FC2ブログ
2018年09月22日Sat [06:03] 米国  

「ファット」の民族誌

「ファット」の民族誌——現代アメリカにおける肥満問題と生の多様性「ファット」の民族誌——現代アメリカにおける肥満問題と生の多様性
碇 陽子

明石書店 2018-07-31
売り上げランキング : 149628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。LGBTは第三者が当事者抜きで政治運動化してしまったのだが、次にファットが来るのかというと、日本では難しいかもしれん。アメリカでは既にマイノリティ、LGBTに次ぐ第三の波として、ファット・アクティビストがリベラル界隈で糾弾闘争を繰り広げているらしいのだが、その活動家が日本のBMI測定に噛み付いて、ファット千羽鶴を作り、日本で大々的に抗議活動を画策していたことがあったとのこと。著者はその協力を約束したそうなのだが、当時隆盛だったミクシイにアカウントを作ったものの全く人が集まらなかったらしい。そのうちにアメリカの界隈からファット千羽鶴なんて人種差別だろなんていう批判fが出てきて、白人のアジア文化盗用だとかで、活動家が自己批判を迫られるハメに。例の白人が着物を着るのは差別だと同じ、一般的な日本人には理解不能のヘイト認定なのだが、自分は差別と闘っているのに差別者になってしまうという恐怖は開き直るだけの日本の反差別界隈とは違うところ。ワールドラグビーがワールドカップで来日する選手たちにタトゥーを隠す様に指示を出したというのもその国の文化を尊重するといった理由だそうだが、そんな事を日本のファンは望んでいるのかな。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月22日Sat [05:37] 台湾  

私的台北好味帖

私的台北好味帖私的台北好味帖
内田真美

アノニマ・スタジオ 2017-12-15
売り上げランキング : 121451

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


また台湾朝食ものか。厳密には朝食という訳ではなかろうが、台湾では朝から美味いものが食えるということ。私的なので、一般的なものというよりは特定の店の特定の食い物なのだが、冷菓氷菓が充実しているのは気候のせいもあるけど、伝統的に食われてきたものなのだろうか。冷たいものは体に悪い信仰は大陸や香港ほど無いのか、台湾人からそういう話を聞かされた事は個人的に一度もない。かき氷系などは日本時代に一般的になったと思われるのだが、ニッポン饅頭的に言えば、なんちゃってなんて がんばっているうちに 先輩も本物も 本家も元祖も 越えちゃってくの。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月21日Fri [06:08] 中央アジア  

101歳の教科書

101歳の教科書 ~シルクロードに魅せられて~101歳の教科書 ~シルクロードに魅せられて~
洋画家・入江一子

生活の友社 2017-10-05
売り上げランキング : 204889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


101歳の洋画家だそうだが、この人も知らんかった。100歳ものを出している篠田桃紅も画家だったと思うが、別の人なのか。1916年生まれで少女時代は大邸だそうだが、女子美出で終戦時には30歳くらいか。在学中に226事件があったらしい。何でも53歳からシルクロード訪問を始めたそうだが、それでも60年代。NHKの「シルクロード」より前だから、シルクロードなんていう言葉は一般的ではなかったろう。文革中に敦煌なんて行ってたんだな。平山郁夫もまだだったろう。日野原重明との対談も載っているのだが、同郷(萩)らしい。何か長寿の食文化でもあるのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月21日Fri [05:53] 中国  

満洲 

満洲 NHK特集ドラマ『どこにもない国』を巡る (洋泉社MOOK)満洲 NHK特集ドラマ『どこにもない国』を巡る (洋泉社MOOK)

洋泉社 2018-03-01
売り上げランキング : 406056

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


洋泉社ムックの満洲ものは定番だなと思ったのだが、NHKドラマの番宣本だった。放映されたことされ知らんかったのだが、一旦引き揚げた日本から満洲に舞い戻って残留日本人引き揚げの交渉にあたった満鉄社員の話は前に読んだな。内野聖陽という人は舞台でチンコ出した人ということぐらいしか知らんかったのだが、大河ドラマ?で主演を張る大物だったのか。木村佳乃も親が日航幹部といった事を知っていたのだが、祖母が日系人で、英語が話せるということでキャスティングされたらしい。原田泰造という人は俳優だったのか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月21日Fri [05:43] ベトナム  

ベトナム人が日本企業に就職するための心得

ベトナム人が日本企業に就職するための心得ベトナム人が日本企業に就職するための心得
グエン テュアン ズオン 発行日本ベンチャー大學パブリッシング 発売星雲社

日本ベンチャー大學パブリッシング 2018-04-01
売り上げランキング : 435531

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルそのまんまの分かりやすい本ではあるのだが、どういう背景のものなのかはよく分からん。日本ベンチャー大學というのも怪しい響きだが、広島のコンサル会社みたいなトコが運営している様だ。日本語学校の生徒数は既にベトナムが中国を抜いたとも聞くが、就活でベトナム人の方が多くなるのはまだ時間がかかるだろう。経済的事情もさることながら、中国人の漢字、韓国人の文法といった日本語のアドバンテージがベトナム人には無い。コンビニでも中国人かと思われている店員がベトナム人であるというケースが多くなってきているが、日本企業側もベトナム進出要員としての需要が少なくないものの、中国とは比較にはならんだろう。インバウンドが増えているタイやインドネシアの方がまだ需要があるか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月21日Fri [05:23] 台湾  

発展する台湾企業

発展する台湾企業: 日経・アジア300指数構成企業の成長過程発展する台湾企業: 日経・アジア300指数構成企業の成長過程
朝元 照雄

勁草書房 2018-08-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


略歴には記されていないのだが、台湾出身の人なのかな。コラムに父親が日本移民一世という記述があるのだが、湾生ではなく、台湾人の日本移住という意味なのだろうか。著者は1950年生まれで、日本語は第一言語ではなかったと思しき事も書いているので、日本生まれではないのだろう。師匠は渡辺利夫だそうで、筑波時代か。一貫して台湾経済をやっている様だが、台湾企業の成長ピークは90年代だろうか。李登輝時代に政府が中国進出にブレーキをかける為、ベトナムに工業団地を作ったことがあったが、かといってベトナムシフトが進んだという話も聞かない。もはや台湾企業人は中国の駒みたいになっているのだが、それにより、台湾企業の凋落が免れているところもあろう。しかし、長年、ノートパソコンで世界トップクラスの生産台数を誇っていたエイサーはこのアジア300指数から消えたらしい。「本土系」だったのことが原因ではなく、同じくトップであった東芝もノートパソコンのブランドとしては消えつつあるから、パソコン産業自体がもはや旧産業ということになったのだろう。ただ、エイサー出身者が創業したエイスースがスマホで健闘しているので、その遺伝子が受け継がれているか。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月20日Thu [05:45] アイスランド  

アイスランド紀行ふたたび

アイスランド紀行ふたたびアイスランド紀行ふたたび
小林 理子

彩流社 2018-08-24
売り上げランキング : 444068

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2001年に出して、それ以来の紀行ふたたびらしい。友人たちも自分も歳を重ね、アイスランドも色々あったということなのだが、今年のワールドカップで一気に世界クラスになったことには興味がない人には興味がないか。ハンドボールがサッカー並みに人気という話もあるのだが、日本代表の監督もアイスランド人だったんじゃないかな。物価がバカ高なのは周知の通りなのだが、北欧だから学費も無料ということはなくて、高校無償化抜きでも、高校では日本より学費は高いらしい。人口30万といっても、レイキャビクの一極集中の問題があって、都市化は進んでいるらしい。後は知られているのは温泉プールだけど、入る前に全裸になってシャワーで全身をよく洗うことという日本の温泉の様な決まりがあるらしい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月20日Thu [05:29] アフリカ  

阿弗利加から旅して来た日本の楽器たち

阿弗利加(あふりか)から旅して来た日本の楽器たち 音の図書館をめざして阿弗利加(あふりか)から旅して来た日本の楽器たち 音の図書館をめざして
及川尊雄

アルテスパブリッシング 2018-01-25
売り上げランキング : 943140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


となると、アフリカ由来の楽器の展示会場なのかと思いきや、著者というか、この私設博物館の館長が自分の蒐集した楽器はアフリカ由来のものだと思いこんでいるというだけの話だった。琵琶とか尺八とか三味線などはルーツは似た楽器がある西域という風に想像はできるのだが、世界中で似たような楽器があるとしたら、やはり人類のルーツはアフリカだから、アフリカが起源なのだろうと思うか。打楽器はその可能性は高いのだが、弦楽器などはアフリカにとっても舶来である様な気がするのだが.。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月20日Thu [05:21] 中国  

中国遊園地大図鑑 中部編

中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)
関上 武司

パブリブ 2017-02-10
売り上げランキング : 316020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


北、中、南は一応完結したのか。上海には本家のディスニーランドもあるし、杭州にはキティーランドもある。それでもパチもんの需要があるのは単に経済的格差が理由ではなく、安直性の為せる技か。中国人自身が珍スポを珍スポとして愉しめる時代が来れば、これらの遊園地も存在意義が出てくるというものだが、そこに至るまでの間に拒否感も非難も生じるだろうから、体力的に続かなくなってしまうだろう。ただ、この国の経済パイは異常にデカイから、日本の様に廃墟化して心霊スポットへと変わることもあまりなかろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月20日Thu [05:05] 米国  

教育依存社会アメリカ 

教育依存社会アメリカ――学校改革の大義と現実教育依存社会アメリカ――学校改革の大義と現実
デイヴィッド・ラバリー 倉石 一郎

岩波書店 2018-06-13
売り上げランキング : 195295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカ教育史ものなのだが、ちょっと分かりにくいな。翻訳の問題では無いのだろうが、観念的な話が多い。訳者が言うところの日本と同質の問題というのは進歩主義教育のことなのだろうか。岩波的意味の進歩主義とは別次元の話だと思うのだが、進化論を教える、教えないで今でも分断されている国における進歩主義的教育とは改革を意味し、思想的背景とは一線を画すということか。学区の件もアメリカ同様、日本でも解体が進んだのだが、格差の是正が悪平等を生じたという新自由主義の影響が教育にも及んできたと言えよう。アメリカが日本以上に学歴社会であるのは今や常識であるのだが、その競争原理にはコンセンサスがあるのだろう。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月19日Wed [05:32] 東アジア  

越境者の人類学

越境者の人類学: 家族誌・個人誌からのアプローチ (東北アジアの社会と環境)越境者の人類学: 家族誌・個人誌からのアプローチ (東北アジアの社会と環境)
瀬川 昌久

古今書院 2018-03-03
売り上げランキング : 994073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東北大東北アジア研究センターというのは別に語呂で名付けた訳ではないのだろうが、日本の東北はアジアの東北にもなるか。瀬川昌久は今このセンターの教授だそうで、シンポ本。瀬川の弟子筋か分からんが日本人二人のが面白かった。兼城糸絵は福建不法移民を論じているのだが、先行研究は数多いとも。過剰に日本に好意的で、中国に否定的といった証言には留保をつけるといったこともしているのだが、そういう人が多く見られたのだろう。著者が日本人で(女性である)という事も関係しているが、日本で摘発を恐れて隠れて生活し、搾取される人たちといった従来の(ポリコレ的)な外国人労働者観に一石を投じている。この証言が興味深いのだが、福建では海外に出稼ぎにいかなくては男ではないといった土地柄が結構あって、夜中に「父ちゃんは行ってくるよ」と言ってアメリカに行った父と再び会ったのは30年後とか、中々ドラマみたいな話である。日本の中小企業の現場で働く外国人が帰国後に親方や仲間との楽しかった思い出を語るのはイランでもバングラデッシュでも聞いたし、自分自身そういう現場で中国人と働いていたこともあるから、リアルに感じる。昨日の慰安婦本でもそうだが、こうしたミクロな個人誌から得られるヒントは統一された全体像を壊すものなので、運動圏には嫌われるのだが、人類学のアプローチとしてはこれが正解なのだと思う。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2018年09月19日Wed [05:07] ロシア  

女一匹冬のシベリア鉄道の旅

女一匹冬のシベリア鉄道の旅 (コミックエッセイの森)女一匹冬のシベリア鉄道の旅 (コミックエッセイの森)
織田博子

イースト・プレス 2017-07-15
売り上げランキング : 31131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何か前に読んだ気がしたのだが、第二弾の冬編らしい。ということは前作は冬ではなかったということか。自分をブタキャラに見立てるのは年齢が高めの人とみたが、ロシアだし、日本人は実年齢よりマイナス20くらいでもいける。中国が鉄道事情も切符販売事情も大幅に改善してきているのに対し、ロシアでは未だにソ連的なものがまかり通っている様だが、値段だけは先進国並み以上になってきたか。北京の僑園飯店でポーランド人がワルシャワまでの切符10ドルで売っていたのを覚えているのだが。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑