ではそれほど地位がない。職安でそれ関連の仕事を探したことあるが、1.2件見つかれば良い方。そうなるとやはり起業の方がリアルということになるが、店関係が基本となるか。太田昌国などもで出てきて、出版事情も語っているが、あそこも北川フラムが出版社を買収したところから始まっている。覆面屋とかレコード屋は好き者には実益度外視だろうけど、やはり食い扶持は他に必要っぽい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年09月05日Tue [05:53] 中南米  

ラテンアメリカはどこへ行く

ラテンアメリカはどこへ行く (グローバル・サウスはいま)ラテンアメリカはどこへ行く (グローバル・サウスはいま)
後藤政子

ミネルヴァ書房 2017-05-30
売り上げランキング : 538082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミネルヴァの「グローバル・サウスはいま」はもう全巻出ているのか。アフリカの巻はまだ読んでいないな。大御所の後藤政子もそうだけど、もう1人の編者も左派シンパみたいだな。とはいえ、ラ米研究者で右派シンパは聞いたことが無いし、ゲバラ、ピノチェト、解放の神学、サパティスタ等諸々を否定して生きていける業界ではないか。とはいえ、センドロ・ルミノソとか最近のベネズエラなどは批判の対象でしかないだろうし、カストロも長生きしすぎて左派的イメージは消えてしまった。ブラジルが失速し、アメリカも存在感がなくなっているので、盟主無き共存がこの先も続くなのだろうが、国家間の格差よりも国家内の格差が深刻なのは共通している。キューバは例外的な位置にいたが、外貨組との格差が生じてきているし、ベネズエラの混乱はどこの国でも起こりうる現実である。コスタリカやチリといった国が先進国に近づいているとされているが、長い間その位置にいたのはベネズエラであった。ただ、コスタリカでも殺人発生率はアメリカの2倍、日本の10倍以上という状況であり、チリも言うまでもなく治安の問題は抱えている。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月26日Mon [04:56] 中南米  

非核地帯

非核地帯―核世界に対峙するリアリズム (中部大学ブックシリーズActa)非核地帯―核世界に対峙するリアリズム (中部大学ブックシリーズActa)
福島 崇宏

中部大学 2017-04
売り上げランキング : 1124989

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論ものだが、ブックレット。中部大学は風媒社が下請けになっているんだな。この大学の傾向は知らんのだが、武田邦彦が大学の見解を代表している訳でもなかろう。博論は国際人間学研究所というところなので、理系的な部分は問われないのだろうが、反核という点では版元と同じか。トラテロルコ条約もブラジルの原発開発には留保を示した訳だが、核抑止力についてはアルゼンチンだけが前提であったのだから、隣国の実戦核と対峙している日本とは訳が違う。ブラジル、アルゼンチンも別に対立関係にあった訳ではなく、両国の軍事政権終了やアルゼンチンとイギリスの戦争終結、そして冷戦終結で核兵器開発が無用になったということである。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年06月12日Mon [04:48] 中南米  

ハイン

ハイン 地の果ての祭典: 南米フエゴ諸島先住民セルクナムの生と死ハイン 地の果ての祭典: 南米フエゴ諸島先住民セルクナムの生と死
アン チャップマン Anne MacKaye Chapman

新評論 2017-04-24
売り上げランキング : 6024

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フエゴ諸島の先住民の言語最後の話者とかテレビで見かけたけど、今から50年くらい前にはこんな儀式がまだ残っていたのか。著者はアメリカ人らしいが、原著はスペイン語で書き、チリで出版、その後自ら英訳したのだという。全裸全身ペインティングはエチオピアのオモ谷の部族が最近有名になったけど、それに似た感じがあるな。しかし、南極の近い極寒の地で裸で生活していたというのはいつも驚くのだが、人間が衣服を着る様になったのは、人類の歴史の中でそう古い話ではない。言語も危機であるのなら、こうした儀式はもう見られないのだろうし、観光資源になる訳でもない。とにもかくにも貴重な記録ではあろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年04月17日Mon [04:34] 中南米  

わたしのイスパニア語の旅

わたしのイスパニア語の旅: スペインから中南米諸国へわたしのイスパニア語の旅: スペインから中南米諸国へ
市川 慎一

彩流社 2017-01-23
売り上げランキング : 642406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


仏文学者で、独学によりスペイン語をマスターし、論文、講演もこなしているのか。懐かしのジャマサーキ先生が聴講生として受け入れた著者に驚嘆しているのだが、スペイン科学研究高等会議のスペイン派遣研究員になったのは66歳の時なのか。壽里順平とは同じ歳みたいだが、あの人もたしか独学組だった様な。佐野碩の話で、メキシコの研究者にサノ・セキは語学の天才だとしても、外国人に台詞の指導など出来るのだろうかと尋ねたところ、スペイン語はフランス語か他の西洋語の下地がれば二、三年でマスターできる、佐野は暁星の出身だから問題ないでしょうと言われたとのこと。暁星もさることながら、著者自身の事を代弁させたのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年04月06日Thu [05:10] 中南米  

中南米野球はなぜ強いのか

中南米野球はなぜ強いのか――ドミニカ、キュラソー、キューバ、ベネズエラ、MLB、そして日本中南米野球はなぜ強いのか――ドミニカ、キュラソー、キューバ、ベネズエラ、MLB、そして日本
中島大輔

亜紀書房 2017-03-15
売り上げランキング : 19001

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


WBC用なのだろうけど、最近研究書でもこのテーマがあったな。こちらはスポーツ記者とカメラのコンビによる訪問記で、セルティックで中村俊輔の密着取材をしていた人で、帰国後は野球に転向したらしい。どの国も日本のプロ野球に人材を排出しているのだが、さすがに現地の野球界では日本の認知度は大きい。規律というのがキーワードとなってくるのだが、ヨーロッパ人監督がアフリカで指導する様になって、一気にアフリカの幾つかの国を世界の強豪国に押し上げたのと同じキーワードが使われているのだが、日本経験者は特にその辺を感ずるのであろう。フランコやマルちゃんは日本べた褒めであるのだが、今でも二人は日本と仕事しているから、ドミニカ人選手を日本に送り込むにはまず規律を教えなくてはならんのだろう。キュラソー、キューバ、ベネズエラは確かにドミ共より教育水準は高いのだが、まるでドミニカ人選手は知的なプレーができないという言い草はどうなのかな。ベネズエラ訪問記は野球というより国のヤバさルポみたいになっている。ベネズエラはチャべス以前からヤバイ国であまり良い思い出はないのだが、ここまで行くと同情してしまうな。ペタジー二は生死も不明なのか。あの嫁さんはどうなったんだろう。渡辺俊介と森重和の証言は率直で面白い。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑