2017年02月20日Mon [05:59] 米国  

米海軍から見た太平洋戦争情報戦

米海軍から見た太平洋戦争情報戦 ーハワイ無線暗号解読機関長と太平洋艦隊情報参謀の活躍ー米海軍から見た太平洋戦争情報戦 ーハワイ無線暗号解読機関長と太平洋艦隊情報参謀の活躍ー
谷光 太郎

芙蓉書房出版 2016-09-21
売り上げランキング : 227383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本の暗号が全て解読されていたことが敗因の全てではないのだが、局地戦においてはそれは決定的意味を持つだろう。現在に至るまでアメリカの情報戦での絶対的優越は揺るがないが、かつてアメリカに留学してくる日本の将校が英語での意思疎通に問題がなかったのに対し、アメリカの軍人は日本語が出来るものが皆無で、そうした非対照を打破すべく、米軍の外国語教育が始まったのだという。日米開戦まで日本に留まった米国人留学生もいたそうだが、戦前は留学生も学生服、角帽だったのかな。そうした人材は戦後GHQで重宝されたのだが。暴走の歯止めにはなっていたのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月19日Sun [06:00] 米国  

アメリカ流マインドを変える仏教入門

アメリカ流 マインドを変える仏教入門アメリカ流 マインドを変える仏教入門
ケネス タナカ Kenneth Tanaka

春秋社 2016-12-22
売り上げランキング : 361547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日系の人らしい。テレビ番組の書籍化だそうだが、ケーブルは宗教チャンネルが多いから、仏教も当然あるか。アメリカ人の仏教徒とっしてティナ・ターナーの名前が挙がっているから創価も仏教として認められているのか。ただ、こちらはもう一人名前が挙がっているリチャード・ギアのチベット仏教系の様だ。ダライ・ラマの存在があるから、チベット仏教は欧米で一番最初に思いつく仏教なのかもしれない。冒頭のアメリカの大学で開催されたという韓国人高僧とチベット人僧侶の対談がイマイチよく分からんのだが、韓国人僧侶がいきなりオレンジを取り出して、「これは何だ?」とチベット人僧侶に禅問答を仕掛けたところ、チベット人僧侶は「韓国ではオレンジは売っていないのか」と返されたという。どうツッコンで良いのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月18日Sat [05:57] 米国  

ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち

ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち (星海社新書)ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち (星海社新書)
西寺 郷太

講談社 2016-09-22
売り上げランキング : 109387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マイケル・ジャクソン、プリンスに次ぐ、3部作だそうだが、それぞれ別の新書からというのは面白い。ジャネット・ジャクソンがその二人と並ぶ存在であるかどうかは分からんが、本来ならマドンナか、二人同様、故人となっているホイットニー・ヒューストンが妥当なのだろう。著者が個人的にジャネット・ジャクソンの知己を得ているという事情はありそうだが、マドンナに公演時間を2時間待たされた恨みやホイットニー最後の来日公演が最悪であったという事実もあるか。シンディ・ローパーはその三人に割って入る存在ではないと思うが、三人があまりにも問題を抱えすぎてきただけに、シンディ・ローパーの健全さが清涼剤にはなっている。雄一「ウィー・アー・ザ・ワールド」に参加し、それもキラ星の如き中でインパクトを残したということもあるが、マドンナ、ホイットニー、ジャネットはお嬢様育ちで、マドンナの作り苦労話と違って、日本でホステスまでしたシンディは裸一貫から夢を実現させたと言えよう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月17日Fri [05:40] 米国  

ドナルド・トランプ強運をつかむ絶対法則

ドナルド・トランプ 強運をつかむ絶対法則ドナルド・トランプ 強運をつかむ絶対法則
松本 幸夫

青春出版社 2016-12-22
売り上げランキング : 260069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トランプ本に青春出版も参戦。「ビッグ・トゥモロー」用なのかな。トランプだろうとプーチンだろうと、自己啓発で使えるんだろうが、習近平では無理か。トランプの場合、大統領以前からそのキャラであった訳だし、それが世界最大の権力者に上り詰めたのだから、政治思想などはどうでも良いか。とにかくポジティブ・シンキングという高田順次みたいな姿勢でいれば強運をつかめるかというと、それは無いのだが、悲運をつかんでも、絶対的ダメージを受けない者が強運をつかめるんだろうね。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月13日Mon [04:29] 米国  

沖縄抗う高江の森

抗う高江の森抗う高江の森
山城 博明

高文研 2017-01-25
売り上げランキング : 263242

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


高文研なので、界隈の人。読売西部本社から琉球新報に移ったカメラマンらしい。傷害で捕まった自称写真家とは別の人の様だ。中国で鳥の写真などを撮っているらしく、界隈も宮古島出身の自然保護運動家として前面に立たせようとしているのかもしれん。フロントが辛淑玉とか暴行カメラマンだと、ならず者集団にしか思われんしな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月12日Sun [06:44] 米国  

アフガニスタン戦記

アフガニスタン戦記: ある日本人米軍中佐の記録アフガニスタン戦記: ある日本人米軍中佐の記録
内山 進

彩流社 2016-12-13
売り上げランキング : 302332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


並木から前に一冊出して、飛鳥新社からもコラボが一冊ある人だが、今度は彩流社から出すのか。彩流社はたまにこうした「向こうの立ち居地」の本を出してくるからよく分からん。前に出した日清戦争の本は自虐史批判になっていて、どうタテ読みするのか分からんかったが、この日本人米軍兵士の本はテーマを「人種差別」に据えているところが評価されたんだな。前の本の記憶では米軍マンせー、自衛隊ガンバみたいなものだったが、どうも人種差別で昇進できず、左遷され、退役となった様だ。日本では軍隊は上下関係の差別がハッキリしている分、エスニックの差別は少なく、死線を共にし、同じ釜の飯を食う絆で結ばれると解釈されがちだが、米軍はそう甘くないか。その辺はベトナム戦争の時に散々批判されたから、改善はあったのろうし、パウエルにしてもシンセキにしても優秀な非白人は抜擢されるのだろうが、最高司令官が黒人になろうと、軍の白人支配は変わらんか。著者は大学1年まで日本なので、日本語原文だと思われるが、どうにも翻訳本を読んでいる様な違和感がある。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月11日Sat [04:56] 米国  

入門トランプ政権

入門 トランプ政権入門 トランプ政権
  杉田 弘毅

共同通信社 2016-12-27
売り上げランキング : 140002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


早稲田と青学の教授対談だが、どちらも共同通信出身で、版元も共同。共同はトランプ予測はしていなかったと思うが、選挙選最中にテレビに出まくった春名はその可能性は否定できないという程度ではなかったかな。とりあえずOB使って、手っ取り早く出したという訳か。昔、テリー伊藤の「お笑い北朝鮮」で訪朝した日本人親子が金親子に「うちは豆腐屋だけど、おたくは何屋?」と聞いて、金日成が「うちは国をやっています」というマンガが掲載されていたのを覚えているが、トランプ家の稼業が国になったという観はあるな。トランプ側近のリストが載っているのだが、他の人たちは姓名が記載されているのに、イバンカは「イバンカ」だけ。「真紀子」みたいなものか。イバンカは結婚して、ユダヤ教に改宗しているが、本名からトランプは消えているのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?
森若 幸次郎

学研プラス 2016-03-08
売り上げランキング : 59688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


国内外の企業20社以上の経営に従事。米国シリコンバレー、デンマーク、アジア諸国等で宇宙・医療・教育・芸術産業の活性化を推進し、各地でイノベーション創出を目的としたワークショップやリーダーシップセミナー等を開催している。という著者だが、具体的にどういう仕事なのかよくわからん。ハーバードのMBA、スタンフォードのM&Aだそうだが、学部はシドニー大で、富二代の人らしい。帰国して実家を継いだが、足りないものを感じて、また留学したのだとか。プレッシャーに強いのかどうかは分らんが、とりあえず経済的裏付けと時間的余裕があればプレッシャーなど感じないか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月09日Thu [05:58] 米国  

奇蹟の爪音

奇蹟の爪音: アメリカが熱狂した全盲の箏曲家 衛藤公雄の生涯奇蹟の爪音: アメリカが熱狂した全盲の箏曲家 衛藤公雄の生涯
谷口 和巳

小学館 2016-12-05
売り上げランキング : 22060

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この人は知らんかったが、べビメタや宇多田が坂本九以来と呼ばれるなら、それより前ということになるのか。筝奏者で、アメリカ在住であったから、毛色は違うし、アルバム4枚出したといっても、アメリカが熱狂したというのは言い過ぎか。冨田勲ほど知られている訳でもなかろう。宮城道雄の弟子で、師匠同様全盲。自らの弟子も600人以上いるらしい。ウィキに名前があるのは息子の打楽器奏者で、爆風スランプの前身爆風銃やPINKのメンバーだったのか。その弟は鼓童のメンバーの和太鼓奏者らしい。この二人はアメリカ国籍とのこと。GHQの仕事でジャス演奏などをしたことから、渡米し、ベアテ・シロタ・ゴードンの尽力でデビューしたのだとか。亡くなったのは2012年というから、結構最近である。知らんかった。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月08日Wed [04:59] 米国  

トランプ大統領で「戦後」は終わる

トランプ大統領で「戦後」は終わる (角川新書)トランプ大統領で「戦後」は終わる (角川新書)
田原 総一朗

KADOKAWA 2016-12-29
売り上げランキング : 58910

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トランプ本は選挙前も選挙後も粗製乱造といった感があるのだが、角川は田原総一朗まで引っ張ってきたか。あの年だから、会ったこともないトランプがどうこうより、自分が誰それの政治家に聞いたといった話ばかりになってしまうのだが、自分の周りでトランプ当選を予測していたのは長谷川慶太郎だけだと。長谷慶は田原の周囲にいて、木村太郎はいないのか。突如、白井聡批判を始めたりしているので、左翼批判なのかと思ったら、年寄を攻撃していると捉えている様だ。白井の本が早稲田総長であった「父親殺し」とも読めないこともないが、内田樹とか鳩山とかの反安倍陣営の旗手に祭り上げられているんだから、「年寄殺し」ではあるんだろうな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月07日Tue [05:32] 米国  

アメリカ白人の闇

アメリカ白人の闇アメリカ白人の闇
マックス・フォン・シュラー 発行 桜の花出版 発売 星雲社

桜の花出版 2016-12-27
売り上げランキング : 16599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


祥伝社で出したのも売れている様だが、こちらは桜の花出版か。牧師、歴史研究家という肩書きだが、職業としては前者の方か。従軍慰安婦カウンターで登場してきた人なのかどうか分らんが、テキサス親父とかケントとかとはちょっと毛色が異なるのかもしれん。小林という姓も用いている様だが、帰化している訳ではないだろう。在日42年らしい。トランプ支持みたいではあるが、アメリカ白人批判ではマイケル・ムーアみたいなことも言っていて、要は反ポリコレ至上主義で、これが世界のサイレント・マジョリティの潮流であることは裏付けられているところである。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2017年02月06日Mon [05:24] 米国  

ボブ・ディラン マイ・バック・ページズ

ボブ・ディラン マイ・バック・ページズ (KAWADE夢ムック 文藝別冊)ボブ・ディラン マイ・バック・ページズ (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
河出書房新社編集部

河出書房新社 2016-12-15
売り上げランキング : 127731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文藝別冊と(KAWADE夢ムック は同じものか。ノーベル文学賞を受けてのものだろうけど、ボブ・ディラン自体は前に出したことないのかな。ただ、出てくるピーター・バラカンをはじめとする評論家先生方が、ノーベル賞などどうでも良いなどと言っているのは、ボブ・ディラン自身がノーベル賞と距離を置いていたからであろう。ディランが既に後期高齢者であるから、仕方ないが、先生方も還暦辺りの人たちばかりであるから、湿っぽい思い出話ばかり。みうらじゅん辺りを出せば違ったかもしれんが、ボブ・ディランの様に自覚的に変化を受け入れることはないみたいで。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑