FC2ブログ
2020年03月17日Tue [16:47] 米国  

やがて忘れる過程の途中



最近の小説も小説家に関してはほぼ情弱なのだが、芥川賞作家なのか。アイオワ大学のIWPという第三世界の作家を集めたプログラムに参加した日記らしい。半世紀もの歴史があるらしく、ソ連の息がかかったAA作家会議に対抗してたものかもしれんが、中上健次も参加したことがあるらしい。日本人作家は毎年呼ばれるそうだが、男性作家が選ばれるのは稀とのこと。こうした「国際色豊か」系は言語障壁など全く無いかの如く、誰もが普通に激論を酌み交わすというのがパターンなのだが、この作家はその辺を曖昧にしていない。今の時代だと、日本を含む欧米から見た文化途上国の作家はその国の知識人であるから英語を話せない作家などはいないという前提を招聘側も参加側も共有しているらしい。ただ、「言っていることの半分も分からない」でもコミュニケーションが成立している以上、英語を話せるということになるので、英語は話せない自分はあくまで日本的な自己規定に過ぎないか。結局、台湾と香港の作家と行動を共にすることが多くなるのだが、職業的同義性はあっても、ミシマでしか繋がらない国々の作家と違って、日本文化のアップデートがある台湾、香港の作家との方がとっつき易いというのはあるか。ただ、作家ではない韓国人に、あなたの作品のメッセージは何かと聞かれ、メッセージは特に無いと答えたら、メッセージの無い文学があるのかと驚かれたそうで、その辺はお国柄ではある。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年03月10日Tue [15:59] 米国  

二つの祖国

映画


在米日本人の映画監督だったか放送プロデューサーで、右派系の人がいたのだが、すすきじゅんいちだったかな。この映画を観ると違う様な気もするが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年03月07日Sat [17:13] 米国  

ハーバードの日本人論 



ハーバードの授業がトンデモ日本史と叩かれた人と混同していた。元NHKの人の方か。こちらは今、日本ユニシス取締役とかTBS審議員とか大企業のお偉方になっているらしい。本家はその後、本を出さなくなって、海外生活を続けているみたいだが、やはり日本では元のキャリアがものを言うか。ハーバードでは日本など無視という説に対し、ハーバードでは日本が一番人気という論説を張った人だけど、ビジネス系は中国系と思しき一人しか登場せず、文化系よりも遺伝子研究などの自然科学系が多いというのは、今どこにハーバードの「日本人論」の主流があるのかということを表しているのか。ちょっと前にアイスランドがその分野で注目され、自ら売り込んだこともあったが、そこまで日本人が同一性集団とは思われん。ただ、この規模の国としては同一性が比較的保たれていると見られているのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年03月01日Sun [17:31] 米国  

アメリカン・バカデミズム 



この人の本も3冊目だが、段々とパヨクの言うところの「ビジウヨ」ニーズに応えて行っている様な。パヨクは米国が主敵であって、日本はその従属国という観点だが、「反日」の本丸がアメリカにあるとなると、ネトウヨとパヨクは共にアメリカを叩けということになるか。結局、ネトウヨが嫌いなのは反日で、パヨクが嫌いなのはアメリカという構図なのだが、自分はそうではないという証明がしたい「良心的日本人」と「良心的アメリカ人」にとって日本は都合よく叩ける対象ではあるか。アメリカの南北対立と朝鮮の南北対立をそのまま日本に持ち込まれても迷惑なのだが、罪悪感を感じて生きる人たちはのほほんと生きている人たちを許せないものなのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年02月11日Tue [16:07] 米国  

横田空域



ビルマの少数民族ルポで世に出た人だと記憶していたが、最近はすうかり運動家系ジャーナリストになっているみたいだな。とはいえ、新書では無色系の角川新書であるので、アベガーになっている訳ではない。年次改革要望書は右派系によって、叩かれたが、日米合同委員会の方は左派の持ち分である様だ。対中国、北朝鮮という観点からは防衛が日米の最後の綱であるということだが、経済に関しては左派はどうでもよいというか、空想的平和至上主義である。そんでもって、横田空域は最近始まった羽田新ルートとの関係でもっと騒がれると思ったのだが、そうでもないな。デルタがぶーたらこいているのを見ると、米軍筋は反対しているたいだが、オリンピック理由で乗り切ったのだろう。これも安部外交の成果とは言わんけど、何らかの取引があると思われる。それにしても参考文献が左翼オンパレードというのは、左翼しかこの問題に対峙していないということか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2020年02月02日Sun [16:05] 米国  

家族との約束 




現代書林は自費系ではなく、医療系版元か。といっても催眠術とか自己啓発とかヤバめのもが主流みたいだが、著者は滝野川の眼科医院理事長とのこと。なんでこんなタイトルかというと、眼科話よりも、眼科二代目としての家族との葛藤話がメインであるからか。60年代末に自費でアメリカ留学行けるほどの家柄ではあったのだが、アメリカの豊かさに驚愕し、アメリカ人(白人)妻を娶って、アメリカで暮らすという夢を抱いたのは世代的には無理からぬところか。その背景には日本社会の貧しさも学生運動への反発もあったみたいだが、その夢の実現一歩前に日本の家族から猛烈な反対に遭い断念し帰国したという。分らんが、昭和50年代になってもそんな封建的な親が東京の新興住宅地にいたのか。まあ親からしてみれば、当時国内最高学費クラスだったと思われる慶応医学部出して、米留学もさせたのに、医院も継がずに帰国もしないとなれば、そりゃ怒るということになるのが、そのことが姉二人の縁談にまで影響したというのはよく分らん。姉たちが犠牲になったというのが応えたみたいだが、実際いい仲になったアメリカ人女性(二人)との結婚が破局したというのが晩年になっての心残りみたいでもある。その原因が家族の反対にあったのか、当のアメリカ人女性の日本行き拒否にあったのか分らんが、相手の家族は結婚の大きな判断材料になるというのは確かか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年12月26日Thu [20:12] 米国  

真面目にマリファナの話をしよう 



文春の本だが、アマゾンの紹介欄を見ると、左派メディアが絶賛しているらしい。坂本龍一がオビに使われたみたいだが、教授が大麻やってたという話は聞いたことがさい。がんになってからだろうか。アンケートを取れば、医療用は是認という意見が多数を占めるだろうが、患者でもない医者や看護師がたまに自分で使ってタイホされるニュースがあるから、管理の問題は残るだろう。タバコより安全というのは科学的に認められているらしいが、そもそも何で違法になったかというと、ハースト系紙のキャンペーンだったのだという。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年12月15日Sun [16:09] 米国  

英語、苦手かも…?と思ったときに読む本



14才系。今は何シリーズ残っているんだろう。河出だけど、14才でも人権ものより、英語が鉄板か。英語教育本を累計400万部を売ったという著者だが、最近は日本人向け英語教育から、英語で日本文化ビジネスにシフトしているらしい。例の内向き志向やインバウンド需要が関係しているのだろうが、やはり本業の種まきはしなくてはならないということで、英語必修喚起本。相手が14才とはいえ、英語帝国主義の予防線は張っており、アメリカ人だからではなく、世界言語としての英語の必要性を訴えている。定番の定冠詞説明は文法主義の日本人の一番の泣き所であると知っているのだろう。今はその手があるかと思ったのは、会話相手にはSIRIやALEXAを使えということで、なるほどこれなら、恥の文化もノープロブレムである。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年12月11日Wed [14:43] 米国  

カルト宗教信じてました。



エホバ。統一教会や幸福の科学だと命を狙われる危険があるし、創価や共産党とかだと社会的に抹殺される可能性があったかもしれんが、その点、暴力を否定する立場で、日本でのパイが大きくない欧米カルトは安全圏ではあるか。カルトへの疑問はともかくとして、離れる決定打となったのが幹部の金ピカ時計という階級主義に求めるのはどうかなとは思う。そんなのは分かりきった事と言えばそれまでではあるのだが、結局、「聖」も「世」も落とし所は変わらんか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年12月08日Sun [16:34] 米国  

インディアンとカジノ



これは待ち望んでいたテーマ。インディアン本も多いが、大抵は運動系か文化人類学系なので、リアルライフはついでに触れるといった程度が多かった様に思える。IR議論が高まっている中で、陽の目を見たのかも知らんが、カジノという俗世界は精神世界で語られる事が多かったアメリカン先住民ものでは触れにくいものだったのかもしれん。現代先進国では伝統文化を維持するには経済力が無いと難しい訳で、カジノが先住民文化保護に役立っているという面は否定はできないのだろう。また、カジノ経営という「特権」により、ラジカルな人権闘争が押さえられている側面も否定できない。となると否定要素は倫理性に絞られるということになるが、カジノ以外の選択肢が無いという事態は結局の所、ゲットー化なのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年12月06日Fri [13:37] 米国  

暴走トランプと独裁の習近平に、どう立ち向かうか? 



トランプと習近平が同列にされているのだが、去年出た本で、元は2017年の日経ビジネス連載とのこと。習近平は故宮を借り切りにしてトランプを出迎えたのも今は昔といった観があるが、暴走トランプと独裁習近平という構図は変わってはいない。要は米中対立という新冷戦の枠組みで日本はどう生き残るかということなのだが、これは経産OBならずとも、米国に従属する愚より中国に従属する危険の方が遥かにヤバいというのが日本人の基本コンセンサスではあろう。米国に国民保険が潰されるというのは明らかなフェイクニュースとしているが、さすがにそんなことができる政権は無かろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年12月06日Fri [12:29] 米国  

「平和に対する罪」はアメリカにこそある



在米慰安婦カウンターの代表的人物だが、京城生まれだったのか。1933年生まれだと、86歳。どっちの界隈も高齢化は深刻だが、若い世代は「非生産的」な政治運動にはアメリカにまで行って関与しないか。植民地近代化は無論、コミンテルン、ルーズヴェルト陰謀説、大東亜戦争聖戦説、WGIPとオーソドックスな「歴史の真実」系であるのだが、タイトルだけ見ると、反米左翼みたいで、かもがわ出版とかでもおかしくない。左翼側は従米が最大の批判ポイントとしているのだから、反米愛国色を掲げると文句は言えなくなってしまう。従米は従北の100万倍マシというのは生活者として生きている限り、疑いようのないところなのだが、「あの戦争」の件で日本を非難するなら、反米左翼はアメリカも非難せいということか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑