FC2ブログ
2018年11月17日Sat [02:58] 中国  

日中外交の黒衣六十年



廖承志が60年代に作った北京唯一の日本料理店の話は前から気になっていたのだが、その店を実際に経営していたのが、この南村志郎 という人らしい。西園寺の秘書的な事をしていた様だが、廖承志に指名されたとのこと。廖がマグロを食いたいと言うと、築地まで飛んで、香港までドライアイスで運び、香港の金田中で詰め直し、広州から各駅飛行機で北京まで丸4日ほどかけて運んだのだという。この日本料理屋は文革中に当然の様に消滅したのだが、廖承志は晩年も寿司が食いたいと言って、友誼飯店に「白雲」を作らせている。どんだけブルジョアだが、名目上は対日工作だから幾らでもカネは出る。新証言は三木の日中平和条約横取り工作と、江沢民訪日の不機嫌は韓国との差ではなく、台湾の3つのノーを日本にも言わせようとしたら拒否られたからだったというとことか。習近平は全く知らんということで、この辺の友好人士チャンネルはもうオワコンにしてるんだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月17日Sat [02:40] 台湾  

おかわり最愛台湾ごはん



好評につき、続編らしい。池澤夏樹娘、福永武彦孫娘は略歴に記載してあるのだが、積極的に利用しているのか、隠すのも変だからそうしているのかは分からん。声優やエッセイストとして有名らしいが、全く知らんかったということは前の本の感想にも書いたのだが、活字中毒とか、エッセイストといった背景は微塵も見られない、店リストが淡々と続くガイドブック的なもの。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月17日Sat [02:33] フィリピン  

だれも置き去りにしない



高給取りの英国人ビジネスマンが仕事を辞め、フィリピンの貧しい人たちを救うソーシャル・ビジネスの現場を訪ね歩くという話なのだが、著者個人の自分語りばかりで、肝心のソーシャル・ビジネスがどういうものなのかがよく分からんかった。キリスト教的奉仕の精神ではそれが一義的となる訳だが、堕落した資本主義の精神から解放されることこそ先進国の民の救済になるのだろうし、そういうところに入り口を置いておく理由はあるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月16日Fri [01:42] シリア  

わたしの町は戦場になった



YA本なのだろうか。タイトルはタルコフスキー映画から踏襲され続けているが、戦火のこどもというテーマは戦争には付き物ではある。罪のない子どもたちが大人たちの始めた戦争に苦しめられるというテーマに教育的効果があるのかどうか分からんが、戦争で傷つくこともあれば、成長するということもあろう。例によって、そうした子どもを宣伝塔に仕立てるのはその戦争に無関係ではない西欧のジャーナリズムなのだけど、少女がアルメニア系のキリスト教徒という点はポイントであった様だ。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月16日Fri [01:35] 韓国  

女性だからこそ解決できる慰安婦問題



左翼側が解決ではなく、複雑化を目的としているのは確かだが、右翼側は解決を目指しているんかな。どちらも対話はないのだから、どこに解決の糸口があるのか分からんが、政府間合意も解決では無いとなると、やはり両極論をどっちもどっち化させて、左右の先鋭を排除するしかないんかな。日本だとそうした分離策もあり得るだろうが、韓国には異論を認める余地があるのかどうか。結局、解決されたら困る人たちを排除していくしかなかろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月16日Fri [01:26] 中国  

図解現代中国の軌跡 中国教育  



シリーズ第三弾。前二本より、ちょっと薄いかな。三潴正道 のイキリ序文も同じ。「文革」が無かったことになっていないのはこと教育に関しては文革の弊害が関係しているものだし、ある意味政治や軍事よりもその影響が過大であったと言えよう。花の78年組というキーワードは今また脚光を浴びている観はあるのだが、今の詰め込み教育が是正されることもないのも、大学入試再開から一貫して価値観に変化が無いからではあろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月16日Fri [01:14] 東アジア  

おはよう!アジアの朝ごはん



口尾さん。何冊目かな。レシピ付きというかレシピがメインか。「アジアの朝ごはん」は外食が前提なのだが、日本だとレシピがないとありつけない。とはいい、朝からレシピ見て作る人がどれだけいるのかという気がしないでもない。マカオとか珍しめも入っているいるけど、エッグタルトとか朝食に食うものなんかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月16日Fri [01:06] 米国  

愚劣の軌跡



九大ファントム機墜落事故50周年ということで、運動側の方も本を出したみたいだが、こちらは反運動側の人、当時の用語では保守反動なのだが、冶金学の学生だった著者は運動はやりたい人がやれば良いが、全学ストには反発を覚えたのだという。学生である前に人間だ。人間ならベトナムで罪なき子どもたちを爆撃いている米軍に抗議しなくてはいけない。といったロジックは現在でも使われることがあるが、人権平和の名の下に正義の棍棒を振り下ろ事は人権侵害であるということを分かっていない人たちへの反発は当時も存在した。教員に左翼が多いのは今でも変わらんが、そうした傲慢な「知識人」が嫌われるのは今も昔も変わらん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月15日Thu [05:40] 中国  

日本夢



もう大先生は存在すら忘れかけていたのだが、習近平の太鼓持ち軍人との対談本で復活。今はどこが拠点なのか知らんが、共青団を見限って習派に宗旨替えして生き残る道を選んだか。相手は「中国夢」の作者で研究職だけど大佐らしい。70の爺さんでそういう人だから、額に中の字が書いてある様なこれぞ中国人の世界観、日本人観という事しか言わない。読んでいてムカムカしてくるが、大先生だから、大佐の仰る通りでみたいな展開が後半まで続く。ところが、中国夢、米国夢が終わって、日本夢で主従交代し、大佐に問に大先生が答えるという形式になり、予想外の展開に。さすがの大先生も堪忍袋の緒が切れたのか、大佐の望み通りの答えではなくなり、段々と大佐が苛ついてくるのが分かる。中国語で進められたのだろうし、当然編集されたものだけど、大先生がキレたということは中国ではあり得ないか。遂には禁断のワード天安門事件まで飛び出したのが、執拗に日本の軍国主義と従米を責め立てる大佐に、日本人は米国を敬服していますが、中国人の様に誰しもが米国移住しようとはしませんとかKO発言。ロートル友好人士ならこうはいかんが、日本の80後も新人類であると思われた様だ。ただ、明らかにNGテーマがあって、それは少数民族問題。名誉中華民族の大先生もその辺の認識は大佐と大差無かったはず。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月15日Thu [05:10] インドネシア  

「大東亜共栄圏」と幻のスマトラ鉄道 



彩流社はたまに「じゃない系」のも出してくるので、著者も初見だし、タイトルだけではどっちの側のか分からんかったのだが、彩流本流の方だった。内海愛子や高嶋伸欣、池田恵理子といった人が関係している様だが、スマトラ占領時代が専門である一方、環境学博士であり、地球温暖化本も何冊か出している様だ。ただ、これもイデオロギーが関係しているっぽい。スマトラと地球温暖化の繋がりは不自然ではないのだが、学問領域の枠を超えているのは珍しい。「ロームシャ」を素っ裸で働かせたという話があるのだが、そのロームシャの民族によっても違うが、懲罰的な意味ではないのか。余りの酷暑で日本人が素っ裸で働くということはあったかもしれんので、虐待の意味合いがあるのかは分からん。BC級裁判で死刑判決が下したのはオランダが一番で米国よりも多かったというのもそれだけ日本の占領が過酷であったというより、復讐の意味が強かったのであろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月14日Wed [23:56] 旧ユーゴスラビア  

パンと野いちご 



舅はブランコ・ヴケリッチということになるが、山崎洋の二番目の妻らしい。年の差は15歳ほど。ユーゴ内戦の頃は数少ないセルビア派で、制裁中の頃はウルトラ・セルビア民族主義にも感じだのだが、セルビアもすっかり「普通の国」になってしまったので、今やクロアチアの方がずっと民族主義に思えるから不思議。コソボについてどういう見解なのかは知らん。戦時下の食の話は前にもどこかで読んだ記憶があるのだが、前に出したもののりライトかな。今回はレシピ付きだが、食糧難でどうこうといった感じはそれほど無い。逆にあんなドンパチやってる中、普通に料理していたんだなという印象なのだが、ニュース映像などを思い出してみると、スナイパーが狙っている中、銃弾をくぐり抜けてパン屋に駆け込む市民といった場面があった様な。正に命がけの食料調達であるが、あれはセルビアではなく、サラエボだったか。セルビアの話は空爆の頃か。NATOが食料を求める市民を空爆となると、大変なことになるから、そういう危険はそれほどでもなかったのかもしれない。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年11月13日Tue [15:34] 中国  

潮州人 



全国百万人の潮州ファンお待ちかねの本邦初?の潮州人研究論集。華人研究でも広東と福建、客家の後塵を拝しているというか埋没されてしまっている観はあるのだが、どうもそうした地理的関係から独立した種として扱われていない部分もある。台湾の漢人が閩南系と客家系の2つに収斂されてしまったのも潮州人がどちらかに帰属を変えたからだそうで、双方に本来の潮州系が含まれているらしい。潮州語は閩南語にも客家語にも通じるものがあるというより、潮州語自体が統一されている訳ではないので、広東語や普通語を含めて、潮州ナショナリズム的な同化への障壁が無かったということか。潮州人が多数派を占めるタイの華人社会でももはや潮州どころか、中国系というアプリオリすら希薄になっている。潮州と汕尾(海陸豊)もまた違う言語であるが、汕尾の上位互換が潮州なのかは分からん。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑